ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 【XCOM2:WotC】シャドーチャンバーで敵の構成を見破ろう【2021最新版】

    2020-11-22 20:45
    ■ 当記事の概要
     シャドーチャンバーを使えば、あるいは使わなくても、ミッションに出現する敵の数や種類をかなりの程度予測することができます。
     出現する敵の構成を予測できれば、そもそもそのミッションに出撃するか否か、出撃するとしてどのような兵士や装備を選択するか、出撃後もアビリティやアイテムをどのタイミングで使用するかといった様々な局面で戦略を立てやすくなります。
     とりわけ、選ばれし者や支配種が出現するか否かの判別に役立つので、ぜひ活用してみてください。

    ■ 目次
     第1 諸前提
      1.ハードウェア/DLC/MOD/難易度
      2.参考文献・ソース
      3.関連記事・動画
     第2 原則
      1.出現する敵の数(Alert Level)
      2.出現する敵の種類(Force Level)
      3.シャドーチャンバーの特性
     第3 例外
      1.ミッション類型による例外
      2.現場状況報告による例外
      3.陰謀による例外


    第1 諸前提
    1.ハードウェア/DLC/MOD/難易度
     PC版のiniファイルやプレイ経験を基に解説していますが、MOD無しの環境を想定しているので、他のハード(PS4版など)でも通用する内容だと思います。
     発売されているDLCは全て導入しているものとします。ただし、PC版でのみ導入可能な「タクティカルレガシーパック」については、導入していなくても構いません
     キャンペーン難易度については、なるべく難易度を問わず使えるように解説していますが、もしかしたら一部、難易度レジェンドでしか使えない内容が含まれているかもしれません。

    2.参考文献・ソース
    (1)PC版のiniファイル
     筆者自身も完全に解読できているわけではありませんが、プレイ中の経験と照らし合わせて、ほぼ間違いないと思われる内容を抜粋して記事にしています。
     iniファイルの場所は次のとおりです。
      Program Files (x86) >> Steam >> steamapps >> common >> XCOM 2
      >> XCom2-WarOfTheChosen >> XComGame >> Config

    (2)Redditの記事 "[War of the Chosen]A look at the ini files"
    (ttps://www.reddit.com/r/Xcom/comments/6v9me2/war_of_the_chosena_look_at_the_ini_files/)
     iniファイルを解読する際に参考にさせていただきました。

    (3)日本の「XCOM 2 Wiki」の「ミッション」のページ
    (ttps://wikiwiki.jp/xcom2/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3)
     無印版発売から当記事が公開されるまでの数年間、敵の構成について日本語で書かれたほぼ唯一の記事でした。多くの日本人コマンダーが参考にしてきたものと思われます。私もその一人です。
     しかし、このWikiの内容からはどうにも説明がつかない現象がしばしば生じていました。最も典型的な例が、難易度レジェンドのゲーム後半にしばしば登場する、敵数16体のVIPミッションです。Alert Level が最大でも、3+4+4+2+2=15体にしかならないはずなのに、なぜ16体も出てくるのか……。
     当記事は、このような疑問をも解決する内容となっています。


    (4)Redditの記事 "Shadow Chamber info says more than most people think"
    (ttps://www.reddit.com/r/Xcom/comments/4bukqo/shadow_chamber_info_says_more_than_most_people/)
     上記(3)と同じく、無印版の時代に書かれた海外の記事です。上記(3)で書かれている基本的な内容に加えて、特定の類型の評議会ミッションでは敵の構成が特殊になる、といった内容にまで踏み込んでいます。
     このRedditの記事をもってしても、上記疑問を解決するには至りませんでしたが、当記事を執筆する上でのヒントになりました。

    3.関連記事・動画
    (1)【XCOM2:WotC】レジェマン勝率100%に限りなく近づくための序盤攻略法
     以前に公開した記事です。
    (2)【XCOM2:WotC】最新レジェマン縛りプレイ【VOICEROID実況】
     当記事の内容を駆使して挑戦している動画です。Wikiの内容を鵜呑みにしていた頃は苦戦していましたが、当記事の内容を把握してからは安定性が大幅に向上しました。


    第2 原則
    1.出現する敵の数(Alert Level)
    (1)Alert Level 対応表

     原則として、ミッションに出現する(ロストとタレットを除く初期配置の)の数と、出撃画面に表示される「難易度」(当記事では、キャンペーン難易度と区別して「ミッション難易度」と呼ぶことにする)と、ゲーム画面には登場しない "Alert Level" (以下 "AL" と略記することがある)という値が、次のように対応しています。

    (キャンペーン難易度レジェンドの場合)
     ミッション難易度    Alert Level   敵の数
        なし         1     2+=4
        なし         2     2+2+=6
       イージー        3     2+3+=8
       ノーマル        4     3+3+=9
       ハード         5     3+3+=11
      ベリーハード       6     2+3+=13
    ベリーハード+武力誇示    7     3+4+=15

    (2)キャンペーン難易度による違い
     コマンダーやベテランの場合は、イージーがAL2、ノーマルがAL3というように、レジェンドの場合よりも1段階易しくなります。ルーキーの場合は、イージーがAL1、ノーマルがAL2というように、レジェンドの場合よりも2段階易しくなります。

    (3)陰謀「武力誇示」
     陰謀「武力誇示」の発動中は、普段よりもALが1上昇します。たとえば、レジェンドで武力誇示が発動している時のハードのミッションは、AL5ではなくAL6になります。AL7になるのは、レジェンドで武力誇示が発動している時のベリーハードのミッションだけです。

    (4)分隊の人数・順番
     敵の数を小さい数の和で表しているのは、各分隊の人数を意味しています。赤い太字ボス分隊青い太字Force Level -2 の分隊を表しています。
     また、シャドーチャンバー上では、各分隊は上記の順番どおりに表示されます


    2.出現する敵の種類(Force Level)
    (1)Force Level 進行表

     原則として、(ロストを除く初期配置の)敵が出現し始める時期と、キャンペーン内の日付(2035年の何月何日以降であるか)と、ゲーム画面には登場しない "Force Level"(以下 "FL" と略記することがある)という値が、次のように対応しています。横線で消されているのは、その時期からは出現しなくなることを表しています。

    (キャンペーン難易度レジェンドの場合)
     日付   Force Level    リーダー    フォロワー     その他
    03月01日    01     トルーパー     トルーパー
                   オフィサー
                  ※セクトイド
    03月16日    02                        タレット
    03月31日    03    プリースト   ※スタンランサー
                  ※フェイスレス  ※フェイスレス
    04月15日    04     ヴァイパー   ピュリファイヤー
    04月30日    05      MEC       MEC
    05月15日    06     ミュートン
    05月30日    07     トルーパー    トルーパー
                  Aトルーパー    Aトルーパー
                 バーサーカー    セクトイド
                 コーデックス    
    06月14日    08     オフィサー              タレット
                   プリースト             Hタレット
                   Aオフィサー   ヴァイパー    
                  ※Aプリースト  シールドベアラー       
                  ※スペクター
    06月29日    09     セクトイド   ピュリファイヤー
                          Aピュリファイヤー
    07月14日    10             スタンランサー
                            Hランサー
                            ミュートン
    07月29日    11     ヴァイパー
                    MEC
                   アーコン
    08月13日    12     ヘビーMEC   ※ヘビーMEC
                  ※クリサリド   ※クリサリド
    08月28日    13     ミュートン     MEC
                  Aトルーパー    Aトルーパー
                           ※コーデックス
                            Eトルーパー
    09月12日    14    Aオフィサー   シールドベアラー  Hタレット
                 ※Aプリースト  Eシールドベアラー   Sタレット
                  Eオフィサー    ※スペクター
                 ※Eプリースト
                 アンドロメドン
    09月27日    15    ※スペクター  Aピュリファイヤー
                 ※Eスペクター  Eピュリファイヤー
    10月12日    16   ※セクトポッド    Hランサー
                            Eランサー
    10月27日    17              アーコン
                          ※バーサーカー
    11月11日    18   ※ゲートキーパー
    11月26日    19
    12月11日    20

