• [Minecraft] 3DTextureの作成方法#準備編

    2015-11-10 18:46
    初版 2015/11/10
    誤字修正 2015/11/14

    このブログでは主に「BDcraft Cubik PRO」というツールを使用したminecraftの3Dテクスチャの作り方を解説していきます。
    ツールの購入方法につきましてはこちらの方の記事がおすすめです→コマナズさんの記事へ
    またminecraft 〈version1.8〉〈version1.8.1〉では3Dテクスチャがバグってしまいます
    ですのでテクスチャを作成しminecraftで確認する際は1.8.2以上推奨です
    <参考画像>



    ①3Dテクスチャ作成可能ソフト
    上記の通りminecraftの3Dテクスチャを作るツールは探せばいくらでもありますし時間と労力
    はすごくかかりますがテキストエディタに手書きするという方法もあります
    そしてBDcraftは無料版と有料版があり無料版は使用可能なキューブの数が6つなので細かいモデルを作成する際は他のツールまたはBDcraftの有料版を購入することをお勧めします
    BDcraftは非常に使いやすいですが細かい設定が難しいので正確なモデルを作りたい場合はBlender,opl's Model Creator,MrCrayfish's Model Creatorなどがおすすめです
    しかしテクスチャを張り付けUVMAPPINGを指定する場合BDcraftの方が便利だったりします
    要は自分に合ったツールを見つけることができれば一番いいということですね!

    ②リソースパックフォルダの作成

    テクスチャを作っていく中でこの作業がないと何も始まりません
    知っている方が大半だと思いますがリソースパックとはマインクラフトのブロックやアイテムの外観を変更することが可能で
    Users/AppData/Roaming/.minecraft/resourcepacks/○○
    この階層にフォルダが入っており、自作したり他の人が作ったリソースパックを入れることができます
    ※作者はwindows8.1を使用していますosの違うパソコンでは階層が違うかもしれません
    今までは2D画像しか編集ができませんでしたが
    version1.8からリソースパックに[model][blockstates]などのフォルダが追加されたことによりJSONファイルを使用し3Dテクスチャを作成することが可能になりました

    ....とだらだら説明するのはここで終わりにしてリソースパックフォルダを作成しましょう
    1.まずは上記にも記してあるリソースパックがある階層まで行き右クリック新規作成でフォルダを作成しましょう
    Users/AppData/Roaming/.minecraft/resourcepacks/ここ!
    2.さらに自分が作ったフォルダの中にフォルダを下の画像のように追加していきます
    <参考画像>



    textures/blocks
    textures/items     この二つのフォルダにはモデルに張り付ける画像を入れます
                .minecraft/versions/このフォルダからバニラのテクスチャを
                解凍していれるか自作する、またはフリー素材を入れるといい
                でしょう

    上記に沿ったファイルをDLできるようにしたので面倒くさい人はこちらへ

    以上で[Minecraft] 3DTextureの作成方法#準備編を終わります
    次回からはツールまたはJOSN(3Dmodelの中身)について説明します



  • 広告