詩人と「歌い手」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

詩人と「歌い手」

2015-05-19 20:57
  • 1



詩人になるために必要な事は

ただ一つ勇気があればいい

そんな事を僕は

この冬の夜に思います


もし、現代に中原中也がいて

インターネット上に詩を載せていたら

彼は今のように

有名になれただろうか?


…僕は無理だと思いますね、実際

何せ、世の中が欲しているのは

沈黙に似た美しさではなく

ただ、騒がしさ

それも世の中の人間にとって有益であるという

見かけを伴った騒がしさ

ただ、それだけしか望まれていないのですから


だから、現代の中原中也は

やっぱりあの当時と同じように

孤独にどこかの往来をぶらついているのでしょう

…僕はそういう気がしてならないのですが


そしてそんな詩人が一人で

病にかかって死にかけている頃

ニコニコ動画のランキングでは

「歌い手」達がみなさんから喝采を浴びているのでした


広告
×
世の中、素晴らしいものが評価される確率は低いですよ。

だって、評価する側が馬鹿しかいなかったら、
馬鹿はバカを評価しますよね。
それが、今の躍り手だの、歌い手だの、実況主、です。

用地なお遊戯会じゃ、しょせんそんなレベルなんですよ。

で、本当に優れた人などは、その時代に対して、革新的、独創的な事が多く、まず理解されません。

なので、死後とか、時間がたってやーっと、評価されるんです。

良いものは、評価されるのに時間がかかります。

大衆向けの薄味で底のない、愚鈍なものは、
すぐ評価され、そして消えていきます。

ま、私が好きで書いてる作品より、
わざとバカ向けに書いた作品が評価される現実を見て、
至った答えですよ。
64ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。