ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • FF1を初見プレイしてみて

    2021-05-06 21:56





    どうもこんにちわ!

    ヤマダラヂオと申します!

    今回は現在プレイしている
    「ファイナルファンタジー1」について
    思いを書いていこうと思います。

    あまり文章に表すのは得意ではないですが、
    自分なりに頑張っていきます!

    よろしくお願いします!

    [ジョブ選び]



    今までにSFCで言うと4,5,6はプレイしたことが
    あるのですが1,2,3は本当に初めてでしかも
    1からジョブ選びがあるとは思いもしませんでした。

    説明書を持っていないので何が正解かという判断も
    出来ないまま選ぶことになりました(笑)

    そのまま町に入る方法も見つからずGameoverに
    なりもう一度選びなおし今使っている
    戦士、シーフ、モンク、白魔導士という
    物凄くアンバランスなパーティとなってしまいましたw

    序盤から戦力となるのは戦士のみということで、
    戦闘を一回終わらせるのに物凄い時間と労力を使いました。
    「本当にこのままで全クリまで行けるのだろうか」
    と不安だらけでしたが途中から状況が一変します。

    なんとモンクがとうとう素手の攻撃力が武器を上回り
    戦力が大幅に強化されました!
    このへんからFF1の面白さを実感するようになります。

    [アストス]



    まさかの不意打ち。
    「アストスにだまされこの城も荒れ果ててしまった」
    と最初は言っていた王様にお目当てのクラウンを渡すと
    「ワシこそダークエルフのおうアストスだ!」
    とか言いながらいきなり戦闘が始まるという鬼畜仕様www

    しかもいざ戦ってみると攻撃が通らないこと通らないこと・・・。
    開幕デスプラス全体魔法の嵐。
    これはもうここで詰みだと言われてるような気がしました^^;

    でもやってみるものですね。
    無駄にレベル上げ好き(方向音痴なだけ)なボクは、
    火力は高かったようです♪
    もう駄目かと思いながらも必死に攻撃していたら
    倒すことに成功しました!!

    あとで調べてみたら事実上最強ボスといっても
    過言ではないらしいですね。
    もしこれからやる方がいるならこのアストスには
    とにかく気をつけてほしいです・・・。

    [独特のBGM]



    プレイしていて一番引き込まれるのって
    やっぱりあの独特のBGMなんですよね。

    この頃のスペックでここまでのクオリティを出せるのって
    本当に凄いと思います。
    むしろ現代のものよりもいいのでは?
    と思ってしまうほど・・・(笑)

    個人的にダンジョンの曲が一番好みです♪
    特に沼地の洞窟などの音楽は「もうラスト?」
    と思ってしまうほど気合が入ってます!

    [クラスチェンジ]



    RPGゲーの醍醐味でもありますよね。
    行うことによって装備出来るものや
    使える魔法が増えていきプレイする楽しみが増えます。

    驚いたのは見た目ですね。
    いきなり年齢が一回り増えて見事な逆三角形にw

    自分が元々プレイし始めたのは4からなので、
    こういう変化があるのは全く知りませんでした。

    見た目もなかなかに格好良いので、
    当時のプレイヤー達はここでテンション上がった方が
    多いのではないでしょうか♪

    [恐怖の連続カオス]


    リッチ、マリリス、クラーケン、ティアマット。
    今まで倒したボス達が再び襲い掛かってきます。
    しかも今度は前回よりもパワーアップして、
    階を降りるごとに一体ずつ戦うことに。。。

    ラスボス前にこれだけでもキツいのですが、
    ボクは三体目のスルメちゃん(クラーケン)により
    大きなものを失ってしまうことになります。


    なんと白魔道士が逝ってしまわれる事態にw
    さらにその後何も知らず下になるマサムネを取りに行き
    その状態でもう一度戦うことに(笑)
    この作品にはフェニックスの尾が無いので
    復活手段がありません。
    さあどうしましょう?(;;)

    ここで泣かされた方々・・・・心中お察し致しますwww

    [最後に]

    ・この時代にしては珍しいジョブ選び
    ・事実上最強のアストス
    ・テンションブチ上げBGM
    ・後半に来てからのジョブ強化
    ・四体連続カオス軍団

    まとめるとこんな感じでしょうか?

    細かく言えばキリが無いので簡潔に
    書かせていただきましたが、
    このゲームは本当にやり込み度が
    あってRPG好きな方にとっては
    嬉しいクオリティとなっております!

    色々大変な目に遭っても奇跡的に
    生還してきたボクですが、
    ラスボスもまた奇跡が起こりました(笑)

    今後もFFシリーズを初見プレイしていく
    予定ですのでお楽しみに!

    最後まで拝読いただき
    ありがとうございました!!



  • 広告
  • ドラゴンクエストⅠを初見でプレイしてみて act,2

    2021-03-28 15:51

    どうもこんにちわ!
    ヤマダラヂオと申します!

    今回はドラクエ1をプレイしてみた
    感想になります!

    本当はもう少し細かくやっていく
    予定だったのですが、
    いつの間にか終わってしまって
    ましたね(笑)

    よろしくお願いします!


