バキンッ
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

バキンッ

2019-09-22 15:00
    チラ裏の日記です。気にしないで下さい。


    今回の生贄はこいつ
    INTEL® Core™ i9-7940X
    というわけで、突然の衝動により殻割りすることにした
    最悪やらかしたらやらかしたでRyzen試そうかなくらいの勢い



    と、思ったのにも関わらず日和って殻割りツール(ROCKIT 99)を使用
    (おまけか知らんが一緒に第9世代用のダイ直フレームも同梱されていたのは謎である)



    セットして、くるくる
    そして非力過ぎる私は若干苦戦



    ともあれ「バキンッ!」と思っていたよりは大きな音がして無事外れました
    (ダイサイズが大きいからかな?)

    室温17℃湿度40%
    取り敢えず雑にシール材とグリスを除去
    上の画像の状態から更にシール材をもう少しプラカードで丁寧に除去して
    エタノールで脱脂
    そしたらソルダーレジストを30分おきに3回重ね塗り
    シール材が元々あった所にシール材を塗る



    後、折角なのでIHSも銅製に変更
    ダイとIHSの接触面のグリスとして液体金属(Coollaboratory Liquid Extreme)を
    用いた、評判の通り液体金属のくせして塗りやすかった
    そしたら圧着して放置



    24時間後、完成
    全コア4.7が単純なベンチ通るけど電圧の追従うまく行かない時があるのか
    ベンチ外で不意に落ちるね
    4.6で何しても問題ないくらいに安定してるようには見える
    CINEBENCH(R15)で3430だけど裏で動いてるもの多いから
    クリーンインスト後ならもう少し上がるかもね
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。