【あとがき】水本ゆかりの名水探訪 山梨編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【あとがき】水本ゆかりの名水探訪 山梨編

2019-01-17 20:02
    アイマスと旅をかけあわせた「旅m@s」というジャンル、
    挑戦するのは初めてでしたが、思った以上に大変な作業でした。

    というのも、ノベル系の動画を作るの初めてだったんですよね。

    先人たちの動画を参考にしながら探り探りやっていたので、
    一話ごとにちょっとずつフォーマットが変わっています。
    最終話ともなると、さすがに慣れてきたため、
    初回に比べてずいぶん見やすくなっている……はずです。


    旅m@sをやってみて気づいたこと
    ①スマホのカメラ性能って意外とスゴい
    実は、旅は好きなんですが、写真撮るタイプではなかったんです。
    なのでこれまであまり気にしてなかったんですが、実際に撮ってみてびっくり。
    写真も動画も思ってた以上に綺麗に撮れる!

    ただあまりカメラを使ってこなかったため、
    撮るのが下手だったり機能を把握していなかったり。
    特に動画の手ぶれがけっこう気になっていたのですが、
    「インテリジェントアクティブ」という
    めちゃくちゃ手ぶれ補正してくれるモードの存在を全部終わってから知りました。

    (後で試し撮りしてみて、その補正の優秀さに驚愕した。マジで全然ぶれない)

    ②メッセージ音をつけるのはやめた方が良い
    テキストを表示するときの「ポポポポ」っていうメッセージ音。
    その方が雰囲気出るかなと思って何の気なしにつけてみたのですが、
    これが マ ジ で 面倒くさい!
    5分とか、せいぜい10分くらいの動画なら耐えられるんですが、
    4話は25分あったので、最後にメッセージ音をつけていく工程(ぜんぶ手作業)で発狂していました。
    もう二度とつけないぞ。

    ③アイドルへの理解が深まる
    「こんな時、どんなこと喋るかな?」を常に考えることになるので、
    自分の中のアイドル像がかなり明確になりました。
    これはかなり大きなポイントで、キャラクターの動かし方が分かる様になるんですよね。
    今後の動画で活かせるといいなあと思います。


    各話の振り返り
    せっかくなので「名水探訪 山梨編」の4話振り返ってみようと思います。

    ①第一話「"食べる水"を求めて」


    名水探訪を名乗っておきながら、
    桃食って信玄餅食ってと一カ所も名水を訪れていない第一話。
    オープニングを作るためだけにぷちゆかりの歩きモーションを切り抜きましたが、
    普通に移動シーンでも使えるのでとても便利でした。

    金精軒の水信玄餅はけっこう待つことになりますが、
    周囲を散策していればそれほどヒマにはならないと思います。
    金精軒の向かいにある酒蔵の七賢もお勧めですよ。

    ②第二話「湧水館の罠」


    道中でたまたま通りがかった
    「身曾岐神社」や「シミック八ヶ岳薬用植物園」にも立ち寄りました。
    動画中で少し触れた身曾岐神社の「御神水拝受の儀」は15分ほど。
    5Lのポリタンクで頂けます。初穂料5千円から。

    そして湧水館に閉じ込められたのは ガ チ です。
    湧水館に長居してしまったので、
    もう帰ったものと思われたんでしょうね。
    (普段よっぽどお客さん少ないのか……?)

    ③第三話「森の中へようこそ


    湧水館からの脱出劇から始まる第三話。
    破壊行為はもちろんフィクションで、
    実際は他の出口がないか探し回っていた際、
    たまたま裏口が開いていて出ることが出来ました。

    富士山といえば北側の樹海エリアが有名ですが、
    南東の原野も素晴らしい眺めです。
    南側なので晴れた日には最高の景色が待っていますよ。
    (ただ山梨県ではなく静岡側になります)

    ④最終話「もう一度、ここから」


    作る前は15分以内に納めようと思ってたのに、ほぼ25分になりました。
    いえ、分かっているんですよ。あんまり長いと見る側も大変だって。
    これでもかなり省いて削って短くなったんです。

    2パートに分けることも考えたんですが、
    昼食と忍野八海で分けてしまうと、
    昼食の方は完全に名水要素ゼロになってしまって……。

    ともあれ、ストーリー自体は綺麗にまとまったんじゃないでしょうか。
    ラストシーンの彼女の台詞は、初期(2012年)のRである[純粋奏者]を拾いました。
    二人が旅を通じて初心を思い出し、改めてトップアイドルを目指すという流れですね。

    ⑤次回以降
    また折を見て作ってみたいです。
    今度はゲストを迎えてみるのもいいかもしれませんね。

    長らくお付き合いありがとうございました。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。