    (2)キャンペーン難易度による違い
     レジェンドでは15日ごとにFLが1上昇するのに対し、コマンダー以下のキャンペーン難易度では10.5日ごとにFLが1上昇します。

    (3)リーダーとフォロワー
     (ア)リーダーとフォロワーの関係
     ほとんどの分隊は、1体のリーダーと数体のフォロワーから構成されます。アドヴェント兵はアドヴェント兵/エイリアンのいずれのフォロワーにもなれますが、エイリアンはエイリアンのフォロワーにしかなれません
     また、経験上、リーダーがエイリアンであり、フォロワーが2体以上いて、フォロワーにエイリアン(aとする)が含まれている分隊では、残りのフォロワーは全てaと同種のエイリアンになるようです。例を挙げて説明すると、次のようになります。
     ◇成立可能な分隊の例
      ・アーコン、トルーパー、トルーパー
      ・アーコン、トルーパー、MEC
      ・アーコン、セクトイド、セクトイド
     ◇成立不可能な分隊の例
      ・アーコン、セクトイド、トルーパー
      ・アーコン、セクトイド、ヴァイパー

     (イ)所属可能人数の上限
     次に掲げる敵は、フォロワーとしては、原則として1分隊に1体までしか所属できません。
      Eランサー
      MECヘビーMEC
      シールドベアラーEシールドベアラー
      ピュリファイヤーAピュリファイヤーEピュリファイヤー
      スペクター(?)Eスペクター(?)
     iniファイル上は、スペクターも1分隊に1体までしか所属できないように見えますが、実際には1分隊に複数のスペクターが含まれていることがよくあります。

    (4)ボス分隊

     上記1のAL対応表に記したように、原則として1つの分隊がボス分隊となります。
     FL16以降はセクトポッド、FL18以降はセクトポッド又はゲートキーパーが、ボス分隊のリーダーになります。逆に、セクトポッドやゲートキーパーは、原則としてボス分隊以外のリーダーにはなりません

    (5)支配種と選ばれし者
     (ア)共通する事柄
     支配種(の分隊)選ばれし者が出現する場合は、原則としてボス分隊に置き換わって出現します。したがって、原則としては、シャドーチャンバーにセクトポッドかゲートキーパーが表示されていれば、選ばれし者も支配種も出現しないことが分かります
     また、XCOM2開発者の一人であるJake Solomon氏によると支配種と選ばれし者が同時に出現することはないとのことです。経験上もありません。
     "So, Rulers and Chosen Can't Show Up Together Jake?"
    ttps://www.reddit.com/r/Xcom/comments/7h32y9/so_rulers_and_chosen_cant_show_up_together_jake/

     (イ)支配種について
     各支配種の出現時期は次の通りです。
      ヴァイパーキング   FL
      バーサーカークイーン FL
      アーコンキング    FL12~ 

     各支配種のフォロワーになれる種族は次の通りです。通常の分隊のフォロワーとしては出現できない時期であっても、支配種のフォロワーとしては出現することができます。
      ヴァイパーキング   ヴァイパー
      バーサーカークイーン ミュートン(バーサーカーではない)
      アーコンキング    アーコン

     各支配種の出現確率は、原則として次のようになっています。
      その支配種が最後に出現したミッションが…  今回の出現確率
       前回    出撃したミッションである     0%
       前々回   出撃したミッションである     50%
       前々々回  出撃したミッションである     75%
       前々々々回 出撃したミッションである     100%

     例外的に支配種が出現しない場合としては、次のようなものがあります。このような条件が発生すると、以降のミッションでの支配種の出現確率が原則通りにならないことがあります。
     ・そのミッションに選ばれし者が出現する
     ・ヘイブン襲撃
     ・現場状況報告「少数精鋭」(少なくともiniファイル上はそのように設定されています)

     (ウ)選ばれし者について
     各選ばれし者は、それぞれの支配地域(その選ばれし者によるアヴェンジャー襲撃を含む)でのみ出現し得ます。各選ばれし者のその支配地域での出現確率は、原則として次の通り。
      その選ばれし者(甲とする)が最後に出現したミッションが…  今回の出現確率
       甲の支配地域で 前回    出撃したミッションである     0%
       甲の支配地域で 前々回   出撃したミッションである     0%
       甲の支配地域で 前々々回  出撃したミッションである     50%
       甲の支配地域で 前々々々回 出撃したミッションである     100%

     選ばれし者の出現確率が原則通りにならない場合としては、次のようなものがあります。
      ◇選ばれし者が絶対に出現する場合(その選ばれし者の拠点襲撃を完遂していない場合に限る)
       ・極秘施設
       ・加工場
       ・コーデックスの脳の座標
       ・要塞(最終ミッション)
      ◇選ばれし者が絶対に出現しない場合
       ・そのミッションに支配種が出現する
       ・無印版のアヴェンジャー襲撃
       ・現場状況報告「少数精鋭」(少なくともiniファイル上はそのように設定されています)
      ◇その他
       ・陰謀「ワイルドハント」発動中
       ・野良施設のある地域でのミッション

    (6)タレット
     タレットが出現する場合は、AL対応表に記した敵の数とは別個に出現します。シャドーチャンバーにも表示されませんし、表示される敵の総数にも含まれていません。
     1ミッションに最大2個出現します。それぞれ別個に出現しているので、片方がアクティベートしたからといって、同時にもう片方もアクティベートするわけではありません。

    (7)増援の場合
     原則としてアドヴェント兵のみで構成され、FL±2以内の敵が降って来ます。

    (8)その他の注意点(※印が付いているもの)
     (ア)セクトイド
     現場状況報告「サイキックストーム」の場合に出現時期が変わります。

     (イ)プリースト/Aプリースト/Eプリースト
     報復ミッションや、現場状況報告「サイキックストーム」の場合に出現時期・態様が変わります。

     (ウ)スタンランサー
     報復ミッションの場合に出現時期・態様が変わります。

     (エ)フェイスレス/バーサーカー/クリサリド
     通常のミッションには出現せず、報復ミッションなど一部のミッションでのみ出現します。

     (オ)MEC/ヘビーMEC
     大隊長の分隊や、報復ミッションに出現する一部の分隊では、初期MECのフォロワー期間がFL17の終わりまで延長されます
     また、現場状況報告「自動防御」の場合にも出現時期・態様が変わります。

     (カ)コーデックス
     オフィサーにスカルジャックをするまでの間は出現しません
     現場状況報告「サイキックストーム」の場合には出現時期が変わります。

     (キ)スペクター/Eスペクター
     報復ミッションや現場状況報告「自動防御」の場合に出現時期・態様が変わります。

     (ク)セクトポッド
     現場状況報告「自動防御」の場合に出現時期が変わります。

     (ケ)ゲートキーパー
     現場状況報告「サイキックストーム」の場合に出現時期が変わります。


    3.シャドーチャンバーの特性

    (1)敵が表示される順番
     まず、AL対応表の順番に従って1分隊ずつ表示されます。
     次に、分隊内部では、リーダー→フォロワーの順に表示されます。

