ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

あえて配信のビットレートを下げる理由
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あえて配信のビットレートを下げる理由

2018-02-13 19:26
  • 2
またまた、わんだ~でございますm(_ _)m

ちと小難しい(?)話になりますが、
配信できる解像度もビットレートも、
上限が上がったので、それに合わせて配信するのもいいなぁ思いました。

ただ、自分の配信画面って、こんななんですよ↓



たいがい、画像2枚とかで済んじゃうんですよね(;'∀')

雑談かギター弾いてるか、ステレオマイク放送とかだけですしw

そうなってくると、映像に多くのビットレートをさく必要がないんです。
むしろ、音声のビットレートを上げたい。
ニコ生だと最大で192kbpsまでですね。

なので、音声の192kbps + 映像308kbps = 計500kbps
昔のニコ生よりちょっと多め、ツイキャスとほぼ同じくらいのビットレートにして、
解像度はニコ生が決めている 800x450 にしています。

ゲーム配信だと画面の動きが激しくなってくるので、
映像にザラツキが出ないように、映像のビットレートを
上げる必要があるんですけどね。

なぜ、最大の2メガにしないのか。

単純に2メガでの配信を見られない方がいるからです。
自宅にネット回線がない方もいますし。

とか言いながら旧配信のときは「運営よぉ、ビットレートあげろよ~」
な~んて言ってましたがw

高画質配信は大手さんに任せておけばいいんですww
youtuberさんとかもですね♪
「この人の配信見られないなら、PC買い替えよう!!」
くらいに思わせてくれる配信者に任せようとw

ニコ生の720pも、今は100枠限定で、
春以降は増やしていくとのこと。
どんなもんかというと
解像度1280×720 ビットレートが最大6メガbps
地上波と呼ばれる、一般のテレビよりちょっと下くらいのもんです。

Youtube Liveはもうちょい上くらいですかね。

ヴァーチャルYoutuberとか出てきていい感じになってるみたいだし、
そういう人がガンガン引っ張ってってくれると、いいんじゃないかな♪


長くなっちゃいましたが、まだまだ高画質配信に対して
視聴者側も配信側も視聴・配信環境が整ってないってことです。

これまで高額だったPCも、型落ちとかで値段が下がってくるでしょうし、
のんびり構えてればいいかなぁと勝手に思ってます。


でわでわ。(何が言いたかったんだろうww

わんだ~のコミュニティはこちら
http://com.nicovideo.jp/community/co2863285
広告
×
>単純に2メガでの配信を見られない方がいるからです。

自分の回線が悪くない限り、あえて下げるメリットは無いと思いますよ
あとは、一日の使用量に制限があるなら、下げないと長時間配信の途中で切断されちゃいますので、そのへんは例外ですね・・・
設定で、192kbpsという超低ビットレートにされた再エンコの映像と音を視聴することが出来ます

自分もマンションなのでどうしてもゴールデンタイムと言われる時間帯では384kbpsとかに変えて見ていることもあります
その場合、2Mbpsではカクカクしていましたが、384kbpsにすると安定して見れていますので、最初に言った通り2Mbps 設定で配信したからと言って見れない人が増えるとは考えにくいです
43ヶ月前
×
コメントありがとうございますm(_ _)m
今、適当に放送見てみましたが、画質切り替えでラグも変わらずの再エンコードされるんですね(;´∀`)
これは使ってなかったので気付きませんでした…。
ちょっと訂正が必要ですねぇ…。
ありがとうございますm(_ _)m
43ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。