【ミリオン6th】UNI-ON@IR!!!! Angel Station感想【仙台公演】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【ミリオン6th】UNI-ON@IR!!!! Angel Station感想【仙台公演】

2019-05-01 14:50

    本当に多彩な歌や企画やトークがありましたが、とりわけ私の記憶に残ったことをかいつまんで書いていきます。

    まずは何と言っても、開幕から全員がユニット別衣装で登場、そのままいきなり「Angelic Parade♪」とはね! 壮観と言う他ないスタートでした!

    まずはピコピコプラネッツの出番。特徴は「スマイル体操」の公式振りコピ。両隣や後ろの人との間合いを測りつつ、また生来の壊滅的な運動神経に苦労しつつ、なんとか着いて行こうとする私。これを何曲も通しで覚えて、歌も歌って、感情も込めるのだからやっぱり声優さんってすごい(マジメか)。加えて、ジャイアント茜ちゃん人形という嬉しいゲストも!

    次のユニットはCleasky。ダンスよりもお芝居をしながら「虹色letters」や「笑って!」を歌うという演出。「昏き星、遠い月」のミュージカルダンスを一歩進めたような印象でした。ピコピコ共々、ライブでの表現や演出をどんどん自由にしていくのが素晴らしいですね!

    続くのはりるきゃん。モデルのようにランウェイを歩き、芸人顔負けのガールズトークで笑いを取りみんなを笑顔にし、歌手として聴く者を惹き込む。そんな3人にミリオンライブの魂を感じた! 765プロの魂を感じたッ!!

    ところで、1日目では「Do-Dai」の中で「グロスを塗って アヒルの練習」と歌う可憐役・ゆんこんの口元を撮影しようとするもピントを合わせられずに失敗、という一幕がありました。しかしそれでよかったのだよ、もし成功していたら死人が出ていたからな(私とか)……などと思っていたら、2日目には見事に撮り抜いてくれちゃいましたね。会場の録音機がバッチリとらえた「おぉ……」というざわめき(断末魔)がその破壊力の証明。

    そしてトリを務めるのは、やはりと言うべきか4 Luxury4ユニットの中で唯一4曲を歌うVo特化編成。ただし「ID:[OL]」の半分は、ドラマ・セレブレーション! を演じていましたが(言葉が率直なレイカさん素敵!)。そして「花ざかりWeekend✿」の大サビを、それぞれの衣装に身を包んだ全員で歌い踊るのもまた壮観! もはやこのパートは、Vo力団が支配する無法地帯!

    さて、後半は両日とも、混成ユニットやソロで曲を披露するパート。

    ユニット曲で最も印象深かったのは、何と言っても「GF」ですな。3年前に今回と同じゼビオアリーナで開催された3rd仙台公演で披露した曲(担当はゆんこんと、育役・ぽぽちゃん)という縁もあって再演に期待していました。その一方で、「ハルマチ女子」や「彼氏になってよ。」にテーマが似ているため、かえって披露されないかな、とも思っていたのですが……混成という手があったか! 可憐・美也(蝶々さん)・このみ(たかみな)の3人は、オリメンのりつかれとも、りるきゃんともまた違う新鮮な印象を与えつつ、明るく可愛く、同時に切なく歌い上げてくれました。若林神の降臨がますます待ち遠しいですね!

    また、Day1はトリに、Day2は初っ端に置かれた「ジャングル☆パーティー」ですが、やらないはずがなかったよね! 麗花(ぴらみさん)・翼(machico)・エレナ(あっしゅ)、そして杏奈(ナンス)までもがパッション全開で歌い、Pたちもそれに応えた熱狂の一幕。やっぱり曲自体にパワーがありますね! いっそ13人で歌ってもよかったのでは!?

    最後に余談。Day2の「サンリズム・オーケストラ♪」の終盤、カメラに映ったすーじーが床の上の何かを目で追っているのに気付いて、まさかステージに虫でも出たのかな? と思いましたが、直後のMCでイヤモニが外れて落ちていたことが明らかに。まさに「(イヤモニが)ぶっ飛ぶぐらい もっと良くなって」しまったというオチで、そういうことなら問題無し!(?)

    そしてソロ曲ですが、まず語らずにいられないのは麗花の「FIND YOUR WIND!」ですね! 4thぶどーかんで披露された時も圧巻でしたが、2年を経てさらにさらにパワーアップしていました。一語一語の発声からして美しすぎて、語ろうにも筆舌に尽くしがたくて……理解を超えたものに出会った時には笑うしかないのだということを確認させてくれました。最高でした……!

    もちろん他のメンバーもほぼ全員が、かつて披露したものを超えるパフォーマンスを見せてくれました。唯一、前回を超えたと言いきれないのは歌織(こーりー)の「ハミングバード」ですが、これは仕方ない。紬(南ちゃん)と歌織を最大限に輝かせるため、綿密にプログラムが組まれていた5thとは比べるのが野暮というものです。それでも、ソロの持ち歌が1曲だけでは、やはりできることが制限されてしまうので、2周年を機に新曲の登場が待たれますね。
    (5月3日追記:この段落で書いたことを訂正・補足する記事を書きました:ar1759160)

    それはさておき、ソロ曲で他に特筆すべきと思うのは、茜(ちゃきちゃん)の「プリティ~~~ッ→ニャンニャンッ!」。周年ライブ初出演だった3rd以来の披露でしたが、当時はまだ緊張でカチカチの感があったのに対し、今回は猫耳という萌えアイテムまで装備しながら、かわいい茜ちゃんのかわいさを十二分に発揮してくれました。この成長ぶりが尊い! 清い! 守護らなきゃ! でも島流しだ!

    また、あっしゅとまちこは、Day2の後半ということもあり疲れの色はにじんでいたものの、エレナとして「ファンタジスタ・カーニバル」を、翼として「ロケットスター☆」を熱く歌いきりました! 右の花道の端から左の花道の端まで猛ダッシュするまちこに、尊いサービス精神と、Angel代表としての自負を感じたッ!

    最後にこの2日間を通しての感想を述べるなら……「とっても楽しかったです!!!」

    まちこやナンス、みんなが最後のあいさつで語っていたことを思い出すに、Angel Starsが僕らに投げてきたボールはやっぱりこれに尽きるでしょうね、なんて。

    乱文に目を通していただき、ありがとうございました。それではこれにて。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。