    (2)表示されない敵・カウントされない敵
      敵の類型         表示されるか   敵の総数にカウントされるか  
     既に表示された敵      表示されない        カウントされる
     擬態したフェイスレス    表示されない        カウントされない
      タレット         表示されない        カウントされない
      選ばれし者        表示されない        カウントされる
      支配種          表示されない        カウントされる
     支配種のお供(フォロワー) 表示される         カウントされる

    (3)シャドーチャンバー解読のコツ
     (ア)各分隊の人数の特定
     まず、ミッションの種類・難易度、敵の総数、それまでの選ばれし者や支配種の出現状況などから、たとえば「3+4+3+2」というように、各分隊の人数を特定します。複数の候補が考えられる場合は、ひとまず保留しておきましょう。

     (イ)各分隊の構成の特定
     次に、シャドーチャンバーに表示された敵の順番から、各分隊の構成を特定します。
     上記2(3)に記した、リーダーとフォロワーの関係に注意しましょう。
     リーダーにしかなれない敵(アンドロメドンなど)や、フォロワーにしかなれない敵(ピュリファイヤーなど)に着目すれば、分隊と分隊との境目を発見しやすくなります。とくに、セクトポッドゲートキーパーは、原則としてボス分隊のリーダーにしかなれません。


    第3 例外

    1.ミッションの種類による例外
    (1)大隊長を無力化する
      AL1 : 2++ G =5           ※「G」は大隊長の意。
      AL2 : 2+2++ G =7
      AL3 : 2+2++(G+1)=8
      AL4 : 2+2++(G+1)=9
      AL5 : 2+3++(G+1)=10
      AL6 : 2+3++(G+2)+=13
      AL7 : 2+3++(G+2)+=15

     AL5の敵の総数が11ではなく10になっている点が特徴的です。
     これを知らないと、レジェンドのハードの大隊長ミッションで、シャドーチャンバーに10と表示された場合に、10=11-3+2だから支配種+お供1匹が出るに違いない、と勘違いしてしまいます。正しくは、選ばれし者も支配種も出ないか、支配種+お供2匹が出るかの二択です。シャドーチャンバーに表示された敵の種類・順序によっては、二択のうちいずれであるかを特定できる場合もあります。

    (2)エイリアンの施設を破壊する ※極秘施設や加工場ではなく、野良施設のこと
      AL1-3: 2+=8
      AL4 : 3+=9
      AL5 : 3+=11
      AL6 : 2+=13
      AL7 : 3+=15
     
     黒い太字追加のボス分隊を表しています。敵の総数や各分隊の人数は原則どおりですが、ボス分隊が2つになり、通常のボス分隊の生成順が1つ繰り上がっている点が特徴的です。選ばれし者や支配種が出現する場合は、追加のボス分隊ではなく通常のボス分隊に置き換わって出現します。
     これを知らないと、レジェンドのベリーハードの施設破壊ミッションで、シャドーチャンバーに11と表示された場合に、11=13-4+2だから支配種+お供1匹が出るに違いない、と勘違いしてしまいます。正しくは、選ばれし者が出るか、支配種単体が出るかの二択です。シャドーチャンバーの表示からは、二択のうちいずれであるかは特定できません。

    (3)ターゲットを無力化 ※「車両に乗るターゲット」ではない
      AL1 : 2+(+選)
      AL2 : 2++2=6
      AL3 : 2++3=8
      AL4 : 3++3=9
      AL5 : 3++3+=12
      AL6 : 2++3+=13
      AL7 : 3++4+=15

     ※「(+選)」は、選ばれし者が出現するのであれば、ボス分隊に置き換わるのではなく別個に出現するということを表しています。

     最も重要な特徴は、AL5の敵の総数が11ではなく12になっている点です。
     これを知らないと、レジェンドのハードの「ターゲットを無力化」ミッションで、シャドーチャンバーに12と表示された場合に、12=11-3+4だから支配種+お供3匹が出るに違いない、と勘違いしてしまいます。正しくは、選ばれし者も支配種も出ないか、支配種+お供3匹が出るかの二択です。シャドーチャンバーに表示された敵の種類・順序によっては、二択のうちいずれであるかを特定できる場合もあります。
     また、AL2以上では、原則の場合とは第2分隊と第3分隊が入れ替わっており、入れ替わった後の第2分隊がボス分隊であるという点も特徴的です。

    (4)アドヴェントの牢獄からVIPを救出する ※「車両から」「都市から」ではない
      上記(3)に同じ。

    (5)アドヴェントの都市からVIPを救出する ※「車両から」「牢獄から」ではない
      AL1 : 2+(+選)
      AL2 : 2++2=6
      AL3 : 2++3=8
      AL4 : 3++3=9
      AL5 : 3++3+=11
      AL6 : 2++3+3+=16
      AL7 : 3++4+=15

     最も重要な特徴は、AL6の敵の総数が13ではなく16になっている点です。AL7は原則どおり15体であり、それよりも多くなってしまっているので、設定ミス(3人分隊を1行余計に書いてしまった)と考えるのが自然でしょう
     これを知らないと、レジェンドのベリーハードの「都市から救出する」ミッションで、シャドーチャンバーに13と表示された場合に、選ばれし者も支配種も出ないか、支配種+お供3体が出るかの二択であると勘違いしてしまいます。正しくは、選ばれし者が出るか、支配種単体が出るかの二択です。シャドーチャンバーの表示からは、二択のうちいずれであるかは特定できません。
     また、AL2以上では、原則の場合とは第2分隊と第3分隊が入れ替わっており、入れ替わった後の第2分隊がボス分隊であるという点が特徴的です。

    (6)廃都の生存者を集める ※VIP+護衛2人のミッション
      AL1 : 2+(+選)
      AL2 : 2++2=6
      AL3 : 2++3=8
      AL4 : 3++3=9
      AL5 : 3++3+=11
      AL6 : 2++3+=13
      AL7 : 3++4+=15

     AL2以上では、原則の場合とは第2分隊と第3分隊が入れ替わっており、入れ替わった後の第2分隊がボス分隊であるという点が特徴的です。
     また、現場状況報告「ロスト」により、普段よりもALが1低下することになっています。実際には、低下することもあれば低下しないこともあります

    (7)レジスタンスの隊員を救出する ※数ターン連続で増援が降って来るミッション
      AL1 : (+選)
      AL2 : 2+(+選)
      AL3 : 2+(+選)
      AL4 : 3+(+選)
      AL5 : 3+(+選)
      AL6 : 3+(+選)
      AL7 : 3+(+選)

     初期配置の敵が少なくなっている点と、AL2以上でも選ばれし者がボス分隊に置き換わるのではなく別個に出現する点が特徴的です。

     また、VIPに接触したターンの敵ターンの冒頭から6ターン連続で増援が降ってきます。通常の増援と異なり、FL-4の分隊となっています。その内訳は次の通りです。
     1ターン目:(いずれも通常のFL-4の分隊。エイリアンも可
     2ターン目:(このターン以降、全員FL-4の "NoHardCCUnits_Followers" から抽選)
     3ターン目:
     4ターン目:
     5ターン目:
     6ターン目:

