• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第192号】自分の中にいる「誰か」を見えるようにする(寺山修司と山田玲司)

    2018-06-25 07:00  
    220pt
    中には「1日のほとんどを何も考えないで生きています」という強者もいるかもしれないけれど、人間てのは誰かの話を聞いている時でさえ「自分」と話している生き物だと思う。
    それは「自分A」と「自分B」の対話である場合もあるし、「あの時の自分」とか「あの時の風景」
    「あの時の後悔」などの「自分アーカイブ」と対話している事もある。
    「何であいつばっかりいい思いしてんだろう、自分はこんなに頑張ってるのに・・」
    なんていう「問い」にも、答えているのはやはり「自分」だ。
    1人でいるのに疲れるのはこういう状態ばかりが続いてしまう時だ。