世界は「思い込み」によって構成されている
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

世界は「思い込み」によって構成されている

2019-08-22 23:30
    そう、例えば
    「この世界には神様がいらっしゃる」と思ってる人がいます。
    その人の世界には実際に神様がいます。
    一方で、「この世界には神なんていない」と思ってる人がいます。
    その人の世界には神様は実際いません。
    矛盾してますか?
    いいえ、全然。

    私たちは一つの世界をみんなで共有しているように見えて、実際は人それぞれ、異なる自分だけの世界を持っています。
    それらのたくさんの世界が異なる要因は、「思い込み」です。
    たかが思い込み、されど思い込み。
    思い込みによって世界が構築されていると言っても過言ではありません。

    この世界に存在するものは全て何者かによって作られた産物で、私たちはその何者かによって観察されているのである、と思い込んでる人がいたとします。
    その人にとってはそれが真実なのだと思い込んでいるならば、他人がいくら否定したところでその人の世界は「そういうこと」でしょう。
    まあそういうわけです。

    実際私もそんな感じの思い込みで生きています。
    私の思い込み、それは、この世界の主人公は私ではないということです。
    ちょっと物語チックな言い方になりましたが、要するに私は世界にとってモブなのです。
    泣いても、笑っても、怒っても、世界にとってはどうでもいいことなのです。
    私が何不自由ない生活をしようが、お金がなくなってのたれ死のうが、私の世界には何の影響もないのです。
    何故そのような思い込みをするようになったのかというと、昔…私の世界…いえ、私の世界の主人公を見たことがあるからです。
    その人の一挙手一投足が、それまで何の変化も見せなかった私の世界を動かしていました。
    でも、その人は今は私から遠い遠いところにいて、もう結婚しているようでした。
    きっと今も、私の世界はあの人を中心に回っています。
    でも遠い遠いところにいる私はそれを観測することはできない。
    だから私の行動があの人に…世界の中心に影響をもたらすことはもう決してないのです。
    だから私は、私のことを心底どうでもいいと思うのです。
    どうでもいい存在だから、いつ死んでもいいし、どうでもいい存在だから、心から息苦しい今の生活もどうでもいいし、どれだけ苦しくても、どれだけ傷ついても、最後にはボロ雑巾になって死んでしまえばいいと思うのです。
    嬉しくなっても、良いことがあっても、あの人に届くものなんて何一つないから。
    きっともう会えないから。いや、会わない方がいいから。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。