     "NoHardCCUnits_Followers" の内訳は次の通りです。アンドロメドンを除く敵の出現時期は、原則として、通常ミッションでフォロワーとして出現する時期と同じです。
      トルーパーAトルーパーEトルーパー
      MECFL17まで出現時期が延長)、ヘビーMEC
      シールドベアラーEシールドベアラー
      ピュリファイヤーAピュリファイヤーEピュリファイヤー
      ミュートン
      コーデックス(オフィサーへのスカルジャックが済んでいる場合のみ)
      アーコン
      アンドロメドン(通常ミッションでリーダーとして出現する時期と同じ)

     1ターン目の増援は、FL-4であるという点を除けば「通常の」分隊です。「通常の増援の」分隊ではないので、アドヴェント兵だけでなくエイリアンも降ってくることがあります。
     2ターン目以降の増援は、リーダーも含めて全員FL-4の "NoHardCCUnits_Followers" から選ばれます。
     実際に以下の動画でもそのようになっています。
      ・元のFLが3の場合(私の動画です)
      ・元のFLが9の場合(他の方の動画です)

     5ターン目以降は1か所に4体ずつ降ってくるので処理が大変になりそうです。
     しかし、4ターン目の増援が降ってきた直後に5ターン目の増援位置が予告され、さらにその直後に撤収地点が生成されるので、撤収地点が生成されてから5ターン目の増援に攻撃されるまでの間に2ターンの猶予があります(ヘビーMEC等がその場で監視した場合を除く)。
     その間に撤収することができれば、大量の増援と戦わずに済みます。

    (8)秘密工作-離脱
      AL1-7: =3  ※各分隊はFL-6の上記 "NoHardCCUnits_Followers"

     ボス分隊は存在せず、選ばれし者や支配種の分隊も出現しません
     FLは、秘密工作に送り出した時点ではなく、離脱ミッションが発生した時点を基準として計算されます。
     アドヴェントの増援が1回だけ降ってきます。2ターン目の最初に増援の位置が予告され、そのターンの敵ターンの冒頭に降ってきます
     増援の内訳は、オフィサー系トルーパー系トルーパー系の3体です。初期配置の敵や通常の増援と異なり、FLは±0のようです。

    (9)アドヴェントの報復を阻止する ※レジスタンス兵と共闘しない方の報復
     (ア)FL1-6 の場合
       AL1 : 2+ F +(「2」or「2+選」or「支」)
       AL2 : 2+2+(2 or 選 or 支) F =6
       AL3 : 2+3+(3 or 選 or 支)+ F + F =8
       AL4 : 3+3+(3 or 選 or 支)+ F + F =9
       AL5 : 3+3+(3 or 選 or 支)+ F + F +=11
       AL6 : 2+3+(4 or 選 or 支)++ F + F =13
       AL7 : 3+4+(4 or 選 or 支)++ F + F =15

     ※「『2』or『2+選』or『支』」は、「2体からなる分隊」又は「2体からなる分隊と、選ばれし者」又は「支配種の分隊」のいずれかが出現するということを表しています。
     ※「n or 選 or 支」は、「n体からなる分隊」又は「選ばれし者」又は「支配種の分隊」のいずれかが出現するということを表しています。
     ※「F」は、民間人に擬態したフェイスレスの意。「F」以外の分隊にフェイスレスが入ることはありません。また、シャドーチャンバー上では、民間人に擬態したフェイスレスは表示されませんし、敵の総数にも含まれません。

     通常のボス分隊は存在しません

     (イ)FL7-11 の場合
       AL1 : (2 or「2+選」or 支)+ F +(B+1)
       AL2 : (B+1)+(2 or 選 or 支)+(B+1)+ F =6    
       AL3 : (B+1)+(3 or 選 or 支)+(B+2)+ F + F=8
       AL4 : (B+2)+(3 or 選 or 支)+(B+2)+ F + F=9
       AL5 : (B+2)+(3 or 選 or 支)+(B+2)++ F + F =11
       AL6 : (B+1)+(3 or 選 or 支)+(B+3)++ F + F =13
       AL7 : (B+2)+(4 or 選 or 支)+(B+3)++ F + F =15

     ※「B」はバーサーカーの意。FL7以降の報復ミッションでは、「B」が含まれている分隊以外の分隊にも、バーサーカーが入ることはあり得ます。

     通常のボス分隊は存在しません
     AL2以上で選ばれし者支配種の分隊が出現する場合は、第3分隊ではなく第2分隊に置き換わります。とくに、AL6では4人分隊ではなく3人分隊に置き換わるので、要注意です。

     (ウ)FL12-16の場合
       AL1 : 虫+虫+ F +(2 or「2+選」or 支)
       AL2 : (虫+虫)+虫+虫++ F =6    
       AL3 : (虫+虫)+虫+虫+虫++ F + F=8
       AL4 : (虫+虫+虫)+虫+虫+虫++ F + F=9
       AL5 : (虫+虫+虫)+虫+虫+虫++ F + F =11
       AL6 : (虫+虫)+虫+虫+虫++ F + F =13
       AL7 : (虫+虫)+虫+虫+虫+虫++ F + F =15

     ※「虫」はクリサリドの意。FL12以降の報復ミッションでは、「虫」が含まれている分隊以外の分隊にも、クリサリドが入ることはあり得ます。クリサリドのフォロワーになれるのはクリサリドだけなので、その場合はその分隊全員がクリサリドになります。

     一部の分隊がクリサリドの分隊に変化したり、個別のクリサリドに分かれたりしていますが、敵の総数に変化はありません。
     また、通常のボス分隊が存在し、AL6では原則どおり4人分隊がボス分隊になっています。

     (エ)FL17-20の場合
       2つのパターンがあり得ます。
       ① 上記(ウ)と同じパターン
       ② 上記(ア)に似たパターン
        AL1 : 2+ F +(or「2+選」or 支)
        AL2 : 2+2+ F =6
        AL3 : 2+3++ F + F =8
        AL4 : 3+3++ F + F =9
        AL5 : 3+3++ F + F +=11
        AL6 : 2+3++ F + F =13
        AL7 : 3+4++ F + F =15

     ※「『』or『+選』or『支』」は、「2体からなるボス分隊」又は「2体からなるボス分隊と、選ばれし者」又は「支配種の分隊」のいずれかが出現することを表しています。

     上記(ア)と異なり、通常のボス分隊が存在します
     また、FL17以降なので、バーサーカーやクリサリドは出現し得るようになっています。

    (10)ヘイブン襲撃 ※レジスタンス兵と共闘する方の報復
      AL1 : 1+1+(+選)+ F
      AL2 : 2+1+(+選)+ F
      AL3 : 2+2++( or『2+選』)+ F
      AL4 : 2+2++( or『2+選』)+ F
      AL5 : 2+2++( or『2+選』)+ F
      AL6 : 2+3++( or『2+選』)+ F
      AL7 : 3+3++( or『2+選』)+ F

     ※「n or『2+選』」は、「n体からなる分隊」又は「2体からなる分隊と、選ばれし者」が出現するということを表しています。
     ※ 下線を引いた数字は、クリサリドが含まれない分隊を表しています。
     
