第10回俺達の少女A 感想
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

第10回俺達の少女A 感想

2019-03-31 22:36
    第10回俺達の少女A
    今回は、一視聴者として楽しませていただいたので、
    簡単ではありますが、
    視聴しながら思いついたままの感想を書き残しておきます。




    01:ひよまるさん
    ライラさん

    すごい完成度の広報活動。
    アイドル紹介だけに留まらず、担当情報サイトへの誘導。
    3分で語れることは限られているから、
    ライラさんのことをよく知りたい、
    二次創作したいと思った人に的確に刺さるに違いない。

    トップバッターにふさわしい。

    自分が、少女Aに求めているもののひとつは、
    やっぱりこの、各アイドルの担当が語ってくれる、
    自分の知らないアイドルの一面を知れること。




    02:MIUさん、イツキさん
    柳瀬美由紀

    14歳のみゆきちゃん

    このギャップは知られていないと面白くないというのは、確かに!

    ただ14歳というのを知識として知っているだけなのと、
    14歳という年齢をふまえて彼女の言動や活動を特に意識するのとでは、
    全然違う。

    「えっ?! 柳瀬美由紀14歳?!」

    あらためてもっと14歳を推していくことの面白く感じました。




    03:宮島桂梧さん
    夢見りあむ

    早すぎたオアシス。

    ???!
    見事な一発撮り。

    「デレぽ裏垢禁止なの?!」がツボ。
    りあむちゃんの、炎上をもネタに喰らう懐の広さは、
    確実にユーザー層拡大に繋がってると常々思っております。

    とりあえずモバならブレイクしろや!




    04:へその人さん
    荒木比奈

    へそにまつわるドラマ。

    おへそって、普通なかなか見せるものじゃないから、
    「普通じゃない存在になった」って意味で、
    確かにキーポイントなんだな、と。

    おへそがチラリ へのドキドキを忘れないように
    生きていきたい。




    05:J.Pさん
    小関麗奈

    麗奈というアイドルを「悪」に見立て、
    仲間(正義)を引き立てて
    悪を主張することで正義を輝かせる存在とする。
    とても思い切ったプロデュース。
    麗奈担当Pならではの視点だと、衝撃的でした。

    「13人の女の子」が765プロの女の子を指すなら、
    自分とは、真逆の視点かもしれない。

    元々あの子達は、(設定上のたかねとひびきも含めれば)
    ソロでトップに立った経験がある
    (そういう物語を背負っている)子達で、
    麗奈ちゃんも、
    一人でもトップアイドルに立てる子だと思っていた。

    このプレゼンを聞いて、
    仲間達とともに輝くことで、
    小関麗奈はいつか、
    トップアイドル「以上」の存在になれるんじゃないかと思えました。




    06:柚架さん
    アナスタシア

    「アーニャはこういう子」だと思い込みがちだけど、
    ああ、自分はよく分かってないまま思い込んでたなぁと
    反省させられました。

    外見と中身の繊細な交わり方が魅力。

    自分はデレステからだったから、正直
    ここでのアーニャの話は新鮮だった。

    一人が似合うアイドル、だったのかぁ。
    自分には今まで、みんなと一緒に過ごすアーニャ、という
    イメージしかなかったなぁ…




    07:りっぷるさん
    成宮由愛

    講義形式。
    担当以外は表面的にぱっと見るだけで、
    あまりまじまじと深く見ることのない
    一枚のカードを、こうやって、
    アイドルの仕草や表情、
    背景まで、まじまじと見させ、
    考えさせる手腕。

    この形式はパクりたいくらい!
    考察最高です!




    08:へたをさん
    本田未央

    マシンガントークの接客カード紹介

    これは是非、
    未央ちゃんのカードイラストを照らし合わせながら
    一緒に見たい。

    カレーメシで笑った
    ラストのアニバーサリー予約が超秀逸。
    3分のクライマックスにこういうの持ってこられるセンス、
    見習いたい。




    09:ペッパーさん
    上条春菜

    春菜ファンが高じてメガネ屋さんになったのか、
    メガネ屋さんだから春菜ファンになったのか。

    画像の、メガネがついてるコラボメガネが素敵。
    こんなメガネ屋さんがあったら行ってみたい。
    目はいいけど、伊達眼鏡でもかけてみたくなっちゃった。




    10:すいそPさん
    白菊ほたる

    ド直球顔自慢からのスタート。
    好きな子の顔は他の誰よりも可愛いよねっていう話。


    集中して聞き入ってて、3分が一瞬に感じた。

    本当にほたるの握手会に行ってきたみたいな、というか、
    この音声の収録された世界では、
    本当にほたるちゃんが存在してる空気を、
    肌で感じられた気がした!





