• 『 Guild of Dungeoneering』

    2020-03-28 22:44
    https://www.nicovideo.jp/watch/sm36582563

    見事にデジタルの世界で、アナログボードゲームを表現した作品
    ギルドを建設しながら、誰も生きて帰ってこなかった系のダンジョンへギルド員が挑む。
    各ダンジョンは一部のみパネルで置かれており、ギルド員が通れるように手札からフロアカードをうまく配置して勧めていく。
    1ターンで置ける枚数はフロアカード、モンスターカード、トレジャーカードのいずれか三枚。
    置きたくない場合はそのままターンエンドもできます。
    戦闘はカードバトルで、基本のカードは攻撃、魔法攻撃、ガード、魔法攻撃ガード。
    その他に手札を奪うカードや先制攻撃等もある。
    勝利するたびに、対戦カードと防具がもらえるので、旨くモンスターカードを配置して経験値を稼いでいこう。
    各ダンジョンには、勝利条件が設定されておりその勝利条件を達成すると、お金と命(生還)を持って帰ることができます。
    ダンジョン内で朽ち果てると墓場に埋葬され、新たにギルド員がやってくるというシステム。
    ここまで書きましたが、運要素が大きいゲームで対戦時に手札が悪いとあっさり殺されて墓場へ直行。
    運要素が大きいので、確率を上げるために出来るだけ弱いモンスターを配置して戦いHP(ライフ)の上限を増やしたり
    使い勝手の良いカードを増やす必要があり、かなり頭を悩ませるボードゲームとなっております
    各ダンジョンのミッションは3段階あり、一つ目のダンジョンクエストで生還させると新しいダンジョンが発見され挑戦できる様になるようです。
    流石に後半のミッションになるとボスのライフが二桁になり、ライフ初期状態だと5しかないギルド員が挑むには無謀
    無謀なのでダンジョン攻略中にライフをあげ、カードを増やしそしてボスに挑んでぶっ殺される(´・ω・`)
    ヤバいくらいに難しいので、お茶でもすすりながらじっくりまったりプレイしてください

  • 広告
  • ハンドスピナー買ったった

    2017-08-20 03:301
    どうも(´*ω*`)ノ
    ぶきっちょおっさんです(・∀・)




    このタイプの黒いハンドスピナーを地元の大型デパート内の雑貨屋(ビレッジヴァンガード)で購入٩( 'ω' )و
    800円!
    そもそも買うつもりはなかった!
    通販だと怖かったんだ!
    わしあまり運良くない方だから外れ引くんだ絶対に!
    でも目の前に積まれたハンドスピナーを見て
    【ここで買わなきゃおっさんじゃない!!】と思った次第で御座います

    で、使い心地なんですが。
    そもそもこれ・・・どうやって使うん????
    てな感じで小一時間指ではじいてくるくる回してたんですが。
    ?あれ?これ・・・くせになりそうwwww
    やばいですねもう中毒になりそうな勢いでバンバン廻しちゃった。
    そしてカラカラと嫌な音がし出してきました。

    【ぶきっちょおっさんはメンテもする!!】
    カラカラ音が耳障りなので分解してベアリングを何とかしたい!
    という事でホームセンターで油落しクリーナー(パーツクリーナー)
    と、エアダスター(二本セット)を買ってきたの!

    ベアリングなんて油刺せばいいんじゃないの?と思ってるあなた!そこのアナタ!
    実はボールベアリングに油を刺すのは間違っているのだ!
    (ミニ四駆弄ってた人なら常識だったりする)
    ボールベアリングはボールの回転で摩擦を無くしている。
    当然ボールによって摩擦を軽減してるのでオイルやグリスを塗れば
    【それが摩擦になってしまう】のだ!(`ω´)

    という訳で元々ベアリングにこびり付いていたグリスと長時間廻して削れたであろう鉄粉を除去する為に脱脂を行おうと思ったのだ!!!
    先日テストがてらにオイルライターのオイルで試したのだが・・・
    なんかこうぬるぬるする。
    のでわざわざこの糞暑い中ホムセンまで行ってきたわけである。

    という訳で脱脂を試みた・・・
    脱脂手順【ぶきっちょ風】
    1.ばらばらに分解
    2.中性洗剤がたっぷり入った洗面器を用意
    3.その洗面器に全部投入し滅茶苦茶に泡立ててやる
    4.泡立ったパーツにこれでもかというほど水をぶっかけてすすぐ。
    5.洗い終わったパーツを全てエアダスターを吹きかけて水分を滅茶苦茶飛ばす
    6.ベアリングだけコップに入れる。
    7.ベアリングの入ったコップにパーツクリーナーをぶっ掛ける(火気厳禁なの)
    8.その後コップを滅茶苦茶シェイクする(中身が飛ばないように気を付ける)
    9.ベアリングを取り出しエアダスターで乾燥させる
    10.ハンドスピナーを元の状態に戻す。



    さて、脱脂を終えたハンドスピナーがどれだけの物かと廻してみた。

    カラカラ音がしなくなった・・・どころではなかった
    何とベアリングの回転音もシャリシャリからシャーに変わった!
    どうやら鉄粉どころかこびり付いたグリスもきれいに落ちたっぽい。
    回転時間を測ってみた。

    4分超えました٩( 'ω' )و