     選ばれし者が出現する場合でも、敵の総数がほとんど減っていません
     また、通常のボス分隊が存在せず支配種が出現することもありません。そのため、FL16以降でも、セクトポッドもゲートキーパーも選ばれし者も支配種も出てこない場合があります
     どのALでも、最初の2分隊は手前のレジスタンス付近、残りの分隊とフェイスレスは奥のレジスタンス付近に配置されています。手前の2分隊を全て倒すと、手前のレジスタンスを救出したことになり、手前のレジスタンス兵は奥のレジスタンスの援護に向かってくれます。逆に言えば、これらを全て倒さないと、手前のレジスタンスを救出した扱いにならないので、手前の分隊に所属する敵が逃走して奥の分隊に合流すると、その敵を倒すまで、手前のレジスタンス兵は奥のレジスタンスの援護に向かってくれません

    (11)極秘施設
      AL1-3: 2+(選 or 2 or 支)+3+(M+T)+3
      AL4 : 2+(選 or 3 or 支)+3+(M+T+T)+3
      AL5 : 2+(選 or 3 or 支)+3+(M+T+T)+3+
      AL6-7: 2+(選 or 3 or 支)+3+(M+M+T+T)+3+

     ※「M」は初期MEC、「T」は初期トルーパーの意。
     ※「選 or n or 支」は、「選ばれし者」又は「n体からなる分隊」又は「支配種の分隊」のいずれかが出現するということを表しています。

     通常のボス分隊は存在しませんが、極秘施設のある地域を支配している選ばれし者がまだ生きている場合は、経験上、その選ばれし者が必ず出現するようです。その場合は、支配種が出現することはありません。
     その選ばれし者が既に死亡している場合は、支配種の分隊が出現することがあります。

    (12)加工場
     (ア)ルーキーで武力誇示なしの場合
        2+ P ++3+(選 or 3 or 支)+2
       又は
        2+(選 or 3 or 支)++ P +3+2

     ※「P」は "Prototype Sectopod" の意。

     (イ)ルーキーで誇示あり or ベテランで誇示なし or コマンダーで誇示なしの場合 
        2+ S ++3+(選 or 3 or 支)+3
       又は
        2+(選 or 3 or 支)++ S +3+3

     ※「S」はセクトポッドの意。

     (ウ)ベテランで誇示あり or コマンダーで誇示あり or レジェンドで誇示なしの場合
        2+ S ++3+(選 or 3 or 支)+3+
       又は
        2+(選 or 3 or 支)++ S +3+3+

     (エ)レジェンドで武力誇示ありの場合
        2+ S ++(S+M+M)+3+(選 or 4 or 支)+

     (ア)~(エ)いずれの場合でも、通常のボス分隊は存在しませんが、加工場のある地域を支配している選ばれし者がまだ生きている場合は、経験上、その選ばれし者が必ず出現するようです。その場合は、支配種が出現することはありません。
     その選ばれし者が既に死亡している場合は、支配種の分隊が出現することがあります。

    (13)コーデックスの脳の座標
     AL1-3: 2+(選or3or支)+虫+虫+虫+虫+(虫+虫+虫)
     AL4 : 3+(選or3or支)+虫+虫+虫+虫+虫+虫+(虫+虫+虫)
     AL5 : 3+(選or3or支)+虫+虫+虫+虫+虫+虫+(X+X)+(X+X)+(虫+虫+虫)
     AL6-7: 3+(選or3or支)+虫+虫+虫+虫+虫+(K+X+X)+虫+(X+X)+(X+X)+(虫+虫+虫)

     ※「X」はコーデックス、「K」はゲートキーパーの意。

     通常のボス分隊は存在しませんが、脳の座標のある地域を支配している選ばれし者がまだ生きている場合は、経験上、その選ばれし者が必ず出現するようです。その場合は、支配種が出現することはありません。
     その選ばれし者が既に死亡している場合は、支配種の分隊が出現することがあります。
      
    (14)ネットワーク・タワー
      AL1-3: [2]+(3 or 支)
      AL4 : 2+(2 or 支)+2+2
      AL5 : 2+(3 or 支)+2+(A+H+H)
      AL6-7: 3+(3 or 支)+(A+H+H)+(K+A+A)

     ※「[]」はアドヴェント兵のみで構成された分隊を表しています。
     ※「A」はアーコン、「H」はヘビーMECの意。
     ※「n or 支」は、「n体からなる分隊」又は「支配種の分隊」が出現するということを表しています。

     通常のボス分隊は存在しません
     iniファイルを読む限り、選ばれし者が出現することはないようです。
     もっとも、支配種の分隊が出現することはあります。例:sm34809195

    (15)要塞の前半
     (ア)先にセクトポッドと戦うパターン
       第1分隊:"MidbossAdds_Type_I"(次のいずれか)
        ・アーコン、ミュートン ×2
        ・アンドロメドン、コーデックス ×2
        ・バーサーカー ×2
        ・ミュートン ×4
       第2分隊:次のいずれか
        ・セクトポッド、Eシールドベアラー ×2
        ・セクトポッド、ヘビーMEC ×2、ミュートン ×2
       第3分隊:"MidbossAdds_Type_II"(次のいずれか)
        ・アーコン ×2
        ・Hランサー ×2、Eランサー ×2
        ・ヴァイパー ×4
        ・セクトイド ×4
       第4分隊:"Midswarm"(次のいずれか)
        ・アンドロメドン ×2、ミュートン ×4
        ・アーコン ×2、コーデックス ×4
        ・ヘビーMEC ×2、初期MEC ×4
        ・バーサーカー ×3、フェイスレス ×3
       第5分隊:上記 "MidbossAdds_Type_I" から抽選
       第6分隊:次のいずれか
        ・ゲートキーパー ×2、コーデックス ×2
        ・ゲートキーパー、アーコン ×2、ヴァイパー ×2
       第7分隊:上記 "MidbossAdds_Type_II" から抽選

     (イ)先にゲートキーパーと戦うパターン
       第1分隊:上記 "MidbossAdds_Type_I" から抽選
       第2分隊:次のいずれか
        ・ゲートキーパー、アンドロメドン ×2
        ・ゲートキーパー、クリサリド ×6
       第3分隊:上記 "MidbossAdds_Type_II" から抽選
       第4分隊:上記 "Midswarm" から抽選
       第5分隊:上記 "MidbossAdds_Type_I" から抽選
       第6分隊:次のいずれか
        ・セクトポッド ×2、ヘビーMEC ×2
        ・セクトポッド、アンドロメドン ×2、ミュートン ×2
       第7分隊:上記 "MidbossAdds_Type_II" から抽選

    (16)要塞の後半の初期配置
      アヴァターアーコン ×2

    (17)その他の例外
      力尽きたので省略します。


    2.現場状況報告による例外
    (1)少数精鋭
     ALが1低下します。
     また、少なくともiniファイル上は、選ばれし者や支配種が出現する場合は「少数精鋭」にならないよう設定されています。

    (2)ロスト
     ALが1低下するほか、ALが5以上にならない、と設定されているように読めますが、実際にはそれに反する現象がしばしば生じています
     以下のブログでも、同様の報告がなされています。
     "XCOM 2 ANALYSIS: SITREPS"(ttp://www.vigaroe.com/2020/05/xcom-2-analysis-sitreps.html)

    (3)大群
     アドヴェント兵を含むエイリアンが一切出現しません。アドヴェントの増援も来ません
     選ばれし者は出現することがあります

    (4)ロープロファイル
     ALが2低下します。

    (5)武力誇示
     陰謀ではなく、現場状況報告の武力誇示です。
     敵数が増えるかのように説明されていますが、陰謀の武力誇示と異なり、実際には増えないようです。経験上もそうですし、前述のブログでも同様の報告がなされています。
     "XCOM 2 ANALYSIS: SITREPS"(ttp://www.vigaroe.com/2020/05/xcom-2-analysis-sitreps.html)

