【最強チューハイ】ストロング系を飲み比べて未来が見えた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【最強チューハイ】ストロング系を飲み比べて未来が見えた

2014-03-14 21:11
  • 11

酒ブログ開始しました → http://sake.space/

はいみなさんこんにちは。

お酒、飲んでますか?

え?私ですか?飲みたいですよそりゃ!

ということで、三週間にわたり毎日ストロング系チューハイを飲んで感じたこと、今後は何を飲もうかということを考えてみました。

(1)ストロング系チューハイを一般チューハイの延長上に持ってこない

言葉の通りですが、ストロング系とはアルコール度数の強いチューハイのことです。「チューハイでは酔えない」「甘くて気持ち悪い」「女子供の飲み物」などと、さんざん言われてきたチューハイですが、ストロングをその認識で飲むと瞬殺を食らうこと間違いなしでしょう。どれだけ酒に強くても500ml缶を5分くらいで飲むと足腰立たなくなること間違いなしです。ストロング系のアルコール度数の多くは8%前後です。500ml缶8%のアルコール分は40mlですよね(たぶん)。同じ量のアルコールを25%の焼酎を5:5で割ったもので摂取しようとすると、320ml飲むのと同じ量になります。普段焼酎飲む方なら想像はつくと思いますが、320mlなんて・・・さっさと飲んだらすぐつぶれますよ!

(2)缶に入ってるからタチが悪い

いやじゃあ、何に入れて売るんだよって話なんですが、缶アルコール飲料でそんな強いものはないし、どうしてもビールくらいの勢いで注いだり飲んだりしてします。あとは説明不要ですね。3本も飲もうものなら・・・!

(3)フレーバー(味)は、強アルコール度数とのバーター

最初に飲んで誰もが口にする「アルコールくさい」
そりゃそうですよ、8%もはいってるんですよ?これでもクセのないリキュール使ってるんです。味よりアルコールですよ!すぐ酔えるんですよ!それで買ったんでしょ?というメーカーの声がきえてきそうです。

アルコール臭さがフレーバーを阻害しますので、アルコールくささに勝てるフレーバーしか出せません(出してもまずくて飲めません)その結果、強い味のシトラス系ばかりになってしまうのではないでしょうか。

ですので代表的なストロング飲料は、フレーバーとアルコール臭さの戦いです。この配分が他のアルコール系飲料よりもかなりシビアなのではないかなと感じます。

それじゃ各社のストロング飲料を著者が飲み比べた感想を書いてくよ!

サントリー ストロングゼロ -196 糖類ゼロ


いわずもがなのストロング王道。筆者の周りでストロングというと圧倒的にサントリーが多かった。全てアルコール度数は8%。レギュラーでは上記4種類がラインナップされているが、執筆時点期間限定で「ダブル桃」発売中。4月から「甘夏ダブル」が発売予定だ。

好みの問題ではあるが、筆者の好きな順はグレープフルーツ>シークヮーサー>レモン>梅である。店舗で売り場の制約がある場合はグレープフルーツ>レモン>梅の順番で販売される。特にヴィヴィッドな味であるシークヮーサーの出番は他商品比べ圧倒的に少ない。反面、シークヮーサーが一番好きという人も多いのがこのシリーズならではの特徴ではないだろうか。

梅は4つの中で最も甘い、というか相当甘い。売れ行きからはダントツグレープフルーツがうれているようである。

また、サントリーはチューハイブランドを統一せず、ほろよい、カロリ、ストロングゼロと明確なラインナップを持っていて、「サントリー」と先頭に付けなくても商品がわかるのは大変な強みではないかと思う。

キリン 氷結ストロング 糖類ゼロ

氷結ブランドで業界を牽引してきたキリンがストロングを出さないわけがない!いや、参戦しないなんていう選択はなかったのだと思う。こちらはレギュラーでグレープフルーツ、シチリア産レモン、ドライライムの3種類である。そして、3月から期間限定で「シークヮーサー」味が発売開始。あれ?シークヮーサーって・・・まぁいいか。気にしたら負け。そしてリニューアルを経てアルコール度数9%で発売中だ。

ところで、氷結ストロングを飲んだ人は「次の日に残る」「ストロングゼロよりアルコール臭さが」という人は筆者の周りでは多い。はたしてこれは1%の違いなのか、仕上げでうまくいってないのか、それは疑問であるが筆者もこれは1本飲めば十分かな・・・という気がしてしまう。レモンはまぁまぁなのだが残りの2本となると・・・うっ!アルコール!と来てしまうのだ。開発力ではカバーできない1%の壁があるとすれば、ストロング系というのは途方もない領域に足をつっこんでしまったのではないかと考えてしまう。

これは余談であるが「氷結」ではなく「キリン氷結」なのだ。キリンのブランディングは相変わらずすごいなと思う。

アサヒ ハイリキ ザ・スペシャル


アサヒのストロングはハイリキシリーズだ。正直ノーマルハイリキにはあまり触手が伸びず、いきなりストロング系のザ・スペシャルを飲むことになった。ていうかハイリキなんて売ってなかったよね?アサヒの特徴はストロング系でありながらフレーバーによってアルコール度数を変えていることだ。とはいえ7%と9%の2種類ではあるのだが。アサヒも他社に違わずシトラス系4種類で、オレンジ2種類というやや苦肉のラインナップなのかなと思うが飲んでみるとこの2種類は全くことなり、むしろグレープフルーツがおとなしめなのである。4番目の発売はブラジリアンオレンジ7%であるので、カシス9%が好評だったのか不評だったのかはさておき、何らかの理由で派生したことは容易に予想がつく。

