whoさん のコメント

userPhoto
who
>>1
コメントありがとうございました。
自分にとっては、佐藤心は理想の妹アイドル、です。
色んな層に幅広く、色んな理由で親近感をもたれて応援される、
そんな懐の広いアイドルだと思います。
No.2
16ヶ月前
このコメントは以下の記事についています
第九回 俺達の少女A 一視聴者、一Pとしての、感想を書きました。 生放送では初視聴で、また、 自分も音源を投稿させていただきまして、 とても楽しいイベントで、たくさんの発見や、 勉強になることがありましたので、ここに残しておきます。 動画自体への感想と、 知ったり感銘を受けたアイドルについての 情報の覚え書きなど、思いつくまま書きました。 どうぞご了承ください。 【第一部】 1:バムケロPさん/姫川友紀 20歳の二面性、 大人と子供の凸凹なバランス。 「動かない年齢と動き続ける成長」 自分の思う「少女A」そのままだった。 正統派プレゼンにちょっとのヘンタイ(褒め言葉)が混じって。 他のアイドルとのやりとりから、 担当アイドルの魅力につなげて 話題を広げるのは、その子をよく知ってる担当Pならでは。 勉強になります。 2:FANさん/島村卯月 冒頭からすごく聞き取りやすい。 聞いていて心地よく、すっと入ってくる。 「がんばります」 無知な自分でも知ってた卯月の代名詞。 でも、CGになってからの変化は知らなかったし、 想像もしてなかったから、はーっとなった。 「がんばりますに込められた、今日までのすべてと明日の夢」 淡々と静かに語っているのに、 確かに、熱が伝わってくる おしまいなんてない。 CGの、「その先」を想像させてくれる素晴らしいプレゼン。 3:すいそPさん/望月聖 浮世離れしたとこあるけど、実際どうなの?っていう部分への、 担当Pからの勢い熱い解答。 望月聖天使説という大仰な議題にかこつけて、 その実、担当アイドル自慢をだだもらすって流れがすき。 あらためて聞いてみたいと思わせられる。聖の歌。 俺は新人だから聖ちゃんについて知らないことだらけだけど、 6年かけて担当Pが天使と言うのなら きっと本当に天使なんだろう。 4:イツキさん/柳瀬美由紀 「食いしん坊アイドルに加えてみるのはいかがでしょうか」 この切り口がうまい。 いきなり「実は美由紀ちゃんは食いしん坊なんです」と言われたら、 「へー」だけど、「いかがでしょうか?」って言われると、 「え、なんで?」って。一段強く興味をひかれる。 そこから「経験を食べる」につなげるのもうまいし、 とにかく構成が上手。 3分間という時間を、 「まず美由紀ちゃんという子を知ってもらう、  そこから興味を持ってもらう」 ことに注いだプレゼンて感じ。 今後誰かに「柳瀬美由紀ちゃんて知ってる?」と聞かれたときは、 「ああ、あの食いしん坊の子ね」とドヤ顔します。 5:Danさん/東郷あい 顔がいい、とのっけからストレートな入り。 メイク、ヘアアクセから アイドルの内面を表現するのが、目からウロコというか、 自分にはない発想。勉強になる。 あと、一枚の画像をプレゼンにすごく効果的に 使ってるのが印象的だった。 「CGになったらどんなドレスを着るのか」と言うところから、 具体的に○○かな、○○かなと挙げてくれるから、 ついつられて想像してしまう。誘導が上手。 今後あいさんを見るときは、 メイクやアクセに注目する楽しみが増えました。 6:59さん/日野茜 初っぱなは笑ったけど、内容は大真面目で、 茜ちゃんのパッションが具現化したようなプレゼン。 日野茜のソロライブは、彼女のこと何にも知らない人でも、 全くお構いなしに熱く盛り上がれるステージなんだなということを、 容易に想像させる熱量が、すごい。 この熱量で後押しされても余裕で凌ぎきれる、 日野茜の熱血キャパをあらためて思い知らされる。 