    (6)サイキックストーム
     出現し得る敵   リーダーになれるFLの期間    フォロワーになれるFLの期間
     プリースト        3~7              3~11
     Aプリースト        8~13              12~18 
     Eプリースト        14~20              18~20
     セクトイド        1~20              ~20
    ※コーデックス       7~20              12~20
     ゲートキーパー ボス分隊のリーダーは16~20
             ボス分隊以外の分隊のリーダーは18~20

     ゲートキーパーがボス分隊以外の分隊のリーダーにもなれるので、複数のゲートキーパーが出現し得ます
     プリーストがフォロワーになれる点も特徴的です。
     コーデックスは、オフィサーへのスカルジャックが済んでいる場合のみ出現し得ます。
     選ばれし者や支配種も出現し得ます。支配種のお供は上記のリストに含まれていませんが、支配種のフォロワーとしてであれば出現し得ます。逆に言えば、上記のリストに含まれていない敵がシャドーチャンバーに表示されていれば、その敵をフォロワーとする支配種が出現することが分かります

    (7)野獣
     出現し得る敵は、スタンランサー、Hランサー、Eランサー、フェイスレス、バーサーカー、クリサリド、セクトポッドです。出現時期は原則どおりです。
     選ばれし者や支配種(お供含む)も出現し得ます。

    (8)自動防御
     出現し得る敵   リーダーになれるFLの期間    フォロワーになれるFLの期間
      MEC          5~10              517
     ヘビーMEC        12~20              15~20 
    ※コーデックス       7~20              13~20
     スペクター        8~14              15~17
     Eスペクター        15~20             18~20
     セクトポッド  ボス分隊のリーダーで15~20
             ボス分隊以外の分隊のリーダーにはなれない

     Eスペクターがフォロワーになれる点が特徴的です。
     コーデックスは、オフィサーへのスカルジャックが済んでいる場合のみ出現し得ます。
     選ばれし者や支配種(お供含む)も出現し得ます。


    3.陰謀による例外
    (1)武力誇示
     ALが1上昇します。たとえば、レジェンドで武力誇示が発動している時のハードのミッションは、AL5ではなくAL6になります。

    (2)エイリアンの潜入者
     AL1-2:フェイスレスが1体追加。「都市から救出」「大隊長を無力化」では2体追加。
     AL3-7:フェイスレスが2体追加。

     ゲリラ作戦と、評議会ミッションでフェイスレスが追加されます。ただし、現場状況報告「大群」の場合は追加されません。
     フェイスレス1体につき、本物の民間人も1人出現するので、普段は民間人が居ないようなマップに民間人が居るからといって、フェイスレスであるとは限りません。
     民間人に擬態したフェイスレスはシャドーチャンバーに表示されず、敵の総数にもカウントされません。

    (3)寄生
     AL1-2:クリサリドが1体追加。「都市から救出」「大隊長を無力化」「施設を破壊」では2体追加。
     AL3-7:クリサリドが2体追加。

     ゲリラ作戦、評議会ミッション、野良施設、無印版の物資強奪ミッションでクリサリドが追加されます。ただし、現場状況報告「大群」の場合は追加されません。
     シャドーチャンバー上は、通常の分隊が全て表示された後に表示され、敵の総数にもカウントされます

  • 広告
  • 【XCOM2:WotC】レジェマン勝率100%に限りなく近づくための序盤攻略法

    2020-06-12 19:19
    当記事の概要
     レジェマンは運ゲーだと思っていませんか?
     レジェマンは序盤も含め、運ゲーではありません
     どんなに運が悪くても、ミスさえなければ、ほぼ必ずクリアすることができます。
     当記事では、レジェマン勝率100%に限りなく近づくために特に重要となる、序盤の攻略法についてお伝えします。


     なお、当記事で紹介する攻略法は、あくまで「勝率100%に限りなく近づくこと」に主眼を置いています。また、当記事は「勝率100%に限りなく近い攻略法を追求すること」自体に楽しみを見出しています。したがって、「どれだけ手間がかかるか」は度外視しています。予めご了承ください。
     また、当記事は、勝率100%に限りなく近づくために「特に重要となる」ポイントに絞って解説します。ゲームを有利に進めるための細かいTipsも非常に面白いのですが、全部盛り込むと何が重要かが分かりにくくなってしまうため省略します。逆に、多くのコマンダーが心得ているであろう基礎的な内容についても、冗長になってしまうため省略します。
     最後に、当記事は「序盤の攻略法」に絞って解説します。具体的には、プレデターアーマーを製造して極秘施設ミッションを完了し、アヴァター関連施設(野良施設)の破壊に向かうまでを「序盤」とします。



    ■ 目次
     第1 当記事の想定するプレイ環境
      1.ハードウェア/DLC/MOD
      2.ゲーム開始時の設定
     第2 ゲートクラッシャー作戦
      1.最も理想的な展開
      2.理想的な展開にならない場合の次善の策
      3.実践動画
     第3 ミッションの取捨選択
      1.前提知識
      2.選ばれし者への対策
     第4 建設と研究の順序
      1.建設の順序
      2.研究の順序


    第1 当記事の想定するプレイ環境
    1.ハードウェア/DLC/MOD
     PC版のiniファイルやプレイ経験を基に解説していますが、MOD無しの環境を想定しているので、他のハード(PS4版など)でも通用する内容だと思います。
     発売されているDLCは全て導入しているものとします。ただし、PC版でのみ導入可能な「タクティカルレガシーパック」については、導入していなくても構いません。

    2.ゲーム開始時の設定
    (1)レジェンド/アイアンマン
    (2)DLCの統合ON
     「DLCの統合OFF/エイリアンハンターズのDLCミッションON/シェンズラストギフトのDLCミッションOFF」の方が簡単ですが、当記事では標準的な遊び方を想定しています。
    (3)リーパー同盟(これ以外の詳細オプションはOFF)
     ゲートクラッシャー作戦の被害を安定して抑えることができます。
     索敵による安全かつ迅速な進軍が可能なので、2戦目(報酬が技術者)の勝率も高いです。
     最初の物資強奪までに伍長に昇進できる可能性が高いので、最初の物資強奪でWotC版のミッション(クレーンゲーム)を引いたとしても、遠隔起爆を使うことにより、物資の全回収が狙えます。なお、クレーンゲームでは半分ほど回収できれば十分です。
     2回目のVIPミッションにおいても、クレイモアがあればスタンランサーの処理が楽です。その頃には、既に中尉に昇進して榴散弾を習得していることも珍しくありません。
     なお、長期計画やタイムターナーはONにした方が簡単ですが、当記事では標準的な遊び方を想定しています。


    第2 ゲートクラッシャー作戦
    1.最も理想的な展開

     ① クレイモアで「トルーパー×3」の分隊を倒す
     クレイモアを投げたり、リーパーがクレイモアを起爆したりしても、リーパーのシャドー状態は解除されません。部隊潜伏中であれば、部隊潜伏も解除されません。したがって、クレイモアで1分隊まとめて倒しきることができれば、部隊潜伏を維持したまま残りの分隊との戦闘に備えることができます。

