個人的創作活動のありかた
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

個人的創作活動のありかた

2015-12-30 19:37
  • 2
ここのブロマガの規約を読んで躊躇する条文があったので控えていたのですが、内容によってはまぁいいかと思ったので開設してみました。
この場でははじめまして、負傷兵シモンです。

コミケが昨日から(でしたよね?)でもあり創作系に関するツイートなんかもよく見られるので、そのことについてぽつりと。

小説・脚本・イラスト・曲など手広く創作してきました。
そのほとんどは、「自分が好きだから、やりたいように」を軸に手がけています。
チヤホヤされたいために万人ウケを狙ったものもあったかもしれませんが、記憶を辿ってもこれだというのが見つからなかったため、ほぼなかったということでしょうか。

好きだからのめりこむ。誰のためではなく自分が表現したいからする。
勢いと一過性のものもありますが、継続していると誰かの目に留まり気に入ってもらえることがあります。
ボクの場合もそうでした。結果としてごく狭い界隈では名前だけが一人歩きした経験もないわけではないし、逆にそれに驚いたことはあります。

また、後日気に入らないからを消してしまうと、復活して欲しいなというありがたい声をいただいたこともありました。

自分が好きではないものを作ったとして、それを他の人が好きになることってどれだけあるのでしょうか。
いわゆる信者を獲得するためにそこまで好きではないものを作り上げている人もいるかもしれないですし、そしてその結果としてチヤホヤされるという目的を達しているなら、それはマーケティング技術に長けているので否定するつもりはありません。

しかし、ボクはマーケティング技術に長けているわけでもなくチヤホヤされるのを目的にはしていないので、好きなものをしか作らない。
それでも、結果としてボクの作品を好いてくれる方がいらっしゃって、すごくありがたいことだと思っています。

批判する人も、なんらかの形で作品に触れた結果です。
(もっとも、触れずに乗っかるだけの人も居るのは事実でしょうが)
それも含めて、腐らずに好きなことを好きなように好きなだけやり遂げるほうが、自分自身でも納得できるのではないでしょうか。
否定的な発言にしても、それが作品に対してなのか制作者に対してなのかという部分もあります。特に後者については、お互い人間ですから合う合わないは絶対ありますし、どちらにせよ気にしすぎるのではなくアドバイスとして受け入れられる部分だけ拾って後は無視すれば済む話です。

偉そうなことを言えるほどの実績はないですが、創作活動をされている方もこれくらいの気持ちでいた方が作ることを楽しめるのではないでしょうか。
趣味なのに楽しいと思えないことをしては本末転倒ですから。

少なくともボクはこれからも、好きなもの(作りたいと思ったもの)しか作らないし、それに対して大勢が否定的だったとしても、一人でも気に入ってくださる方が居れば満足です。
もっと言えば、気分屋なので作ろうという気にならない限りは作らないでしょう。


このブロマガも気が向いたときにしか書くつもりはない。

  • 前の記事
    これより過去の記事はありません。
広告
×
批判したい
荒らしたいだけの批判中なんて
ここにはごろごろいるよ
読んだ上での意見なら受け入れるけど
上の二つは論外だわ
58ヶ月前
×
>>ケンプさん
批判厨みたいなのはスルーでええんちゃうかな
58ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。