7:うどんPさん/佐城雪美 ぺろと名乗りながら、ねこ要素一切出さずに うまいことプレゼンするのずるいw ゆ ゆっくりしゃべる→心得ました き  きょうと→京都組のユニット2つもあったなんて、 知りませんでした。 でも、「夏美ちゃん」て、ぺろ、何歳なんだw み そんな綺麗な歌声なんだ、聞きたい! 実は、「歌声が綺麗」ってことすら知りませんでした。 ぺろさんが、「雪美ちゃんだけじゃなく、 他のアイドルの子のプロデュースよろしく」て言ったりとか、 画像の「貴方の大事なアイドル達を応援しよう」とか、 おっとりした視点のプレゼンでほんわかしました。 8:ユーリさん、しらせさん、 りんご(夏)さん、るんぱっぱさん /今井加奈 これはすごかったね。 変化球でありつつも、 加奈ちゃんの強みを真っ向から活かした超ストレート。 「声」を軸に、二次元と三次元の垣根がなくなる感じ。 加奈ちゃん、元々、声がないことをしょっちゅう忘れるくらい 自分の中では存在感のあるアイドルだったけど。 プレゼン内容的にも「主演までやり遂げてる」、とか 今まで組んだユニットの情報とかを会話から広げることで、 「地元の友達とのつながりを大事に、 自分らしさはそのままで、 すでにアイドルとして大成功してる今井加奈」を、 ありありと想像させてくれる。 楽しいし、何だか幸せな気持ちになれるプレゼンでした。 9:きなこさん/堀裕子 目的の為なら手段を選ばない。 本人は観測できないサイキック。 みんなを喜ばせる超能力。 すっごく綺麗にまとまってた。 普通は、観測できないんだから、 「自分には超能力がないんだ」ってあきらめるでしょう。 それをこの歳まであきらめずに、 突き進んでこられたことがすごい。 その純粋さと、心の強さと、あときっと、 周囲にも愛されてきたんだなって。 今と同じように。 なんてことを考えさせられました。 10:神崎さん/藤居朋 占いが代名詞のアイドル、 不確かな心の拠り所から、確かな拠り所へ。 担当アイドルのちょっと遠い「未来」を語る、 なかなかに挑戦的なプレゼンだと思った。 アイマス世界では、アイドルは歳をとらないし、 シンデレラには現状「エンディング」が存在していないから、 本来は引退後とか考えなくてもいいし、 人によってはむしろ、タブーな部分でもあると思うんだけど、 あえてそこに触れることで、 担当アイドルの存在感を広げるプロデュース。 担当には永遠にトップアイドルで居て欲しいのも、 アイドルを辞めても幸せになって欲しいのも、 どっちも、正しい、プロデュースだと思う。 11:ナ月さん/白菊ほたる トマトは、雨も土の栄養も少ないアンデス原産だから、 徹底的に水を減らし、枯れないぎりぎりでいじめることで、 より輝き、本来の味を発揮する。 根から満足に水を得られないと、果実の表面やへたに 細かな毛を生やして、空気中の水分を集め始める。 過酷な状況に合わせて、姿を変えるたくましい力がある。 そんなトマトにたとえられたほたるちゃん。 確かに、他にトマトな子はいないなぁ、 と思わせる圧倒的な説得力のあるプレゼンでした。 ダークサイドのほたるP、 彼女が不幸に苦しむ姿を楽しむというと聞こえが悪いですが。 それも、ほたるちゃんがどんな不幸も乗り越えて、 より輝けるという信頼あってのことなんだろうなぁ。 きっと。 12:ヨロイヅキさん/奥山沙織 なるほどー。 行動力、フットワークの軽さ。 確かにアクティブ。 コミュを思い出したら、本当、 確かにアクティブな子なんですよね。 営業のステータスをアンケートにたとえるのがうまいし、 赤いハイヒールひとつから、 アイドルの内面をこんなに広げられる話力に脱帽です。 奥山さんがまるで生きているみたいに思えました。 あとボイス実装済みうらやましい。 