綾瀬穂乃香の○○○、見えますか?
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

綾瀬穂乃香の○○○、見えますか?

2019-05-29 23:00



    自らの強い意志と、恵まれた肉体、才能。
    家が建つほどのお金、家族の協力。

    その上で、
    ベテラントレーナーやマスタークラス、
    時に、それ以上の教師による高度なレッスンを、

    365日1日たりとも休まずに、
    10年以上、受け続ける。

    数万時間にも及ぶ、
    気の遠くなるような努力、修練の積み重ねの結果、
    圧倒的な肉体表現力を身につける。




    シンデレラガールズには、
    デビュー時点ですでに、そんな境地に立っている
    アイドルがいます。

    綾瀬穂乃香さん。

    彼女を、バレエを挫折して
    アイドルに転向した子と思ってませんか?
    それは、全くの誤解です。

    レッスンのつらさに、悔しくて涙したことはあっても、
    彼女のバレエについて、
    誰かから低評価されたとか、
    コンクールで幾度も落ちただとか、
    そういう話は一切ありません。

    彼女が繰り返し口にするのはただ、

    「バレエを楽しめなくなった」
    「自分の表現力に限界を感じた」
    「自分自身に満足したい」……

    すべて「自分」が起点。
    それは、表現者、
    アーティストとしての、孤独な苦悩に他なりません。

    もしかすると、バレエ関係者には、
    先生さえ、理解できなかったのかもしれません。

    バレリーナとして順風満帆で、
    将来的には世界でプリマとして活躍することを、
    多くの人に期待されていた、
    あの、綾瀬穂乃香さんが、なぜアイドルに?と。




    彼女はアイドルになる時、言いました。
    最近は、トウシューズをはくのもつらい、と。

    トウシューズは、飛ぶことのできない人間が、
    舞い上がるための「羽根」です。
    鳥の様な浮遊感や妖精の如き優雅さを、
    「肉体と技術で」表現するための「羽根」。

    でも、彼女の心の「翼」は、
    そこに収まりきらないほどに。
    トウシューズの中で、
    もっと高く、遠くへ羽ばたきたがっていた。

    トウシューズでしか出来ない表現がある。
    だけど、翼を持つ白鳥が、地上を駆けることができないように、
    トウシューズでは出来ない自由な表現こそを、
    きっと、彼女の心が。
    体が、求めていた。


    だから。

    アイドルになった綾瀬穂乃香のサインに描かれる靴は、
    ひとつはつま先が平らなトウシューズですが、
    もう一方は、先が丸いバレエシューズ。

    バレリーナの象徴とも言えるトウシューズだけでなく、
    初心者からプロまで誰もが履く、
    裸足のように床を感じながら、
    裸足よりも自由に踊れる、バレエシューズも、
    アイドルとしての自分のサインの中に、彼女は選んでいます。

    何十、何百と履きつぶされながらも、
    バレリーナ綾瀬穂乃香の足下をいつも支え続けた、
    大切なふたつの靴を胸に、
    アイドルとなった彼女は今も、踊り続けているのです。



    「ピュアハート 綾瀬穂乃香」

    はじめてのSRにして、
    この時すでに、彼女は語っています。

    「見て下さい、自然と体が動き出すんです!
     まるで心と体が1つになったみたいに…!
     こんなこと初めてです…。
     …これが本当のアイドルなんですか…?」

    (そんなわけねえよ)


    それは、

    10年以上をかけて磨きあげた最高の肉体と技術……
    「魂」を通して、
    ステージいっぱいにあふれた、純粋な「心」の表現。

    綾瀬穂乃香のピュアハート。

    最初のSRで、すでに、ダンスアイドルとして、
    ひとつの完成形を。
    それに、限りなく近いものを魅せてしまったのです。

    だから、綾瀬穂乃香は、このSR以降、
    ステージで、バレエをメインにすることは長い間ありませんでした。

    巫女、モデル、ランウェイ、女優、夏祭り、パン作り、
    グルメレポート、ハロウィンの仮装。
    友情。ユニットでの活動。

    バレエ以外を知らなかった彼女は、
    様々な経験を経て、
    心を、表現を磨き続け、
    そして、遂に。

    「耀きのピルエット」へと続くのですが、

    それはまた、別の、お話。



    さあ、意識を集中してみてください。
    もう、あなたにも見えるでしょう。

    綾瀬穂乃香がアイドルのステージで、
    バレエを踊るとき、
    彼女の身を包む、耀く、オーラを……!




    綾瀬穂乃香は、努力の天才である。





    (第11回俺達の少女A応募原稿に加筆修正の上、新録)








    ダンスアイドルとして、担当の、最高のライバルの誕生日を祝って。
    穂乃香ちゃん、ハッピーバースデー。
    いつもありがとう。


    2019/05/29















    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。