ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

あえて配信のビットレートを下げたほうがいい場合(回線速度が遅い方向け
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あえて配信のビットレートを下げたほうがいい場合(回線速度が遅い方向け

2018-03-13 20:16
    どもども、わんだ~ですm(_ _)m

    配信ソフト「OBS Studio」の配信方法の記事も気が向いたら
    書こうかなとは思っているのですが(;´Д`)
    (結構記事はあるのですが、情報が古くなってきているので…
    基本は一緒なんですけどね)

    さてさて、
    今回は「あえてビットレートを下げたほうがいい場合」です。

    そんな必要ないでしょ?

    と思われる方もいらっしゃるかとは思いますが、

    ノートパソコンなどからの配信で、Wi-Fi(無線接続)や
    もともと
    回線の速度が足りない場合です。

    アパート・マンションで暮らしている方は、
    1本の回線を部屋数分に分けて使用している場合が多いので、
    昼間は問題なくとも、夜は配信が途切れてしまうことがあります。

    ニコニコ生放送では、2メガ(2000Kbps)までの配信が可能ですが、
    あくまで「最大2Mbps」まで使って配信できますよということ。
    必ず2メガでの配信をしなければならないわけではありません。

    実際に回線の速度が足りないけれど、ニコ生で配信したいという方も
    いらしたので、配信ビットレートを下げるという手を使いました。

    今回はNLEを例に出しますが、OBSを使ってらっしゃる方も、
    映像・音声のビットレートをわざと下げて、ptpt(途切れ)を
    回避することができます。
    (2メガ(2000kbps)の設定にしておいても、ニコ生などのサーバーに
    きちんとデータが届かなければ、途切れたり配信自体できないので)

    下の画像は、NLEの配信が停止されている状態で「詳細設定」を選び、
    「音声」のビットレートを「カスタム」と選択すると出てきます。


    上の画像で赤丸されている部分をクリックすると、
    数字入力するとビットレートを2000以下の好きな数値に設定できます。


    上の図のようにプツプツしないレベルまで数値を入力してください。

    プツプツしなくなったら設定は終了です。

    他の記事も似通った部分があるので、
    参照していただければ幸いです。

    お疲れ様でしたm(_ _)m






    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。