俺も茨城弁練習して小松伊吹になろう。 13:ミッシェさん/成宮由愛 彼女の基本情報と、 表現者という魅力の紹介と成長の流れと、 今後の考察。 アイドルの「成長」って、その子を見続けてるPでないと、 分かりづらいものだから。 由愛ちゃんのことをよく知らない自分にもすんなり入ってきて、 彼女に興味を持たされる、 担当アイドル(由愛ちゃん)の個性に寄り添った、 優しくてあたたかい、 素敵なプレゼンだと思いました。 14:斑野進さん/キャシー・グラハム 「演技」という一点に集中して成長を語ることで、 3分という時間でも深く踏み込むことができる。 見事なプロデュース。 本来は点在するだけの、各イベントを線でつないで、 担当アイドルの物語、歴史をつむぐ手法。 それをごく自然にさらっとやっているのが、 さすが常連の方というか、慣れてらっしゃるなぁという。 情報もだけど、構成もとてもよかった。 15:ネオメシさん/脇山珠美 面白かった。 ていうか、画像で最初からオチてるのがずるいw とりあえず、ちびっ子カワイイだけじゃないのは、 よく分かりました。 とりあえず画像で提示されてる通り、コミュ見ます。 16:自分/小松伊吹 ご試聴ありがとうございました。 コメントでご指摘いただいた通り、TRPGモチーフのプレゼン。 視聴者さんに、アイドル候補生の女の子になってもらったのは、 ファンでもPでもない視点から、身近に感じて貰って、 「その子のダンス、見てみたい」って思ってほしかったから。 その一点こそが、小松伊吹のアイドルとしての宝物だと信じてます。 17:しっくいさん/南条光 ネタの皮をかぶってるけど、 内容は真っ当なアイドル紹介っていう。 あと予告の言葉選びが秀逸。 メタ的には、こんなネタも受け入れられるくらいの度量が、 ウチのアイドルにはあるんですよというアピールでもある。 そして実際、南条光には、それがある。 【第二部】 18:裏声さん/岡崎泰葉 ニュース番組の体裁であの手この手であきさせず、 次から次へと自然に、情報を提示する。 こういう作りが映えるのって、 泰葉ちゃんに、子役時代からの芸能経験の長さがあるからって いうのも大いにあると思う。 隠しきれない担当アイドルへの想いが色んなところに 漏れ出してるのが、良いなぁ。 19:出島さん/安部菜々 雰囲気作りがうまい。 ヒッパレがなくてもすごい良い内容だけど、 ヒッパレのおかげで笑いや懐かしさや菜々さんとのシンクロなど、 色んな要素が渦を巻いて襲ってくる感じが最高。 安部菜々を応援する理由、 頑張ってる子、輝いてる子はたくさんいる、 なぜ、安部菜々でないといけないのか。 さすがの説得力でした。 20:AstonGTさん/高橋礼子 知らなかった情報ばかりで、聞き入っていた。 画像の礼子さん、綺麗。 少女らしさを見せる礼子さんが、 語りから思い浮かぶようだった。 語りからもれてくる熱さがすごい。 この熱さ、まっすぐさ、 見習わないとなー。 こないだ礼子さんSR来てくれてたんだよなー。 育てます。 コミュ楽しみ! 21:ガンプさん/諸星きらり きらりんのひみつ。 ウチのプロダクションのエースってのもあって、 これはものすごく興味深かったし、聞き入った。 きらりんは知る度に何度も何度も印象が変わって、 途中から入ったPにも、本当に魅力的な子。 でも、まだまだ奥深いところがあるんだなって。 このプレゼン聞けて本当によかったです。   22:おるおるP/宮本フレデリカ 俺もフレちゃんに褒めて欲しい… フレちゃんがパッションじゃなくてキュートなのは、 内面が「パッションじゃないから」なのかな。とか。 内面教えてくれないのは、 教えることで楽しくなくなるって思ってるから?とか。 だって教えたほうが楽しいなら、 内面教えてくれる気もするし。とか。 