虫ポケモンだけでポケモンシールドクリアする#3【バウジムまで】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

虫ポケモンだけでポケモンシールドクリアする#3【バウジムまで】

2019-12-07 23:30
    5ばんどうろ

     

    シズクモ、ツチニンが出現。

    NN:みずぐも
    性格:ゆうかん
    特性:すいほう
    HP 38
    こうげき 40
    ぼうぎょ 52
    とくこう 40
    とくぼう 72
    すばやさ 27
    初期習得技は「バブルこうせん」、「むしくい」、「かみつく」、「アクアリング」。
    能力値は平均以下だが、すいほうという超強力な特性を持つ。すいほうには、
    ・自身への炎技を半減
    ・やけどしない
    という2つの効果に加え、
    ・自身の水技の威力が2倍になる

    という強力な隠し効果がある。これにより、「バブルこうせん」は威力130「ダイストリーム」にすれば威力240となる。そこから更にタイプ一致補正や雨補正が乗る。

    攻守共に優れた、虫統一の救世主とも言えるポケモンの一匹。


    ギアルなどに苦戦しながらも、トレーナーを倒していく。

    その途中、ミツハニーがレベル21でビークインに進化。

    NN:じょおうばち
    性格:しんちょう
    特性:プレッシャー
    HP 70
    こうげき 80
    ぼうぎょ 102
    とくこう80
    とくぼう102
    すばやさ 40
    現時点では思わず目を疑ってしまうような、圧倒的な耐久を持つ。攻撃性能もまずまず。

    進化時に「きりさく」を習得。使いどころはあまり無い。

    ちなみに、ビークインの代名詞である「こうげきしれい」、「ぼうぎょしれい」の習得レベルは40とかなり遅く、なかなかお目にかかれない。「かいふくしれい」に至っては8世代で何故か削除されてしまった(同時に「はねやすめ」も没収され、再生技を失った)。


    5ばんどうろの途中で、4回目のホップ戦。

    ココガラとメッソンがそれぞれアオガラス、ジメレオンに進化し強化されているが、こちらはそれ以上に強くなっているので問題なく勝てる。

    戦闘後、アゴジムシがレベル20になりデンヂムシに進化。

    NN:くわがた
    性格:ひかえめ
    特性:バッテリー(→ふゆう)
    HP 57
    こうげき82
    ぼうぎょ 95
    とくこう55
    とくぼう 75
    すばやさ 36
    中間進化だが、合計種族値が400もあり優秀。これはバタフリーの合計値より少しだけ高い。

    進化時に「じゅうでん」を習得。使おうと思えば使えなくもない、程度の技。

    実はこの時点でクワガノンに進化することができるが、しばらくはさせないまま冒険を進める(縛りの趣旨に反するため)。


    バウタウン


    隈なく探索し、じしゃく、うしおのおこう、あやしいおこう、がんせきおこうなど、火力アップアイテムを調達。

    また、一度ワイルドエリアに戻り、「じならし」「でんじは」「ボルトチェンジ」の技マシンを拾っておく。これによりイシズマイやバチュル、デンヂムシが大きく強化される。

    用事を済ませたらジムチャレンジへ。ジムトレーナーはバチュルでなぎ倒す。


    VSルリナ

               


    まずはバチュルとトサキントが対面。「エレキネット」→「ボルトチェンジ」と動き、トサキントを撃破。シズクモに繋ぐ。

    続いて出てくるはサシカマス。
    まず、シズクモの「バブルこうせん」でサシカマスのHPを削る。サシカマスは「かみつく」連打で襲い掛かってくるが、連続で怯まなければ大丈夫。
    その後、レドームシに引く…のだが、その前に一度ツチニンに交代する。
    そして、ツチニンはすぐにレドームシに交代。こうすることで、交代で出てくるレドームシが受ける技は「かみつく」ではなく「うずしお」になる。出てきたレドームシに「うずしお」が命中すれば、第一関門は突破。

    レドームシは「ひかりのかべ」「リフレクター」と動く。リフレクターのターンを最大限確保するため、レドームシにはリフレクターを張ったターンにうずしおのスリップダメージで倒れてもらう。(「うずしお」+スリップ+「かみつく」+スリップ+「かみつく」+スリップでぴったり)
    レドームシが怯んだらアウトだが、怯まずによく頑張ってくれた。おつかれさま。
    死に出しでバチュルを繰り出し、「ボルトチェンジ」でサシカマスにトドメを刺す。

    隠し玉のカジリガメに対しては、こちらも切り札のビークインをぶつける。


    カジリガメLv25(ルリナ)
    シェルブレード/
    みずでっぽう/ずつき/かみつく
    HP 90
    こうげき 115
    ぼうぎょ 90
    とくこう 48
    とくぼう 68
    すばやさ 74

    中間進化みたいなルックスと名前をしているが、侮れないスペックを持つ。
    高いこうげきやぼうぎょもさることながら、地味に素早いのが非常に厄介。
    このダイマックスカジリガメの猛攻をどう捌くかが、この戦いの鍵となる。


    相手のダイマックスに合わせ、こちらもダイマックス。

    レドームシが残してくれた両壁と、ダイマックスビークインの超耐久の組み合わせで、ダイマックスターンを凌ぐ狙い。

    ダイマックスカジリガメの「ダイストリーム」を始めとした大技を、ダイマックスビークインでしっかり受け止めていく。
    リフレクターが消滅したところで、両者のダイマックスターンも終了。
    次ターンの「シェルブレード」でビークインは退場してしまうが、これ以上ない活躍をしてくれた。
    ありがとう、おつかれさま。

    しかし、カジリガメの猛攻はまだ終わらない。「ダイストリーム」による雨が、まだ1ターン残っている。

    ここで、無傷のまま温存しておいたデンヂムシを繰り出す。雨補正が乗った「シェルブレード」は強烈だが、デンヂムシの耐久をもってすればギリギリで耐えられる。
    返しの「ボルトチェンジ」で削り切り、無事勝利!


    挑戦回数は7回。カジリガメの顔は当分見たくない。


    次回は皆さまお待ちかねエンジンジム。まさに、飛んで火にいる夏の虫…否、一寸の虫にも五分の魂。
    ここまでお読みいただき、ありがとうございました。


    現在のパーティー(平均レベル:21ぐらい)
         












    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。