    11:トキワさん
    財前時子

    変化球気味にストライクゾーンに入ってくるプレゼン。
    時子様は子だくさんの子、覚えた。

    横から見るのも楽しいよっていうのは、
    自分には出てこないプレゼンの仕方なので、
    面白いなぁと思う。

    時子さんはデレマスの特異性を象徴するアイドルの一人だと思ってる。
    一般的なギャルゲーなら、とっくにPにデレて、
    豚とか言わないキャラになってそう。
    (年下アイドルに対しては、まーるいおねーさんだけど)

    (おみあし)




    12:斑野進さん
    浜川愛結奈

    「わざわざプロデュースする隙がないように見える」
    なるほど。

    我が侭、暴れ馬ジャジャ馬感、手綱など、
    馬に関するキーワードを
    巧い具合にちりばめつつ、
    彼女自身を馬にもたとえるのも面白い。

    興味を持ちました。
    フリトレで見かけたらお迎えします。




    13:ひろせさん
    浅野風香

    これすき
    風香ちゃんの物語を描いた絵本。
    ページを送る音、メルヘンな雰囲気。
    絵はなくても、絵本。
    しみじみと聞き入る。
    良かった。





    14:しぐぴーさん
    喜多見柚

    「アイドルとしての喜多見柚」を、
    担当Pが語ってくれるのは毎回勉強になるし、嬉しい。
    (この子はこういう子って言う風にすり込まれてしまう)

    「スニーカーを履いたプリンセス」というのも
    素晴らしいキャッチフレーズ。

    「愛嬌」という言葉が誰よりもぴたりハマるアイドル





    15:星野流人さん
    向井拓海

    「大好きだ」という熱い気持ちを真っ直ぐに語る3分。
    かっこいいし、心に響く。
    BGM一切なし!
    こんな熱いPさんがついていること自体が、
    拓海の魅力のひとつでもあるよね、と。
    やー、熱かった!




    16:みくもさん、星澤さん
    桃井あずき

    なるほどー!
    確かに語られていたように、あずきちゃん、
    体は小さくて、まだ年も15なのに、
    大胆すぎるくらい色気を前面に出してくるの、
    そういう姿勢になったのはどうしてだろうって、
    最初の頃いつも思ってたっけ。

    ヒントをもらえた気がする。





    17:ききょうさん
    松原早耶

    早耶ちゃんのブログ情報、こんなに詳しく、嬉しいなぁ。
    特に知りたかったところ。

    「いつも誰かを応援するアイドル」
    最高だよね、ほんと真っ直ぐな、「アイドル」!
    自分も早耶ちゃんのこの真っ直ぐさが、
    もっともっと知られてほしいと思います。

    お見事。
    ブログ本、買いたい!





    18:じゃじーずさん
    三船美優

    りあむ自重しろ!笑

    この勢いが素晴らしい。言いたいことを詰め込み、
    自分自身は清濁併せのむ覚悟をのぞかせつつ、
    美優さんに対しては、

    「彼女には流されない素材としての強度があると信じてる」

    という信頼ある素晴らしいお言葉。
    これもひとつののろけかな。





    19:テノールさん
    池袋晶葉

    冒頭から面白すぎる。
    ヘッドホン推奨。
    全編ずっと笑ってたけど、

    「晶葉のお父さんがロボットの権威っぽい」

    は、はじめて知ったなぁ。
    彼女の言う天才について改めて考えててみたくなるプレゼン。
    とにかくインパクトがすさまじい。
    元ネタ知らないケド。





    20:Mitoさん
    工藤忍

    画像可愛い!
    表情ほんとに豊かなのがよく伝わる。

    「表情」をテーマにした真っ直ぐなプレゼン。
    ストレートに、染みるなぁ。
    色んな表情の忍ちゃん、これから工藤忍を見るとき、
    あらためて注目してみます。





    21:大家さん
    並木芽衣子

    今回、自分がいちばん好きな一本でした!
    旅アイドルとは、
    旅をするアイドルというだけではなく、
    旅をさせるアイドルでもあったとは。

    素晴らしい!!





    22:ヨロイヅキさん
    奥山沙織

    ホットな話題。
    ちょうど、シンデレラロードで
    沙織ちゃんに興味を持った人も多かったタイミングだと思う。
    有り難いことに声付きで「かっこいい奥山沙織」を感じられた。
    あらためて、沙織編コミュ見返そう。





    23:羊狩りさん
    結城晴

    最高の3分。
    出だしのインパクトで終わらず、加速して振り切るくらい、
    超凝縮した最高にかっこいいアイドル紹介。
    必聴。





    24:やーまPさん
    水本ゆかり

    確かに、アイドルとしてトップを目指すなら、
    月より太陽、そう思いがちだった……。

    ファンの期待が太陽。
    その光を受けて、太陽よりさらに輝く月。
    …素晴らしい解釈。
    すごいなぁ。
    やーまPさんも、こんなプロデュースをさせる、水本ゆかりも。




    25:戯念さん
    白雪千夜

    戯念さんらしいプレゼン。
    さすがの出来。

    千夜に対する思いは自分もほぼ一緒だったかも。
    知った上で好き嫌いがあるのは仕方ない。
    でも、知った人の多くはきっと、
    ほっとけない気持ちになる、
    そんなアイドルだと思ってます。

    もしかしたら千夜ちゃんは、数年後、
    「失うことを恐れなくなったとき」、
    今とは全く別路線のアイドルに、開花するかもしれない。





    前回に引き続き、今回もみなさんの少女A、
    楽しませていただきました。

    担当への熱い思いを語る人たちの言葉は、
    自分も頑張りたい!自分ももっと担当アイドルの魅力を語りたい!
    そう思わせるパワーに満ちてますね!

    そして、大作さん、あいうえおさんのコメントがまた、
    みなさんのプレゼンを、さらにふくらませ、楽しませてくれる。

    運営のよしひこさん、
    素敵な時間と、刺激を、今回もありがとうございました。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。