このハイリキ、飲んでみての感想であるが、先述の2社と比べて、どちらかというとカクテルテイストを残しているのだ。筆者はあえて「フレーバー」という言葉を使ってきたのはこのせいで、もちろん果汁は少しであるが入っており、カクテル視線で見ればバランスのとれたストロング系であるとわかるのだが、悲しいかなカクテル目線なので、1本もあれば十分なのである。いや、普通の人は他のストロングでも1本で十分なんだが。

TOPVALU ストロングチューハイ


税制上の関係ではあるが、ビールに比べるとストロング系は安い。しかし自分でスピリッツを買ってきて同じアルコール度数のものを作ると思うと高い(味の調整などの技術料はさておき)ので自称イオニストである筆者はイオンの酒売り場で何かあるのではないかと思って知ったのはTOPVALUシリーズのストロングである。TOPVALUは善し悪しの差が激しいのはイオニスト達には周知の事実であるが、大手ブランドと比べ30円安い(店頭価格)ので物は試しと買って早速飲んでみた。何年かぶりに夜中に目が覚めて吐いた。それ以上はいうまい。

では何を飲めばいいのか?

さてどうだろう、ストロング飲料に興味をもっていただけただろうか。

ストロング初心者にはサントリーストロングゼロ、カクテルよりが好きな方はアサヒハイリキザ・スペシャル、さらに強いものに興味があれな是非キリン氷結ストロングも飲んでみて欲しい。

ストロング系の商品が出現し、売上を伸ばしている背景にはやはり時代の変化が関係しているのではないだろうか。手軽に飲めて手軽に酔えてそこそこうまい。いわゆる「家飲み」の定義そのものが変わってきているのだ。

金銭的余裕がないので、酒とつまみを持ち寄ってワイワイ飲んでいた家飲みの時代は終わり、単に帰宅後に飲む行為を家飲みというようになった。その為にはあらゆるアルコール強度の人にあわせた商品が必要になる。その多様なラインナップの一つがストロングと考えるとあらゆる場面で納得ができる。かつてのチューハイが市場熟成の活路を低アルコール路線に求めたように、アルコール強度や飲み方にまで議論が進展しているのだろう。

奇しくもサントリーが2011年に発表したレポートに以下のような記載がある。
(※今回記事のストロングもRTDの一つです)
アルコール度数の二極化
アルコール度数が高め(8%以上)のカテゴリーと、低め(3%以下)のカテゴリーがここ数年大きく伸長し、2010年の市場に占める割合は約35%と推定されます。RTD市場におけるアルコール度数の二極化は引き続き進行するものと見込まれます。

RTDに関する消費者飲用実態調査 サントリーRTDレポート2011 より引用(リンク)

今後の情勢をつまみにストロングを飲んでみるのはいかがだろうか?

酒ブログ開始しました → http://sake.space/

この記事には関連する新しい記事があります。
よろしければこちらもご覧ください。
【ストロングチューハイ】2014年に見るストロング動向

お酒は二十歳になってから!


広告
他1件のコメントを表示
×
オレマガ更新=おっかれちゃん!

長が文おっかれさまです!スラット見ました・・○
私」にわぁ~水割りでぇ~十分!。

ストロングー梅初めて体験しました。まるぅdぇ=ジュース!

でわぁ!次回のオレマガ楽しみにしてます・・○
73ヶ月前
×
>>1
酒ライターって仕事あるのかな?まぁ酒場ライターいるくらいだもんね。
また酒記事かいていきますね~
73ヶ月前
×
>>2
Rさんわ!xdぅあ!
いつも酒のんdxくありがとゥ!
次回もぉ=メッ!wしてあ~呑む!・・○
73ヶ月前
×
うむ、記事を読む限り私には、アサヒハイキリシリーズが向いてる気がする!
リキュールを購入する前に試したいと思う。
できれば筆者と「かんぱ~い」できるまでは自分におあずけしておこう。
73ヶ月前
×
>>5
コメントありがとうございます。
いやいやいや!いやいやいや!ストロングいきなり呑んだら吐くと思いますから、3%くらいからスタートしましょ!
でもね、普段呑まなければ、ノンアルコールカクテル飲料でもずいぶん呑んだ気分になるものですよ。お試しアレ!
73ヶ月前
×
買ってみます!!!
66ヶ月前
×
改めて見てみると各社の特徴捉えてるんだよねえ
最近はサークルKもプライベートブランドでストロング系出してたけど、個人的にはストゼロに近い味だったかなあ
本格的に飲み比べしたとしたら少し劣化したストゼロみたいな値段相応な味なんだろうけどねw
プライベートブランドの中であればトップクラスではあるかな?みたいな
そういえば、コンビニ売りのストゼロが度数9%になってたんだけど、私の近所だけ?
65ヶ月前
×
>>8

コメントありがとうございます!
ストゼログレフルとレモンリニューアルします!レモンは9%に!
序序にきりかわってきてるようですね!一応発売には12月頭です。
65ヶ月前
×
9%チューハイで飛んできました。
記事の書き方が軽くツボりましたwww

9%…こんなにあったんだ・・・。
私も以前、トップバ○ュの買ってのみましたが…

何も言うまい… 右に同じですwwww
64ヶ月前
×
>>10
NYANさんコメントありがとうございます!

この記事をかいたときよりはさらに種類でてきて、網羅できてません。また新しいの書こうと思います。
8%より9%に時代はシフトしつつありますね・・・
トップバリュ、何も言うまい、真顔になって化石になりましたwwwそしてマーライオンになりましたwww
64ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。