     ② オフィサーの分隊を屋上におびき寄せ、グレネードで叩き落とす
     少なくともゲートクラッシャー作戦においては、新兵3人を「建物(マップ中央や敵に近いほど望ましい)の屋上」で待機させ、リーパーを「敵の視界からぎりぎり外れる位置」に置くと、敵が高確率で寄って来ます。そこで、敵が動くたびにリーパーの位置を再調整することにより、敵を屋上までおびき寄せることができます。
     グレネードと落下のダメ―ジによってトルーパー×2は倒れます。オフィサーが生き残った場合は、セクトイドの分隊に発見されないよう注意しながら、射撃やグレネードでとどめを刺しましょう。
     ちなみに、セクトイド隊よりも先にオフィサー隊を倒す理由は、オフィサー隊の方が厄介だからです。

      セクトイドの分隊の倒し方
     (ア)セクトイドの分隊の視界外からグレネードを投げる(「視界外グレネード」)
     WotC版では、未アクティベート分隊は、XCOMユニットの視界に入っていない時にダメージを受けてもアクティベートしません(装置防衛や報復ミッションのように、未アクティベートでも行動することはあります。)
     そこで、リーパーやカーソルサーチによって敵の位置を確認し、リーパーで敵の位置を確認していた場合はリーパーを移動させて敵を視界から外した後、グレネードを投げることにより、敵を一方的に攻撃することができます。視界を遮るために使える構造物としては、建物の屋上モニュメントの高遮蔽土地の段差などがあります。
     なお、基本的には「XCOMの視界に入っていない敵はXCOMを視界に収めていない」ので、敵をXCOMの視界から外すだけで上記の方法が使えますが、屋上で半遮蔽を跨ぐ場合など「敵の視界に入ってしまうことがターゲットプレビューでは判別できない場合」もあります。そのような原因でセクトイド隊に発見される事態を懸念する場合は、次の(イ)の方法をおすすめします。

     (イ)セクトイドの分隊を屋上におびき寄せて監視射撃を浴びせる(「監視待ち」)
     ②と同様の方法により、セクトイド隊を屋上におびき寄せることができます。
     セクトイドは、セクトイドに対して遮蔽を取っているXCOMユニットへの射撃よりも、マインドスピンやゾンビ作成を優先してくるので、XCOMとしては、基本的にはトルーパーの撃破を優先するとよいでしょう。
     ただし、グレネードを所持している隊員は、マインドスピンでパニック状態に陥ると、味方に対してグレネードを投げてしまうことがあります
     他方、トルーパーのクリティカルでない射撃の威力は3であり、無遮蔽でない限りトルーパーのクリティカル射撃は出ないので、無遮蔽でない限り新兵が一撃で倒される心配はありません。(トルーパーの射撃で遮蔽が破壊され、無遮蔽になった新兵がセクトイドのクリティカル射撃で倒されることはあり得ますが。)
     そこで、味方にグレネードを投げてしまうリスクまで考慮して、あえてセクトイドの撃破を優先したり、グレネードを所持した隊員を敵から見えない位置(壁の裏など)に隠したりするという手も一応考えられます。

     いずれにしても、ゲートクラッシャー作戦では、2戦目(報酬が技術者)で使える戦力をできるだけ多く残すことが重要となります。2戦目で使えるか否かという点では、負傷は死亡と同じです。したがって、リーパーが負傷するよりも新兵が死亡した方が被害が小さく新兵が2人負傷するよりも新兵が1人死亡した方が被害が小さいといえます。場合によっては「無傷の兵士が撃たれないように、負傷した兵士をあえて無遮蔽の位置に立たせて囮にする」といった判断も必要になってくるでしょう。

    2.理想的な展開にならない場合の次善の策
    (1)オフィサーの分隊よりも先にセクトイドの分隊が寄って来てしまう場合
     まずは、リーパーの位置を変更して仕切り直すことを目指します。
     次に、それでもうまくいかない場合は、使用する建物を変更して仕切り直すことを目指します。ただし、建物間を移動中に敵に発見されたり、部隊潜伏中であっても敵の赤い視野に捕まったりしては元も子もないので、そのような危険がある場合はやめておきましょう。
     最後に、建物の変更もできない場合は、今いる建物の屋上にそのままセクトイド隊をおびき寄せ、グレネードで叩き落として開戦しましょう。1の場合と比べると相対的には不利ですが、レジェマンクリアを諦める必要は全くありません

    (2)そもそもマップ中央付近に建物が少ないマップを引いた場合
     ゲートクラッシャー作戦では、以下の図のようなマップを引くことがあります。
    ―――――――――――――――――――――――
    【図】

        □□□□□□□□  □□□
    陸橋  □モニュメント□  □ □
        □□□□□□□□  □建□
      □   X4設置地点    □物□
      □           □ □
      □□□□□□□□□□  □□□
              階段
               □  □□□
     モニュメント周辺  □  □建□
     よりも低い土地   □  □物□
               □  □□□
               □
      □□□□□□□□ □
      □  建物  □ □
      □□□□□□□□ □

    ―――――――――――――――――――――――
     このようなマップでは、とりあえず右上の建物を使うことを目指しますが、そこには敵が寄って来ない場合もあります。
     そのような場合は、まずは左下の建物の屋上に新兵を登らせてみましょう。図では左下に建物が1個しかありませんが、2個建っている場合もあります。モニュメントからはかなり遠いので、「本当にこんな所まではるばる敵がやって来るのか」と思われるかもしれませんが、やって来たことがあります
     次に、それでもうまくいかない場合は、モニュメント周辺の土地が一段高くなっていることを活かして、段差の手前(階段周辺)から視界外グレネードを狙いましょう。
     最後に、モニュメント自体が全遮蔽の塊で構成されている場合は、モニュメントを挟んで視界外グレネードを狙うこともできます。ミッションの目標地点の目の前で戦うことになるので、なるべく同時接敵しないよう、事前にリーパーでしっかりと索敵をしておきましょう。

    3.実践動画
     以上の内容を実践したプレイ動画をいくつか投稿しています(mylist/68665155)。


    第3 ミッションの取捨選択
    1.前提知識
    (1)序盤のミッションの出現パターン
     4月末までは以下のような順番でミッションが出現するはずです。ただし、陰謀「レジスタンス情報提供者」により、4月のゲリラ作戦よりも先に報復が来る場合もあります。
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
     3月1日頃 :ゲートクラッシャー作戦
     3月7日頃 :ゲリラ作戦(報酬が技術者)
     3月14日頃 :VIPミッション(敵がロストのみ、報酬が科学者と護衛2人)
            又は
            VIPミッション(敵がロストとエイリアン、報酬が科学者と護衛1人)
     3月21日頃 :報復ミッション(無印版、選ばれし者が初登場
     3月25日頃 :ゲリラ作戦
    【3月31日以降はスタンランサーが登場】
     4月4日頃 :物資強奪
     4月12日頃 :VIPミッション(増援が毎ターン降って来るタイプ)
            又は
            VIPミッション(3月14日頃のVIPミッションで出なかった方のタイプ)
    【4月15日以降はヴァイパーとピュリファイアーが登場】
     4月19日頃 :ゲリラ作戦
     4月27日頃 :報復ミッション(WotC版)
    ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

