麻雀のスタイル(ネタ編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀のスタイル(ネタ編)

2016-01-20 18:14

     みなさんこんにちは、世界平和です。今回は麻雀の打ち方のタイプ分けをしたいと思います。タイプ分けはナンセンスとか言っておきながらこういうの僕は好きです。たぶんみなさんもお好き。人間はタイプ分けするの大好きですからね
     ではさっそく書いていきましょー


    ①攻撃型
     勝つためならリスクを負うのも厭わないタイプ。勝負どころと見るやいなや多少の危険牌でも押しちゃう。満貫あればもう全ツ確定、仕掛けが入ろうとリーチが入ろうと関係ない。オリという言葉を知らない人もいる

    ②守備型
     あまりリスクを負った判断をしないタイプ。リーチが入ろうものならきっぱりオリる。満貫でもオリる。下手したら跳満でもオリる。筋も壁も信じてないため、現物が手の中にないと発狂しそうになる

    ③鳴き型
     とにかく鳴く。なんでも鳴く。タンヤオと役牌が大好きでこれらができない手だと激萎えする。でも流石に裸単騎はしない。場が高確率で荒れるのでよく嫌われる

    ④運だけ型
     運だけで全て乗り越える。牌理も押し引きも水準以下か全くできないが、あまりの豪運のために勝ってしまう。後ろから見てるとあまりにめちゃくちゃな打ち方をしてるため、名人様や自称プロによく怒られる

    ⑤感覚型
     牌理も押し引きも全て自分の感覚しだいというタイプ。そのためはたから見てると意味不明なタイミングで全ツしたりオリたりする。よくわからない打牌基準を持ってたりもする。流れというものを信じてたりする。通称オカルト打ちの使い手

    ⑥理論型
     こつこつと勉強していてそれを基にした打牌選択を行う。もしくは勉強なんてしてないけど、長年の経験から導かれた理論に基づいて打牌をする人。自分の打牌に絶対の自信を持ってる人も多く、自称プロになりやすい

    ⑦天才型
     理論型と感覚型と運だけ型のハイブリット。つまり強運であり感覚が優れていながら自分なりの理論も持っているという、麻雀をするために生まれてきたと言っても過言ではない存在。多分こういう人がプロになったりテレビに出たり天鳳位になったりする


     まあ他にも色々分けられるとは思いますが、大雑把に分けたらこんな感じになるのではないでしょうか。あなたは一体どのタイプでしょう
     なおこの記事はネタですので、そこんとこ理解とご協力お願いします。ネタですからね! 大事なことなので(ry
     ここまで読んでくださったかたありがとうございました

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。