• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

  • 【第273号】かこさとしの「メニューメソッド」

    2020-01-20 07:00
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第273号 2020/1/20

    磯野家の謎解き

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    8ef8f1d7a3c1a08cef8f4bafeed9a17ff9043e40

    先日放送された「日曜美術館」かこさとしの回が素晴らしくて何回も観てる。


    かこさとし先生は絵本作家で、代表作は「カラスのパン屋さん」「だるまちゃんとてんぐちゃん」など。

    もちろん僕も読んでいたし、絶望に効くクスリのインタビューの候補にも上がっていた人だ。


    世代的には水木しげる先生や森毅先生なんかと同じくらいだと思う。


    この世代は学生時代に戦争があって、みんな酷い目にあっている。


    かこさんもまた「軍国少年」として教育(洗脳)され、お国のために死ぬつもりだったという。


    戦後になって大人たちは、そんな時代の事などなかったかのように欧米を称え、お金儲けに走った。


    そんな大人達と自分自身が許せなかったかこ先生は、会社勤めの傍でボランティアで紙芝居などを作り近くの子供たちを喜ばせていたという。


    戦争中の過ちを償うために、まっさらな子供達に「大事なこと」を伝える事を誓ったのだ。


    そんな流れでかこさんは絵本作家になるのだ。




    【大事なこととは?】


    かこさとし作品には押し付けがましいメッセージはない。


    多くの作品が「いっぱいあるね」と「仲良しはいいね」っていう絵本なのだ。


    なんて素敵なんだと思う。


    てんぐちゃんのうちわに興味を持っただるまちゃんに何種類ものうちわを並べて見せたり、カラスのパン屋さんは何十種類もの色々なパンを見せてくれる。


    かこさんの世界は「いっぱい」が溢れている。


    色々なものの仕組みを伝える「科学絵本」のシリーズでも本当に沢山の情報が詰まっている。


    もう1つ共通しているのは、かこさとし絵本に出てくるものたちはみんな「楽しそう」で「仲良し」だという事だ。多少の例外はあるかもしれないけど、ほとんどのキャラが仲良く笑っている。


    かこさんが伝えているのは、「色々あるよ」「いっぱいあるよ」と、「仲良しは楽しいよ」ということだと思う。


    かこ先生の伝え方は「こうしなさい」とか「これしかない」という軍事教練的なものとは真逆の「好きなのどうぞ」と「沢山のメニュー」を差し出す方法なのだ。




    【僕の先生時代】


    何度か書いたもしれないけど、僕も子供達に絵を教えていた事がある。


    当時23歳で漫画が売れず、家賃も払えなかった僕は「絵画教室の先生ならやれるかも」と、子供相手の絵の先生を引き受けた。


    ギャラは安く負担は大きい仕事だったけど、子供たちに美術を伝える事ができるので本気で頑張った。

     
  • 【第272号】磯野家の謎解き

    2020-01-15 07:001
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第272号 2020/1/15

    磯野家の謎解き

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    3a8208ba3a23ce834ac0ecc37228f72fd634d4df

    【九州とは何か?】


    今週のヤンサンは「九州での初イベント」に行ってまいりました。


    せっかくの「九州初イベント」なので、九州出身の作家やミュージシャンの考察から「九州とは何か?」というテーマを掘り下げようという話になりまして・・


    とはいえ僕は鹿児島県にしか行った事がなかったので、九州を語ろうにも「勝手な思い込み」が入るに決まってます。



    『これは下手すると自分の中の「妄想の九州像」を、九州の人達の前で偉そうに語る変な人になってしまうかも!』


    なんて思ってたんですが、考えてみれば目の前に九州のみなさんがいるので、遠慮なく「これ合ってます?」とか聞けばいいわけで・・


    逆にやりやすいじゃん!!


    と覚悟を決めて「なぜ九州は美輪明宏と松田聖子を生み出したのか?」とか「九州にはなぜ『ボス』が多いのか?」とか「イケメンデフォルト(フミヤと福山)の発生」とか「銀河鉄道999は『博多初』だった」とか「こんな九州弁で口説かれたい(byしみちゃん)」などなど、色々話しました。


    (この模様は今週のヤンサンでお届けします)




    その中で「サザエさんからクッキングパパへ」というくだりがありまして。


    九州出身の長谷川町子さんが生んだ「サザエさんのお父さんは九州男児だろう」とか語ってまして。


    サザエさんに関しては昔のヤンサンで少し語った事もあるし、この手の分析は昔から多くの人がやっていたので、今更かとは思うのですが、今回それをふまえつつ、あえてこの話をしたいと思います。



    【九州男児波平】


    サザエさんは「昭和の普通の家庭」みたいに思われがちですが、なかなか個性的な家族に思える。


    『封建的なお父さん(波平)と上手くやりつつ、従順な夫(マスオ)と結婚し、実家で暮らすサザエさん』

    この家族像は、苦労が多かった戦争前後の時代の「女性の夢」だったのではないかと思える。


    そんな磯野家は、封建的な男を立てながら実は全てを女が操っているように見える。


    この辺の真相は長谷川町子さん本人のエッセイなどを読むと作者自身がどう考えていたかを知る事ができるのだけど「本当は女が主役の磯野家」という説は、そんなに外れてはいないと思う。