    ・[気楽に出来る一人旅]







    ドラクエ1は他と違って一人だけで旅するんですよね。
    これだけ聞くと「難しすぎる!」って思う人が多いと
    思いますが、案外そうでもないんですよ。

    敵は必ず一匹だしなにより仲間の残りHPとか装備とか
    一切気にせず勇者一人のことだけ考えてればいいので、
    楽なんです♪

    むしろこのスタイルの方が精神的ストレスは少ないのではと
    個人的には思いますね。

    (でも強いてあげればMPはもう少し欲しかったですw)


    ・[洞窟の緊張感]






    RPGゲームでは大体お馴染みの洞窟探索。
    FC版ドラクエを初見プレイなせいか、
    洞窟内での視界とBGMもあってか緊張感というか
    プレッシャー凄いですよね(笑)

    下に行けば下に行くほど後戻り出来なくなってくる感じが
    段々先へ進むことへの恐怖感が大きくなっていくんですw

    それからの抜けた時の開放感といったらまあ眩しいこと。
    よく考えられてるシステムだと思います♪

    ・[かげのきし]







    一体どういう考えでこの敵キャラを作ったのか、
    出会った時は理解不能でしたw

    レベルの上がり装備も整ってきたので自信がついてきたところに
    こんな落とし穴があるとは思いませんでした。

    やけに攻撃をかわすなと思ってクリア後に調べてみると
    回避率がなんと1/4だとかwwwどうりで^^;

    多分橋を渡った後にこの絶望感を味わったプレイヤーは
    数知れないと思います。

    この後のゴーレム戦もなかなかに辛かったですが、
    それよりも群を抜いてこのモンスターには
    心を折られそうになりました。



    ・[ラダトーム城の地下、ガライの墓、ロトのしるし]






    このゲームを始めてから大きな壁となりました。
    「あまぐもの杖」は「銀の竪琴」がないと貰えない。
    「銀の竪琴」はガライの墓にあると言われてガライの町に行っても、
    全く場所がわからないというw

    もう一つラダトーム城の地下・・・。
    これに関しては完全にノーヒントですよね?
    まさかあんな場所にあるとは思いもしませんでした(笑)

    そしてトドメの一撃の「ロトのしるし」。
    北に70西に20という宇宙人の言葉みたいな暗号を頼りに
    探していたらいつの間にかレベル19になっていました^^;

    まあこれに関してはローラ姫を見捨てる気満々だった
    ボクが悪いんですけどね♪
    だってどこからどう見ても地蔵にしか見えないですよ!
    その証拠に生配信見ていた方は知っているかもしれませんが、
    地蔵の周りをずっと調べていますwww

    でもこういう隠し要素があるからこそ
    楽しみが出来てワクワクするんですよね♪

    ・[りゅうおう]





    流れで三戦することになりましたが、
    実際ラスボスとしての演出は完璧でした!

    しかも第二形態の強いこと強いことw
    自分の攻撃が(ロトの剣持ってないLv18)
    4しか食らわなかった時はどうしようかと思いました(笑)

    正直ずっと見守ってくれてた方々の助けが無ければ
    もっと時間のかかっていた相手でした。

    本当に感謝しております!

    生配信は終了してしまいましたが、
    少し気になるネタもあるので
    もう一度対峙することになると思います♪

    [最後に]

    最初から最後まで見守ってくれた方々に本当に感謝です♪

    こんな下手くそなボクでもクリアすることが出来ました♪

    そしてこのシリーズに対する愛情も強くなり、

    現在は女神転生とFF1をやっていますが、

    このどちらか終わり次第ドラクエ2もやっていくので

    またご覧いただけると幸いです!

    最後まで読んでいただきありがとうございました!


  • ボクが無言配信をする理由

    2021-03-22 18:11

    どうもこんにちわ!

    ヤマダラヂオと申します!

    今回は何故ボクが無言の配信を

    しているか、理由を述べます。


    1.「自分の頭で答えを出してほしいから」



    普通の生配信って実況者が話しながら、
    ゲームを進めていきますよね。
    色々なリアクションをしてくれたり、
    難しい難題を解いてくれたり
    楽しいですよね。

    でもそれって実況者が答えを言って
    しまってるんです。

    例えば実況者が「ここは真っ直ぐ進むのが正解!」
    って言ったらその人のファンはそれが正解だと
    思ってしまうんです。

    勿論それが間違っているわけではなく、
    自然な形だと思います。

    しかしボクは偏屈なので、
    逆の考え方になりました。

    本来声を出すものに対してあえて声出さないことで
    視聴者の方々に自分の頭で考えたりして
    楽しんでもらうことが出来るのでは
    ないかと思いました。

    いや!それは引き返すべきだろ!

    この順番で行った方が効率良いのでは?

    などなど、つまらないTV番組みたいに
    答えを画面の中の人間が決めるのではなく、
    出来るだけ視聴者が決めることが出来る形を
    大事にしていこうと思い始めることになりました。

    2.「BGM、声」



    簡潔に言うともっとゲームの中身を
    楽しんでほしいんです。

    例えばあるゲーム作品の話なのですが、
    あるイベントの時に歌を歌うシーンがあって、
    じっくり聴いていると何故か幼少期を思い出して
    しまうような気持ちになり心がとても安らぐんです。

    しかし、そんな大事なシーンなのに
    雑談やおふざけが入ってしまい
    作品の価値がわからなくなってしまう時が
    視聴者の立場から見て多々あります。

    喋ることが絶対に間違っているわけではないですが、
    ボクは出来ればもっと聴いてほしいんですよね。

    ゲーム製作者の方々が寝る間も惜しんで
    練りに練ったクオリティをしっかりと
    五感で感じ取ってほしいんです!



    最後にまとめると、

    ・視聴者さんにもっと頭を使って楽しんでほしい
    ・五感で作品の価値を感じてほしい

    というのが無言配信をする理由です。

    色々言ってしまいましたが、
    これはボクのプレゼンのようなものだと
    思ってください(笑)
    ボク自身も好きな実況者さんも沢山います♪

    その方達の実況聞いてるだけで癒されるし、
    モチベも上がったりします。

    なのでボクが言っていたことは、
    頭の片隅にでも閉まってもらって
    ご自分の好きな実況者さんを大切にしてください^^

    最後まで読んでいただきありがとうございました!