色々考えてしまうけど、決して掴めない。 だって、フレちゃんのそばでずっと見てる 担当Pでも掴めないんだから。 そして、それが彼女の大きな魅力なのかな。 なんとなーくだったフレちゃんへの見方を、 色々想像させて興味をもたせてくれる、名プレゼン。 23:ききょーさん/西島櫂 随一の候補カラー持ち。へぇぇ!って。 冒頭から興味をひいて、考えさせつつ、 情報を次々と提示していく流れ作りがうまい。 「真っ赤なステージ、もっと泳ぎたい」みたいな、 台詞の引用も素敵。 確かに、櫂には水のイメージも、赤いイメージもあるなぁ。 普段気に留めない視点が面白い。 自分の担当は何色だろ、って考えるきっかけにもなる。 24:ぶっこみさん/水木聖來 絵が素敵。 渋い声に合った台詞選び。 爽やかなBGM。 短い間に、水木聖來の物語を凝縮して見せてくる。 思わず彼女の物語に引き込まれていた。 カードで見る彼女とは別の聖來さんが、 活き活きと動いている様子が思い浮かんだ。 アイドルとの、良い距離感のプレゼンだった。 25:りっぷるさん/的場梨沙 ゲーム内と現世をごく自然にミックスしてる… パワーのある原作台詞を引用して、 自身の熱さを上乗せして語る。 すげえかっこいいロリコン。 はじめて知る情報もあったりで、 梨沙ちゃんの見方ちょっと変わったな-。 26:ていとさん/高垣楓 上品な始まり。 後追いPの自分は、楓さんのこれまでを知らなかったから、 何でラスボスで呼ばれてるかとか、 今の楓さんと、デレステコミュ1の楓さんとのギャップとか、 色々戸惑ってたところがあったけど、 このプレゼンで色々腑に落ちた感じ。 どこまで進化していくか、楽しみになりました。 27:ミノPさん/小早川紗枝 一服の清涼剤(逆に) 眠気も吹き飛ぶ面白さ。 「死にますねぇ!」 「とかぁ!」 「へっへっへっへっへっ」 「サエハーン」 怒濤の攻め。 これはやろうと思っても常人に作れるもんじゃないなぁ。 すごい。 あと紗枝ちゃんすごく身近に感じたし、 声もめっちゃ可愛かったです。 28:リグルさん/ナターリア すばらしい清涼感。 爽やかBGMにのせて、彼女の努力と、魅力と、苦労や失敗と、 そこからの成長を穏やかに、丁寧に語ってくださって、 すーっと入ってきました。 忘れがちだけど、そうだよな、一人で来日してきたんだよなぁ。 ウチの担当アイドルとはダンスでご一緒することがあったし、 今後もまたあると思うので、ナターリアちゃん、 今まで以上に注目していきたい。 29:Mitoさん/工藤忍 「工藤忍にしか作れないステージ」を、 忍本人の台詞を引用しつつ提示してくれているのがよかった。 夢を見る相手に、次元の壁はないから。 これからどんな夢を見せてくれるだろうって、 期待してしまいます。 忍ちんの今後の活躍、楽しみにしてます。 30:FlowPさん/佐藤心 佐藤心を知るには、 ただ、自分の手元にある1シーンを見るだけで、 それだけでいい、それだけで勇気をもらえる。 「それが自分のアイドルだ」、 と言い切れるのがものすごい。 それだけの魅力が、許容量が、佐藤心にあるっていう、 熱い信頼が感じられた。 31:ゆとりさん/高峯のあ プレゼン自体もどこかミステリアス。 愛という言葉が透き通って響くのは、高峯のあならでは。 色々身近な、親近感感じるエピソードも増えたけど、 このミステリアスさ、やっぱり絶大な魅力だなぁ。 そういえば、はじめてコミュ1見たとき、 なんて不思議な魅力を持った子なんだって思ったっけ。 SSR早く来て欲しいなぁ。 32:ぶれさん/佐久間まゆ まゆのアイドルとしての特徴、 これ聞きたかったところ! 初期は「ヤンデレアイドル」みたいなとこから始まってるけど、 それはファンに見せるアイドルの姿とはかけ離れてるし。 怒濤のボイス引用が面白い。 