映画【GoneGirl】ああ!ケッコンって!!おんなのやろうめ!
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

映画【GoneGirl】ああ!ケッコンって!!おんなのやろうめ!

2015-01-13 22:31
    ようやっと観に行けた話題作!昨日も一昨日も満員で入れなかったんでね!
    付き合い始めのカップルを除き、あとお子様である学生諸君を除き
    全員見るべき、考えさせられる 男と女の物語!

    [なるべく、ネタバレしないように書きました」

    いや、他者とのつきあい全般に置き換えられるかもしれんね。
    とにかく、デビットフィンチャー監督の過去作と比べても、とくに好きな作品になりました。
    「ソーシャルネットワーク」の会話の応酬とかも好きだったけどね
    ただ、「ドラゴンタトゥーの女」はドラマ版の方が好きだったかな。。

    いつも、人に愛想よく見られたい願望のベンアフレック演じる夫から
    突如、失踪してしまった 完璧エイミー!アメージングエイミーを演じたロザムンド・パイクさんは、日本版つくるときは、中島みゆきさんでお願いしますww

    ワスプマザーと言うらしいが、
    自分の幻想を子供に押し付ける、とりつくしまのないワガママ義母BBAと
    ミズーリの粗野に育った ベンとがうまくいくはずもない。

    エイミー捜索のボランティアも難航。
    世間から、つまりは、マスコミが作り出す世論から総バッシング。
    あの女子アナ マジでクソファック最悪むかつく演技が最高です!
    その後に迎える展開での、あの手のひら返しのアイボのプレゼント攻めwwww

    ちげえええよおおおお!ロボット犬は趣味じゃねえええんだよおお!

    マスコミのビッチガールは、象徴された世界だけど、

    誰もが、

    演じていくしかない。 与えられた役割を。 良き妻 良き夫。良き子ども。

    だって、他者。他人。何を”考えているか”なんてわかりゃしない!

    オープニングとラストシーンのこの重み。。


    そこを、勘違いし、相手に幻想をおしつけ、勝手に好きになり、
    幻想を愛し、 愛し合ったという事実だけ残り、過去のものとなり、

    また違う相手に幻想を押し付ける。双子のマーゴだけが味方

    妹とは、仲良くしとくんだぞおおお!

    しかし、この映画でいえば、黒人の超やり手弁護士を
    見習うのが一番ですな。世間をどう味方につけるか、
    しゃべり方、見た目、話す内容、感情のつけ方、
    同時に捜査員を雇って捜索し、
    敵も味方につけて、相手が得するようにしながら、相手の仲間を自分の味方にする。
    さらに、
    刻々と変わる現場のなかで、こちらに不利な要素は先手を打って排除していく。

    この、いかにも、自己啓発やら実際の幾多のハウツーテクニックを駆使して
    戦略的に凌いで勝ちをもぎとっていく姿勢こそ 

    男性陣が身に着けていく力なんじゃあ!

    だって、もう女、妻は怖い存在でしかなくなってしまったからね。
    尊敬し、譲歩し、ださくてだらしない夫は”殺”されてしまう世の中だよ!
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。