ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

生放送の機材について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

生放送の機材について

2013-01-30 00:06
  • 4
リスナーさんからよく、どのように放送しているのか聞かれるので
今回説明していきたいと思います!

ではでは、まず使っている機材一覧!
★ギター:-Washburn X10 レッド










 -FUJIGEN EEL-FM-DL/HH-TR



★Line6 POD X3 (アンプシュミレーター)



★beyerdynamic OPUS 29S(マイク)




★Roland TRI-CAPTURE (インターフェース)



★Line6 FBV Express MkII(フットコントローラー)



ってところです!
そして、つなげ方がですねこちらになります!



まず、PCからTRI-CAPTURE(IF)にUSB接続します!(灰色の線)
そして
   (IF) → マイク
      → PODX3(アンプシュミレーター)
      → イヤホン
と三つ分裂します!
インターフェース(IF)とPODX3をつなぐときはオーディオコード(両先端が赤と白のもの)でつなぎます。
PODX3からは足で音色が切り替えられるようにLine6 FBV Express MkII(フットコントローラー)を使用しています。
そしてシールドでギターとPODをつなぎます。
要するに
  PODX3  Line6 FBV Express MkII(フットコントローラー) 
        ギター

このような感じです!

そして、どうやってBGMを出すの?
の場合に説明をすると、
私が使っているインターフェースはLOOP BACKという機能があり、いわゆるステミキになります。パソコンでなっている音がそのまま放送に乗る状態ですね。
もし、軽くしたいのであれば、IFにステレオで差す意外にモノラルのINPUT(入力)があります
そこからモノラルでiPodやウォークマンの外部音楽再生機器を使ってBGMだけ流すということも可能です。

以上で私の放送環境の完成です!
わかりにくいところがあれば、また放送で聞いてください♪
ではでは!
広告
×
ペイント機能の直線を利用するとキレイな回路図になるので、今度お試しを!
102ヶ月前
×
非常にわかりやすく感激です! やっとまともな生放送ができそうですww
102ヶ月前
×
>>1
モモノキブラウンさん
ほむほむ。なるほど!今度は試してみますね!
102ヶ月前
×
>>2
珈琲牛乳さん
お役に立ててよかったです!生放送頑張ってください♪
102ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。