    (2)選ばれし者の出現パターン
     (ア)原則
     選ばれし者甲の支配地域において、A→B→C→D→……という順でミッションに出撃し、ミッションAで甲が出現したとすると、その後のミッションで甲が出現する確率は、BとCが0%、Dが50%となります。Dで甲が出現しなかった場合は、Eで必ず甲が出現します。Dで甲が出現した場合は、EとFが0%、Gが50%になります(つまりDが次の周回のAとなります)。
     (イ)例外
       ① 陰謀「ワイルド・ハント」が実行されている場合
       ② アヴァター関連施設(野良施設)のある地域におけるミッションの場合
       ③ 支配種が徘徊している場合
     支配種と選ばれし者とが同一のミッションに出現することはないので、支配種の出現によって選ばれし者の出現パターンが影響を受ける可能性があります。
     もっとも、DLC統合ONの場合は、支配種の居るアヴァター関連施設のミッションに行くまでは、支配種は出現しません。したがって、当記事では省略します。

    (3)ミッションの無視や敗北によるデメリット
     (ア)アヴァター関連施設の建設期間短縮
     いかなるミッションも、無視したり敗北したりすると、次のアヴァター関連施設の完成までの期間が短縮されてしまいます。特に理由がなければ、なるべく出撃して勝利した方がよいでしょう。
     (イ)ミッション発生地域との接触の喪失
     最初に選んだレジスタンス勢力(当記事の紹介する攻略法に従えばリーパー)の本部がある地域以外の地域は、情報を支払うことにより「接触」することができます。
     しかし、VIP物資強奪報復ミッションを無視したり、これらに敗北したりした場合や、野良施設/極秘施設/加工場/脳の座標のミッションに敗北した場合には、当該ミッションの発生地域(上記の本部がある地域を除く)との接触が失われてしまいます。

    2.選ばれし者への対策
    (1)基本的考え方
     プレデターアーマーを製造するまでは、選ばれし者とまともに戦わない方がよいでしょう。重要でない兵士が殺されるだけならまだいいですが、リーパーが死傷したり兵士が誘拐されてVIPミッションの救出対象の枠が当該兵士で消費されてしまったりすると、その後の展開が難しくなります。
     そこで、敗北によるデメリットが小さいミッションで選ばれし者の出現を消費し、勝ちたいミッションでは選ばれし者を出現させないことが重要となります。

    (2)具体的帰結
     (ア)序盤のミッションの取捨選択

     まず、最初の報復ミッションに出撃し、選ばれし者の出現を消費してから撤収します
     次に、3月末のゲリラ作戦は、スタンランサーが出現する前なので難易度は低いのですが、出撃しないようにします。ガウス兵器用の合金が手に入る物資強奪と、情報とVIPが手に入るVIPミッションの方が重要なので、これらのミッションに選ばれし者が出現しないようにするためです。
     関連する陰謀が「XCOM狩り」であっても無視して大丈夫です。支配種が来ない防衛ミッションは怖くありません。
     関連する陰謀が「エイリアンの暗号」であっても無視して大丈夫です。レジスタンス通信を早期に研究し、極秘施設のある地域との接触を開始していれば、影響はありません。
     最初の物資強奪と2回目のVIPミッションに出撃した後は、4月のゲリラ作戦に出撃します。ここで選ばれし者が出現した場合は、4月末の報復ミッションを無視し、次の物資強奪やVIPミッションに出撃するとよいでしょう。4月のゲリラ作戦で選ばれし者が出現しなかった場合は、4月末の報復ミッションで選ばれし者の出現を消費するとよいでしょう。

     (イ)地域接触のタイミング
     新しい地域との接触を完了した後、当該地域に報復ミッションが発生すると、報復ミッションを捨てたくても捨てられなくなってしまいます。したがって、プレデターアーマーを製造するまでは、新しい地域との接触を完了しない方がよいでしょう

    (3)より優れた攻略法
     2021年になってから、他の方のコメント(当記事へのコメントではない)がきっかけで、上記(2)よりもさらに安定する攻略チャートが見つかりました。2021年1月時点では、まだどこにも書かれていないものと思われます。いずれ動画等で解説するかもしれません。


    第4 建設と研究の順序
    1.建設の順序
    (1)最初に何を建てるか

     勝率100%を目指すのであれば、最初に建てる施設はゲリラ戦訓練施設がおすすめです。
     最初のVIPミッションで大量のロストを倒して経験値を稼げば、最初の物資強奪を完了する頃には軍曹を用意できるので、ゲリラ戦訓練施設があれば、4月12日頃までには部隊サイズを拡張することができます。また、2回目のVIPミッション発生時に技術者が一人もいない場合は、当該ミッションのVIPは技術者になるはずです。
     したがって、最初にゲリラ戦訓練施設を建てていれば、2戦目報酬が技術者)勝てなかったとしても、部隊サイズを5人に増やしたうえで2回目のVIPミッションに乗り込み、万全の態勢で技術者を獲得しに行くことができます
     逆に、最初にたとえばレジスタンス・リングを建ててしまうと、2戦目で勝てず、スキャンや秘密工作でも技術者が手に入らず、2回目のVIPミッションで増援が毎ターン降って来るタイプを引いた場合、そのようなミッションにSPARK無しの4人で行くというリスクを冒すか、技術者を諦めるかの2択を迫られることになります。
     経験値については、以下の記事が最新情報です。ロストについては、さしあたり、通常の敵の4分の1として計算すればよいでしょう。
     "XCOM2 - Detailed Soldier XP and Leveling"
    ttps://www.reddit.com/r/Xcom/comments/eutkny/xcom2_detailed_soldier_xp_and_leveling_post/)


    (2)2つ目に何を建てるか
     (ア)2戦目終了時までに技術者が手に入った場合
     フロストボムが非常に強力なので、性能試験施設がおすすめです。SPARKも作れます。
     部隊潜伏中は敵をアクティベートさせずに接近することができるので、密集した敵にフロストボムを当てることにより、1分隊を容易に完封することができます。
     ちなみに、部隊潜伏解除後は、リーパーであれば敵をアクティベートさせずに接近することができるので、密集した敵にクレイモアを使うことにより、さらにもう1分隊を容易に倒すことができます。

     (イ)2戦目終了時までに技術者が手に入らなかった場合
     野良施設を次々と破壊しに行く頃には通信施設が完成していなければ、行きたい野良施設のある地域まで接触を広げることができずに詰んでしまいます。したがって、必要な時期までに通信施設が完成するようにしつつ、余裕があれば他の施設を建てましょう。

    (3)通信施設
     上述のとおり、通信施設がないと中盤以降に詰んでしまいます。通信施設はアップグレードも含めると消費電力が大きいので、基本的にはパワーコイルの上に建てるのがよいでしょう。早めに秘密工作でスカーミッシャーと接触し、スカミ本部で廃棄物の撤去を加速したり、ブラックマーケットで技術者を追加雇用したりして、必要な時期までに通信施設が完成するようにしましょう。

    2.研究の順序
    (1)序盤に行うべき研究とその順序
      ① バイオテクノロジー
      ② オフィサー解剖
      ③ 試作兵器
      ④ レジスタンス通信
      ⑤ モジュール式兵器
      ⑥ 磁力兵器
      ⑦ ガウス兵器
      ⑧ ハイブリッド素材
      ⑨ プレートアーマー

    (2)解説
     2つ目に性能試験施設を建てたいので、①②は必須です。
     技術者の入手が遅れ、性能試験施設を早期に建てないことにした場合は、③は飛ばしてよいでしょう。
     ④を早めに研究するのは、陰謀「エイリアンの暗号」によって地域接触の情報コストが倍になる前に、極秘施設のある地域との接触を開始するためです。
     ①~⑨の天啓が来た場合は、天啓が来た方を先に研究してもよいでしょう。
     ブレイクスルーは無くても困らないものばかりなので、序盤は全て無視するのが無難です