恋心を自由にアイドル力に昇華できる。 そして世界を変えるという目標。 そこまで大きなスケールを持っていたとは驚いた。 だからこそ、こんなに人気なんだ。 まゆの見方変わりました。 33:葵琴葉さん/神谷奈緒 衣装をキーにアイドルを語る切り口。 はじめてのアイドル衣装、そうだよなぁ。 特別だったよな。確かに。 奈緒の熱さとシンクロするみたいに、 後になるにつれ加速度的に熱を帯びるプレゼン。 心に響きました。 34:遠心力Pさん/上田鈴帆 面白すぎた。 ネタ作りから語りから画像から 全部がうますぎ。 深夜に俺、何回笑っただろう… 【第三部】 35:灰犬さん/南条光 すごろくの形で 歴史を順番に、淡々と紹介。 淡々としてるからこそ、集中して聞いてしまう。 そして、最後の怒濤の勢いが、 総選挙での躍進とシンクロして、盛り上がる。 アイデアも、紹介内容も素晴らしいプレゼン。 36:スイPさん/今井加奈 特訓前後同じ衣装のカードがあること初めて知った! 奇をてらっていないのに、 とても心に残るプレゼンでした。 加奈ちゃんをもっと知りたいと思いましたし、 今後の成長も見てみたいし、 SSRも欲しくなった。 37:shigPさん/鷹富士茄子 これはいいなぁ。 誰でも知ってる茄子さんの幸運を主役じゃなく、 彼女の内面を引き立てる脇役として、見事に使った。 あれだけ幸運持ちだったら、 自分の努力で出した結果も、もしかしたら運のせいだって、 卑屈になることだってあり得るのに、 あんなにまっすぐなの。 絶大な魅力だよなぁ。 38:みくもさん/椎名法子 ドーナツ?のプレゼン。 確かに、 歴史上誰も越えられなかったドーナツを、 プロデューサーとなら越えられる、と言うのは、 法子ちゃんからのこれ以上ない、最高の評価だわなぁ。 法子ちゃんの目指すトップアイドルの形が、感じられた気がする。 すごいスケールだ。 あなたもドーナツになる、というパワーワードが 最後にはごく自然に受け入れられてしまえるという すごいプレゼン。 あと法子ちゃんの声!かわいいなあ! 39:ジョルジュさん/本田未央 冒頭でネタかと思いきや、 プレッシャーが浴びせられるような重厚なプレゼン。 七ツ星のオリオン、かっこいい言い回し。 構成と研ぎ澄まされた言葉がかっこよく、 心が揺さぶられる3分間だった。 新たな星を見つけた未央がこれからどんな風に輝くか、 楽しみです。 40:Gセキセイさん/安部菜々 あの世界のファンが見てるアイドルを切り口に、 この世界のファンの心情を見事にリンクさせて、 両者の心を繋げる、すばらしいプレゼン。 こういう掘り下げができるPさんもすごいし、 それをさせるだけの世界を持つウサミンもすごい。 アイマス知らない人にも届く人気を持つ理由の一端が、 垣間見えた気がしました。 41:ヤシマさん/ライラ 自分だけが持っている視点を提示して、 既存のイラストやストーリーをうまく混ぜ込んで、 雰囲気に飲ませる説得力たっぷりの、 プレゼンであり、プロデュースでした。 自分の心にも、ライラさんの薔薇が咲きました。 たぶんこれから新しいカードが出るたび、 彼女の薔薇を気にします。 42:戯念さん/綾瀬穂乃香 最初のレアを見たとき、 怖い子かと思ってた。仏頂面に見えたし。 本当に笑顔が魅力のアイドルになったなぁ。 穂乃香ちゃんとPの願いを、 歌とリンクさせるの、さすが。 あの瞬間の吸引力は絶大だった。 去年、この企画に興味持ったのも、 綾瀬穂乃香が小松伊吹と並んでウチのエースなのも、 この方の「脚の話」の影響でした。 また次も、穂乃香ちゃんの世界を聞かせて下さい。 43:しゅんたPさん/工藤忍 担当アイドルと歩いてきた歴史だなぁ。 3年でそんなに変わったのなら、 まだまだ変わるんだろうなあって希望が溢れてくる。 