ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

石の効率と形②
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

石の効率と形②

2013-02-28 22:05
    みなさん、こんにちは

    前回の続きで、石の形で悪いものを取り上げていこうと思います

    まず今回はこれを見ていきましょう


    この形、もちろん悪いのは白で「裂かれ形」と呼ばれるものです

    これの何が悪いかというと、石の数は同じなのに黒と白で石の強さ(と活力)がぜんぜん違うところですかね


    これは見た目からしてひどいので皆さんに納得してもらえると思うのですが、、、

    級位者の碁を見ていると結構出てくるんですよこの形が

    なぜかというと





    こういう形でAやBに打っているからなんですね

    たとえば、もし黒Aに打ったとしたら白Bになって

    こうなるわけです(AB逆にしても同じような感じになります


    ここで□と△の関係を見てみると最初に出した図と同じになっていますよね


    なのでこういった場合は


    コスミや桂馬などで打つことが多いですね


    これなら単に押した図よりもいいというわけです


    最後に言っておきますが、一応これは基本的にということなのでもちろんあえて裂かれて打つ場合もなくはないです(特に攻め合いが絡んで来たりしたらだめの数が関係することもあるので)


    それではまた次回は違う形をやっていこうと思います



    さて、今回の死活は傑作詰碁辞典から(黒先

    この本はちょっと難しめのものからとても難しいものまである詰碁の本です

    基本死活がだいぶできるようになったならお勧めします

    この問題はC~超A級までのうちのC級の死活です

    普通にやったらコウになりそうですが・・・



    前回の答え

    手無しの問題を出すかどうか悩んだんですが結局手ありの問題をだしてしまいました

    9の下がりを最後に打つところがみそですね
    (最初に打ってしまうと外から押さえられて7に打てなくなってしまいます


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。