「けものフレンズ」 2話感想・考察 棒読みフレンズの楽しみ方。
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

「けものフレンズ」 2話感想・考察 棒読みフレンズの楽しみ方。

2017-01-18 19:04
    けものフレンズの楽しみ方を間違えてる気がする。
    面白くないからって、どうなれば面白いだろうって考察やらを考えて勝手に自給自足して満足してるんだもの…

    ここが棒読みフレンズパークの入り口

    なんだかんだで動物の知識は増えるからもっと沢山出てもいい。でも、これはためになるだけで面白くはない。

    -考察-
    ・ラッキービースト
    ラッキービーストはフレンズの声を認識していない?人間であるかばんちゃんだけに反応している。喋るときもかばんちゃんしか見てない。サーバルはガン無視。

    ・帽子を見た時の反応
    帽子を観たとき、ボスの声が女性のガイドの案内をしている声に変わった。動物や場所の知識がシッカリとしているから、パーク内を案内するガイドロボだと予想できる。


    この帽子はあぷりの「けものフレンズ」のガイドが使っている帽子に似ており、
    アプリ内での役割が説明キャラだそうなので、アニメではガイドとしてジャパリパークの案内をしていたんじゃないかと考えられる。
    常識的に考えて案内がロボットだけなのはおかしい、おそらくガイドとラッキービーストのペアでジャパリパークを廻っていたんじゃないのか。帽子を見たときの音声はこのガイドの保存されていた音に切り替わっただけだと思う。

    ・どのフレンズもボスを認識している。
    おそらくボスはフレンズ達の管理をしているんじゃないのかな。ボスの認識はしていても喋ることを知らなかった。動物をロボが管理できる程の未来の話。おそらくアプリ終了後で人間がプレイしなくなってからの世界をアニメとしてしてるんじゃないのか、そうすれば人工物が荒廃していても納得は出来る。こういう設定のアニメはなかったから、そうなってほしいって願望が多分に入ってる。図書館でアプリが終わる直前のインフォが見れたら大好きなアニメだって言い張るね。あと、他にもロボットが出て来るんじゃないかな。

    ・ED
    EDは廃園された遊園地の映像と、全く合わないほっこりする曲だった。意味深に廃った世界と捉えてもいいけど完全に自虐よね。アニメも人間が居なくなった世界だろうし、ピッタリの映像だよ。毎回EDの映像が変わってくれたら確実にそうだって言い切れるんだけどなぁ。

    (追記)この遊園地の画像がチェルノブイリのプリピャチ遊園地だと、確定じゃないの。
        ペルボウラリスクの観覧車だそうです。どのみち破棄されてるものだし。


    -感想-
    けものフレンズが今期一番考察できるアニメとか意味が分からん。
    そういった設定を散りばめてくれるだけで、考察することに飢えてるのオタクは釣れるから、こういうアニメはもっと増えていいよ、ヘボット考察してるよりも楽しいもの。
    なんにしたってオリジナルのアニメは楽しい。純粋に楽しんでいなくても、最終話までは最後まで観るかな。

    来週はジャパリカフェを目指して登山かな、どうせ電気が通ってないとかでロープウェイは動かないだろうし、何か空飛ぶ動物が来るね。

    ジャパリカフェが山頂のにあるのは、観光場所とし考えると正しい場所。観光客がジャパリパークを一望できるし、動物が放し飼いでいても岩場にあれば、襲うことも出来ないし、登ってこれないから安全な作りになっている。最初は「なんで?」って思ったけど、考えたら当然よね。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。