この先、声がついて、ソロ曲もらえて、フリスクも… もっともっと先へ。 工藤忍の輝かしいこれからに、注目してます。 44:Keyさん/城ヶ崎美嘉 自分自身に憧れたい。 美嘉の台詞かっこいいなぁ。 「まずはシンデレラガールに」という一言を、 さらっと言えるのが格好いい。 それだけの十分な下地も、人気も、 カリスマアイドルとしてのパワーも、 美嘉には全部が含まれてるんだって言う、 担当Pとしての矜持が感じられた。 いや、熱い! 45:こすもんさん/松山久美子 見た目の美しさ、プライドの高さ、 丁寧に彼女の歴史を語ってからの、 「自分の大好きを取り戻した彼女は無敵です」 は熱かったなぁ。 ピアノ、確かに聞いてみたい! MVソロ曲来て、ピアノ引きながら歌ってほしい! ピアノのトワスカ最高だったけど、 これが久美子ちゃんソロ曲のピアノverだったなら、 もっともっと最高になりますね! 46:まどかさん/月宮雅 とても一生懸命なプレゼン。 みやびぃが好きだ、もっと見て欲しいっていう、 熱くて優しい気持ちがまっすぐ伝わってきました。 この人、みやびぃのママ… むしろ、みやびぃなんじゃないだろか。 見返すとき、画像と、「嬉しいよぉ!」だけでもう泣ける。 ちょっと泣いた。 個人的に、今回一番好きなプレゼンでした。 47:ひろせさん/北川真尋 効果音の使い方絶妙! もう、プロの番組そのもの。 トークもパワー溢れてるし、 3分がそれ以上に感じた。 特に、転校生属性は意外だったな。 次々流し込まれる情報に推されて、真尋ちゃんへの興味が膨らむ、 完成度の高いプレゼンでした。 48:マネキントさん/古澤頼子 うますぎる。 すごい完成度。 古澤頼子はアイマス。 表現したい!という気持ちの、 頼子ちゃんと現実のPたちのシンクロ。 親近感感じる、うまい結びつけ。 でも、そう思っても、こんなクオリティの動画はできないw 表現しすぎ! 49:やーまPさん/水本ゆかり 演技、BGMのタイミング、 台詞のチョイス、 全部がクオリティたかすぎて。 それ以上に担当アイドルへの気持ちが溢れてて。 時間めいっぱい使って、自分とアイドルとの 照れずに真っ向から世界を表現してて。 まるで3分間ドラマ。 すごく良かった。 前回もすごくよかったし、次回も楽しみにしてます。 50:猫草さん 相川千夏 BGMはおしゃれ、 語りは落ち着いた素朴な雰囲気。 大人な千夏さんだからこそ、その穏やかさが似合う。 語りから、ひとつひとつの情景が自然に思い浮かぶ。 「あのときのあなたは、一人の少女でした」 から、最後の、「俺達の少女 相川千夏A」の締めが、 あまりに綺麗すぎた。 相川千夏のプレゼンとしても、 俺達の少女Aのプレゼンとしても、 本当、完璧な締めだったと思います。 51:胃薬さん 杉坂海 歌、良すぎでした。 「サイリウムの波を君が乗りこなして」ってところで、 海さんのステージがぶわーって、目に浮かんだし。 めっちゃ素敵じゃないですか、海さん。 アイドルとしての魅力が、ストレートにズドンと来ました。 まどかさんのみやびぃと並んで、 今回一番好きなプレゼンでした。 当日は、本当に時間を忘れて、 ぶっ続けで楽しませていただきました。 感謝の意でいっぱいです。 何よりも、締め切りから本番までの短い期間に、 すべての音源を一人で何度も聞いて、 苦心しながら選考して、セトリを組んで、 こんなに素敵な時間を作り上げてくださった 主催のよしひこさん、ありがとうございました。 そして、プロデューサーとアイドルが投げ込んでくる 直球や変化球や魔球や、時に暴投?を、 真正面から受け止め、さらにふくらませて、 コメントという形で見事に熱く打ち返して下さった、 大作さん、あいうえおさん。 コメントで盛り上げて下さった視聴者のみなさん。 楽しい時間を、ありがとうございました。