• このエントリーをはてなブックマークに追加

今なら、継続入会で月額会員費が1ヶ月分無料!

記事 1件
  • 山田玲司のヤングサンデー 【第143号】「非属の才能」と、書店員X

    2017-07-10 07:00  
    220pt
    才能のある人は、どこにも属せない
    だから孤独だし、迫害にあうし、いじめにもあうものです。」
    なんて事を書いた本が「非属の才能」でした。
    この本を出したのは今から10年前の2007年。
    我らが「カッキー」こと、コルクの柿内君と初めて組んで出した、僕の初の新書でした。
    当時まだ、そこそこ尖っていた僕と、今も尖っているけど、当時は更に尖っていたカッキーとのコンビで作った本です。
    なので、今読むと「おいおい、これは言い過ぎだろ(笑)」という文章が次々に出てきます。