ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

麻雀スターズ<ワンマッチ>の計算方法について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

麻雀スターズ<ワンマッチ>の計算方法について

2016-09-02 02:37

    初見だとなんか複雑そうに見えますが、実際は雀荘と大体同じような感じです。
    雀荘経験がなかったり分かり辛い人の為にどうぞ。

    麻雀のルール説明に近くなりますが、まず終了時の点数にウマ、オカを増減させます。
    ウマ、オカを知ってる方は途中まで読み飛ばしてください。

    <ウマ、オカについて>
    ウマとは着順によって増減する点数のことです。(外ウマとかビンタウマとか差しウマとか色々ありますがスターズとは関係ないのでここでは順位ウマだけ説明します。)

    1-3とか10-30とか書いてあると思います。
    これは対局終了時、4位が1位に30000点、3位が2位に10000点渡すという仮定で計算する。ということです。
    たまに麻雀漫画とかで桁が万じゃなく10万とかいうやつもありますが、普通は万です。安心してください。

    オカとは対局終了時のトップだけが貰えるトップ賞みたいなもんです。
    25000持ちの30000点返しの場合、最後に30000点を引いた点数で計算しますが、そのままだと5000点少ないですね。この5000点×4人分=20000点が、最後にトップを取った人に加算されます。これがオカです。

    <スターズ、ワンマッチの計算方法>
    さて、それでは前提を話し終えたところで本題のスターズでの計算式です。

    賞金額=(得点-返し点) ÷ 1000 × レート + 参加費
     コミッション(得点-返し点) ÷ 1000 × レート × 10%
     実質獲得額=賞金額ーコミッション
            ※コミッションは返し点以下だと発生しない

    まぁこう書くと紛らわしいですが、ようするに

    雀荘と同じ計算「(得点-返し点) ÷ 1000 × レート 」に参加費が返ってきて代わりに賞金の10%が取られる


    ということです。

    例題として、さっき私がどんなもんか1回レギュラーで打ったのを例に出します。
    42000点持ちのトップ終了でした。これを計算します。

    レギュラー(対局費 6$ レート0.2 ウマ無 オカ有 )の場合

    まず、最終得点をだします。
    持ち点42000+ウマ0点+オカ20000点ー返し点30000)=32000

    次にこれを1000で割ってレートに換算します
    32000÷1000×0.2=6.4

    ここまでが対局で稼いだ(もしくは減った)分です。
    ここまでは一般的な雀荘と同じ計算になります。
    (この後チップの清算とかもあったりしますが)

    この6.4に打った分の対局費が戻ってきます。6$だったので
    6.4+6=12.4

    しかし、ここからコミッションというよく分からない手数料が引かれます。
    (返し点以下だと引かれません)
    コミッションは稼いだ分の10%、つまり10分の1なので
    6.4×0.1=0.64

    これがコミッション。これを引きます。
    12.4-0.64=11.76

    これが対局終了時に最終的に入ってくる賞金額です。
    ちなみに、いくらプラスになったか知りたい場合は
    稼いだ額ーコミッション(稼いだ額×0.1)で出します。
    今回の場合は
    6.4-0.64=5.76
    ですね。


    最後になりますが、実際雀荘よりは場代が返ってくる分良心的ですね。ウマがないのとレートがかなり低い分まだ変動額が少ないですが、ウマがついてレートが高くなれば本当にリアル雀荘に近い感覚で遊べるのではないのかと思います。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。