ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

うちのバイト先の昼飯の話 +昼休憩に読んでいる本の話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

うちのバイト先の昼飯の話 +昼休憩に読んでいる本の話

2013-04-07 16:53
    テナントがたくさん入っている事務所でバイトしている。
    2階のレストランは、若くて陽気なイケメン店長(まだ自分より3・4こ上)で
    イタリアンで昼時は、おばさん、いや、おねえさん方がたくさん来るので
    平日でも、並ばないと食べれない。

    12時ぴったしに店に直行するなら、まだしも
    12時過ぎてから、やおら周りの空気を読みつつ昼休みが始まるのだから
    2階で並んで食べていたら、13時5分前くらいから始まる午後の業務にさしつかえる。

    そもそも、時給850円のバイトで、ランチが1000円超えするのは、3か月に1度くらいのものだ。

    そこで、しかたなく、1階にあるキッチンスタイルの店に向かうのが
    事務所で外食派の人のならわしである。
    2階にくらべて、安い。ランチが500円である。
    日替わりで、カレーや魚、焼肉、野菜炒め、とかである。


    だが、めしがまずいのだ
    文字通り、飯がまずい。
    白飯がまずい、給食で食べていたごはんの方が、よほど美味い。

    なんていえばいいのだろうか。
    茶碗の上のほうは、比較的新しいご飯を盛ってカムフラージュしてあるのだが
    中の方を掘っていくと、団子が現れるのだ。
    ふっくらと盛ればいいものの、
    何度も、冷凍と解凍をくりかえし、ネチネチと押しつぶすから
    練りの効果がうまれ、自然に団子状に変異していく。
    おいしくない。

    あまつさえ、炊き立てを冷凍すれば、まだ解凍したものは美味しくいただけるものを
    売れ残りのご飯を、冷凍し、解凍、温めなおしているものだから…
    そして、見た目をごまかすためなのか、茶碗の真ん中の方に隠すイヤラシサ。

    私が、早起きして弁当を作るようになった理由がお分かりになっただろうwww

    さいごに、個人的に最近読んだ本をメモしていく

    【竜馬がゆく2】
     やっと、竜馬が土佐藩を脱藩した。郷士は、旧長宗我部の生き残りで冷遇されていたんですな。それでも、竜馬は金持ちのほうだったんじゃな。しかも、次男坊で自由に動ける立場。しかし、当時の罰則というか、風習とか、かなり厳しいもんじゃな。竜馬の脱藩のために、間接的に下の姉さんが自殺し、上の姉さん(乙女)は離婚して、嫁ぎ先に迷惑がかからないようにしている。脱藩は家族親戚まで、責任を取らされる罪だったようで。

    【新世界より上】
     アニメは途中で切ったんですけど、貴志さんの原作の方を読んでみた。上巻は、夏のキャンプでミノシロモドキにあってから、土蜘蛛に襲われ、スクイーラに見つかり、奇狼丸に助けられて町に戻ってきたところ。しかし、それ以来、じつは監視されていて、…瞬が業魔になっちゃったとこまで。設定厨の自分としては、かなり引き込まれてしまう内容です、すごく練られてる脚本。ボノボ型社会いいな。
    設定厨というか、設定を読み解くのが好きなだけで、設定を無視していける推進力と圧倒的な説得力があれば気にならないんだけどね。

    今。読んでる途中の本
    【ケルベロスの肖像】
     はい、でました!海堂尊の田口・白鳥ペアのシリーズものですね。【チーム・バチスタの栄光】がおもしろかったので、借りてみました。TVとか映画になってるんだっけか?これは原作がしっかりしておもしろいから、映像化しても楽しいだろうな。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。