    しかもサザエさん母子は「頑固で威張ってる男」を笑いつつも、敬愛してもいて、実にバランスがとれている。



    【頑固男の取り扱いマニュアル】


    「サザエさん」を九州における「男の取り扱い方法の書」という目線で見ると「サザエさん」はもう名前からして面白い。


    頑固な「波平さん」は「波」と「平」という名前。

    「感情的な波」はあるけど「平和」に暮らす、という意味にもとれる。


    感情的になるけど家庭を捨てたりはしない波平。


    そしてその妻は「フネ」


    他のキャラが海の生き物なのに「舟」なのは、旦那の「波」に逆らわずに「波に乗っていく舟」という事だろう。


    この辺り、長谷川町子先生が計算してつけたとしたら凄い。



    サザエさんの夫が「マスオ」なのも興味深い。

    マスは川魚。海の魚ではない。川は海より穏やかだ。


    父親より穏やかな男を選んだ方が良いと、名前で示してるのだろうか?


    この調子で深読みすると「サザエ」という生き物は「トゲ付きの殻」で自分を守っている。


    殻とは何だ?「実家」なのか?!!


    ワカメは波に逆らわずに漂い、回遊魚のカツオはいずれ外の世界に出て、どこかの女に「一本釣り」されるのだろうか?


    うーーん・・勝手な読みが止まらない・・



    【九州男児の変化】


    サザエさんに限らず、九州はイタリアと同じ「母権社会」で、そのたくましい「母」によって支えられてきたのは明らかだろう。


    確かに女性は強いかもしれないけど、弱い女もいるだろうし、男に愛想を尽かす女性もいると思う。


    実際、長谷川町子さんは男に何かを期待せず、独身のまま漫画家を続けた。

    昔ながらの「波平男」は見限られ、サザエさんは「マスオ」を選び、時代は松田聖子に見られる「自由な女の時代」になっていく。


    「このまま九州男児は滅ぶのか?」と思いきや、今度は九州男児のうえやまとち先生の「クッキングパパ」が登場した。

     
  • 【第271号】観客に媚びると(スターウォーズ9への本音)

    2020-01-06 07:001
    220pt
    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
    山田玲司のヤングサンデー 第271号 2020/1/6

    観客に媚びると(スターウォーズ9への本音)

    ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

    7a470cea4ef1478a11433c7089291c0abbb90b90


    あけましておめでとうございます。


    お元気ですか?山田玲司です。


    今年最初のメルマガで、本当は「ご機嫌100%」でご挨拶したかったのですが、新年早々イランとアメリカの件で世界情勢が恐ろしく緊迫しておりまして、暗澹たる気分でこれを書いてます。



    正月の僕と言えば、大好きなスターウォーズを年明け早々にみんなと語れる事に喜びを感じながら放送の準備をしてました。


    スターウォーズシリーズは「圧倒的な巨大組織」が出てきて人々の「自由」を奪います。

    支配された者達は、モノクロの戦闘服を着せられ、名前も奪われナンバーで呼ばれます。


    そんな「全体主義の暗黒世界」から「自由な世界」を取り戻す「少数派」の物語です。


    「圧倒的な巨大組織」と言えば今シリーズの製作をしているディズニーが重なるし、それと戦う脱走兵のフィンはどうしても監督のJJとライアンが重なります。


    GAFAなどの巨大企業と「富裕層に飼われた政府」に支配されている「今の人達」もフィン達に重なります。


    スターウォーズ新3部作の主人公は「頼れる親もなく、お金もなく、行動するしか選択肢のない若者達」でした。


    これは監督の立場にも重なるし、観ている普通の人達にも重なります。


    JJやらライアン監督はすでに結果を出した有名監督なので、フィン達のように後がない一般庶民ではない、と言う人もいるでしょう。


    でもフリーランスの僕には、彼らも同じ「保証のない不安な立場」である事がよくわかります。


    あの世界的監督の黒澤明ですら予算が下りず、映画を撮れない「失業監督」になるのが「フリーランス」の世界だからです。


    一方で僕は「大手の出版社」と長く仕事をしていたので、「大手だからこそできる事」と、「大手だからこそできない事」を知っています。

    そしてどんな妥協や修正を受けても最終的には自分の仕事として世の中に出され、その責任を一生背負う事になる事も体験済です。


    スターウォーズ新三部作を観ていて感じたのは、果てしない「ダメ出し」と「納得の行かない変更」の連続と戦ってきた多くのクリエイターの試行錯誤でした。


    失敗して、泣きながら走る、汗まみれの(新作)主人公達のジタバタする様は、そのまま「現場のクリエイターの戦い」に見えたのです。


    それは大手出版社で戦ってきた僕自身の姿でもあります。


    結果的に出来上がった映画「スターウォーズ新3部作」は、ツギハギだらけで、いびつで、整合性の欠けるものでしたが、その1シーン1シーンにクリエイターたちがその時の自分の全てをぶつけていて、物凄いパワーで溢れていました。


    スターウォーズという「枠」の中で限界まで攻めた絵造りをしていたし、エンターテインメントとしての完成度は素晴らしいものでした。

    7262c12efe7daa66e75551f12de7a01f0f1ef891


    【何を伝えたのか】