PonaX騒動まとめ 最終更新6/2 19:01
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

PonaX騒動まとめ 最終更新6/2 19:01

2014-05-29 01:20
  • 1
PonaX非公式マニュアル:http://www.ne.jp/asahi/to/yuuhi/ponax_00.html
この記事のコメント欄にあります通り、ki-ya.さんがマニュアルを作ってくださったようです!PonaXを将棋所で使用する方法がわからない方はぜひ参考にしてみるといいと思います。
なんと将棋所に「これはUSIエンジンではありません」とエラー吐かれたときの対処法まで載ってる・・・これはしゅごい 対処法あるの知らなかったわ・・・

※全て2chやツイッターなどのネット上の不確かなソースです
また、現段階においては使用環境によって動作具合は様々なのでここに書かれてる不具合全てがお使いの環境で発症するとは限りません(将棋所でなら問題なく使えるといった報告もあります)

PonaX買いましたw 明後日ぐらいには届くかな? もしかしたら別の記事で使って気づいたこととか書くかもしれん(´・ω・`)

1.高スペックを要求するくせにCPUをフルで使わない(10%程度)
2.GUIが使いづらく、激指やボナンザファイナルはおろか、フリーソフトよりも劣る
3.最強レベルのR3000は、持ち時間を設定できない
4.検討モードの機能が劣悪。「対局中」かつ「人間の手番」じゃないと使えない。しかも、対局は人間対CPUしか選べないので、実質単なるヒント機能
5.棋譜を読み込んでからの途中対局が出来ない。フリーズするか駒が消えるか準備中のまま始まらない。
6.最強と言いつつ、激指よりも弱い。とりあえず5局やったが、激指12の全勝。
7.中断機能が無い。一度対局始めると、投了するしかない
8.とにかく純粋に対局機能しか使えず、スーファミ時代の森田将棋や64の羽生将棋の方がはるかに使い勝手が良い。

将棋所だと検討や対戦など行える ハッシュを512MBぐらいの低い設定にしないと固まるらしい

将棋所で使用するには:Ponanza18x86.exeを将棋所に登録、ハッシュメモリを512MBに設定 (公式で明言されている方法ではないので、試した結果いかなる不具合が起ころうとも筆者は一切の責任を負いません 自己責任でお願いします)

将棋所にすら読み込めないという人もいた

shogiGUIやUSI将棋等では「インデックスが配列の境界外です」(IndexOutOfRangeException)というエラーが出て動かせないという声も→環境次第

読み上げの声が消せない(GUI)

思考局面も少ない→CPUを使わなくても強いわけではない

ユーザーの設定ミスの可能性もあるが、それも薄そう(あくまで私の見立てだが)

[筆者が個人的に特に情報の正確さが怪しいと思ってしまう、報告があった不具合集]
まずCDからインストールが出来ない
常にフリーズする
コマがないまま起動する(パッチ当てれば修正されてるのでは?)
MS-DOSの画面が出てきて消えない時がある
時間無制限設定にしても最後まで5秒指し
タイトル画面に戻れない(操作が容易にわかるようなUIでないらしいので説明書を読めばわかるのではないだろうか?)
検討モードの数値が変化しない

ごく一部の環境においてCPU使用率100%で動く場合もあるらしいがまれである

ある方が動作不具合をマイナビに問い合わせたところ「セキュリティソフトとの相性の悪さが原因かもしれないので一時的に全て停止して使ってみてはいただけますか」といったような内容の回答があったらしい。十中八九関係ないと思うが試してみて損はないであろう。なお、その際はウイルス感染の危険に十分注意していただきたい。責任は負えませんので・・・

CPU使用率について開発者の山本一成さんのツイートがありました
「Ponanzaは最大物理コア数分のスレッドで対戦させた時がもっとも強かったので、HT(ハイパースレッディング)を使用したマシンでは見かけ上CPU使用率が50%しか使われてないように見えますが、その点に関しては問題無いです。」

将棋所で使った場合の強さや使用感
「激強い、ほとんど無敵
ボナは相手にならないし、GPSでもほとんど勝てない
まさに最強
将棋所使える人ならポナンザエンジンで検討モードも使えるし満足感高いと思われる」
「将棋所からponanzaを使う分には大変安定してる」
との意見が ただPCのスペック(特にメモリ)がある程度高くないとダメなので注意。他ソフトとの対局の結果はポナンザが圧倒してるという報告と、逆に負けまくってるという報告とが混在していてよくわからない。できればノートPCとはいえ、8GBのメモリを積んでいる私のPCで試したいところではある・・・。

※この内容は今後も更新していくかも 繰り返すがあくまで人伝えの情報なので注意

サポートページ:http://soft.mycom.co.jp/ponax/
アップデートパッチが配布されてます。今後も新しいパッチが配布されることも予想されるので購入した方々は随時確認を

-個人的見解-
余りにも不具合がありすぎるので、さすがに次の商品が作られて発売されるまでこのまま我慢しろ!ということはないだろう 回収になるかアップデートパッチで対応するか購入者全員に全く新しい改善版が送付されるか・・・手段はともあれなんかしらの対応はしてくれるであろう(おそらく・・・)

-CPU50%についての見解-
筆者もわかっていなかったのだが、多くのソフトは「※1 物理コア数」を使うように設定したほうが強い(詳しくは書かないが、本日GPSfishで試したところサンプル数が少ないが明らかな変化が見られた なおCPU使用率は確かに50%という表示になった) GPSfishも公式でちょろっとその旨は書かれている。 このことから察するに将棋所で動かすのはほぼ問題がないことが期待できる。

-NPSについて-
CPU50%問題について検証するためGPSfishとBlunder_WCSC23の対戦を今日もちょくちょくやっているが、やはりGPSのスレッド数を実体コア数にしてるほうがはるかにGPSの成績が良い(Blunderは元から実体コア数で設定してある)。そして対戦をさせていて気づいたのだが往々にしてGPSfishのほうがBlunder_WCSC23よりNPSが低い。しかし戦績は現在GPSが5勝1敗である。NPSが高ければ強いってもんでもないのだろう。

※1 現在のインテルのCPUにはハイパースレッディング(HT)が搭載されているものが多い これはOSに1つのプロセッサを2つあるように見せかけるもので、これを用いると・・・要は並列処理がより効率的にできるようになる!物理コア数が4コアのCPUならばOSに認識されるスレッド数は8になる。しかし将棋プログラムは、だからといって使用するスレッドを8にするとダメで4(物理コア数)に設定したほうが強いらしい
お手持ちのCPUの物理コア数がわからない人は型番とかで検索すればわかるはずである。
広告
×
PonaX非公式マニュアルを作成しました。
http://www.ne.jp/asahi/to/yuuhi/ponax_00.html

将棋所にPonanzaを組み込む方法を、出来る限り分かりやすく書きました。
よろしくお願いいたします。
71ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。