Gのレコンギスタ:まとめ、予想(15話現在)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

Gのレコンギスタ:まとめ、予想(15話現在)

2015-01-10 23:36
    こんばんわ、毎週楽しくて楽しくて正月は1週開いたので辛かったです。
    テンション上がって書きたくて仕方なかったんです。


    15話までの出来事
    13話
    冒頭でトワサンガから来たドレット艦隊と交戦、マスク,クリム等と共にベルリは共同戦線を張る。 ザンクト・ポルトにドレット艦隊の交渉団一行が到着、ベルリ等も入る


    14話
    ザンクト・ポルトで交渉が始まった、ノウトゥ・ドレットのほか司令官の名前を思い出すラライヤ。交渉の場を抜けたベルリ一行はマスクの元へ帰るマニィと別れる。
    一方裏では、マスクがドレット艦隊に肉薄しメッセージチューブを張ってから月へ向かう。
    2艦に後れを取るメガファウナ、ベルリは追ってきたモラン隊のパイロットを1人捕虜にすることに成功する。

    15話
    トワサンガへ向かうベルリ等一向、マスク・クリムそれぞれの艦で月へ向かう。
    月へ進軍するが、ドレット艦隊のマッシュナーはロックパイに追撃戦を命令し戦いが始まる。


    各話での気になる事。
    13話のクンパ大佐の「月からの艦隊はここを爆撃しません」のセリフからクンパ大佐は月との条約について知っている。ウィルミット運航長官は知らないことから、ごく一部の者にしか知られてないことが分かる。


    クンパ大佐とラライヤは「ドレッド将軍」を嫌がってる?クンパ大佐が直ぐに退出したことから嫌やってることは分かる。何か嫌がる種があるはず、あるとしたらヘルメスの薔薇の設計図をばら撒いてる可能性が出てくるかなって思ってます。


    13話の大統領のセリフからレイハントンの生き残りを大統領以下要人物は知ってるもよう。



    14話ラライヤが宇宙に上がってからはまともに戻ってきている。ラライヤはトワサンガの先行部隊だったことが分かりましたね、レイハントン家の生き残りを探していたとか、にしてもラライヤが戻ったら敵になるとかゆう展開じゃなくて良かった。チュチュミーが割れて記憶戻り敵化とかじゃなくて本当によかった。
    14話でもチュチュミーと言ってくれましたしね。

    14話でマスク大尉が初めて作戦らしい作戦を成功させましたね、サクセス開始かね。



    14話で登場したリンゴ・ロン・ジャマノッタが物語のピースになりそうですね。


    リンゴはGセルフを観て「内にあった試作機じゃ」と呟いてます。何でボツ機になったのか、レイハントンとは何なのか、アイーダとベルリが兄弟なのも含めて16話で話されそうですね。

     リンゴはGセルフに乗っているベルリに対して銃を捨てて降参をしました。逃げようとしたら逃げれる状態だったのに動かなかったんですよ。そしてリンゴは「スコード」と呟きながら祈ってました。宇宙側にもスコード教を自教としてる人をこのタイミングで出すっていう。冨野監督はこうゆうの出すの本当上手いですよね。
     15話でのリンゴとラライヤの会話「レジスタンスの仲間だったのかよう」「南リングは私の田舎ですよ」っていう何気ない会話でチラチラと出てくる単語がくすぐりますよね。

    14・15話でのエルモランの戦いぶりを観ていると、トワサンガ側はそこまで強く無いようですね。技術は宇宙側のが上でも実戦経験は地球側の方が高い、だから付け焼刃で戦力増やしてもミックやクリムが無双出来るんですね。 ベルリが敵を落とす時に手加減して死なないように落としてますね。不殺を貫くのかと思えば、死ぬなよと言いながらドンドンと撃っていく様は好きです。死ぬなよって言って自分で言い聞かせてる感じですね。



    マニィのすれ違い
    クンパ大佐とマスク大尉の話の中でマスクは「ここで暗殺すればいいだけのでしょう」と言っています。それに対しクンパ大佐は政治的な面で話を纏めようとしてました。この場に居たマニィはマスクの知らない面をみて動揺します。場所は変わってその後の戦艦でマスクはマニィの事を思って「マニィ ちょっと危険な作戦を実行することになる。なるべく艦内深くに隠れていろ」と声をかけます。その後にマスクはパララとMSの方へ行きます。それをみてマニィは自分は役立たずだと、早くパイロットになれるようにならなきゃと思う。 
    このすれ違い、テンプレだけれども、これから何が起きてもドラマが生まれる展開ですよ。今後のマニィの動きに注目ですね。ただマニィがパイロットにならなくても何か行動を起こしたらそれがマニィとマスクの死亡フラグに繋がりそうでならない。今後のサブタイトルにも注目ですね、新部隊って単語出たらマニィ絶対居ますぜ。


    気になったシーン

    14話で新しくアイキャッチ増えましたね、ラライヤが元気に動き回ってるのが可愛くって。



    15話のベルリのシャワーシーン、無重力下でシャワーを浴びると窒息するって事をシッカリと分かっていて描いてる表現でしたね。このシーンはすごく感心しました。
    SFで細かいところまで作り込まれているのを見るとニヤニヤしてしまいますね。



    15話のニュータイプの話が出たときはゾクッとしましたね、ただ今作ではNTは出さないって話なので出るとしたら疑似NTを作り出すって話でありそう。
    あり得そうなのはレコンギスタ作戦に組み込まれるか、アイーダ,ベルリに見られたアイギスサイン、レイハントンコードが関わり合うかなと考えてます。




    このシーンが映った時鳥肌がブワって立ちました。なんですかのこ造形、ワクワクするに決まってるじゃないですか。テンションがダダ上がりですよ。




    今回の話で見られたけど、Gレコの男は基本的に女に煽てられて戦ってるように感じられる。



    このシーンのラライヤの恰好が堪らなく好き。


    感想
    早く来週の話が観たくて仕方ない、16話の予告でベルリとアイーダが姉弟だというのが確定っぽいですね、レイハントンの話も出そうですし16話は話が動く大事な回になりそうですね。

    正月は何度もGレコ見直しましたよ、こんなに見直しても飽きないアニメは久しぶりです。
    ワクワクは止まらない。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。