【Minecraft】カボチャ・スイカ自動回収施設の作り方
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

【Minecraft】カボチャ・スイカ自動回収施設の作り方

2019-06-19 12:23



    カボチャ・スイカの自動回収施設は、オブザーバー型と日照センサー型が有名ですが、今回はオブザーバー型で作りました。

    オブザーバー型にもいろいろありますが、サバイバルでまだ大量にオブザーバーや粘着ピストンを用意できない時でも作れるように、最高効率を目指すのではなくまだ準備しやすい構造を考えました。また回収方法も、回収時にだけホッパー付きトロッコを動かす方法をとります。(常にうるさいのイヤなので)


    ○チェスト周りの制作○



    アイテム回収用のチェストを設置。チェストに向かってホッパーを設置します。



    ホッパーの上にパワードレール、両サイドにブロックを図のように設置、レールを伸ばします。


    ホッパー横のブロックで、レールが設置されてない方のブロックをひとつ壊し、ホッパーから向かって左向きにコンパレーターを設置します。


    コンパレーターの先にブロック、レッドストーントーチを図のように設置します。

    レッドストーントーチをつけたブロックの上にリピーターを設置。向きはホッパーの方へ、遅延は無しです。

    これで、アイテムを回収してきたホッパー付きトロッコ内に「アイテムがまだ残っている時⇒パワードレールがOFF」、「アイテムがなくなると⇒パワードレールがON」になるようになります。要するに、アイテムをチェストに入れると、ホッパー付きトロッコは元の位置に戻っていくわけです。

    ○レール・メイン施設の制作○



    レールを図のように伸ばします。幅は7マスにして下さい。奥行きは畑のサイズになります。今回は5個×2列で作りますので、奥行きは5個+レール分1マスです。お好みで設定してください。

    レッドストーントーチをバワードレールの横に3か所設置していますが、レッドストーンに余裕がある場合、パワードレールの下のブロックをレッドストーンブロックに置き換えた方がすっきりするかもしれません。また、畑の面積を大きくした場合、レールの距離に合わせてパワードレールを増やしてください。



    真ん中にブロックを1列設置し、その一段上の両サイドに土を3列ずつ設置します。



    図のように土の間の列の両サイドにブロックを設置し、水源を設置します。



    水の上をブロックでふさぎ、その上にレッドストーンを設置、両サイドにピストンを設置します。



    オブザーバーを図の位置に設置します。向きに注意してください。
    このままレッドストーンと回路を繋げてもピストンは動くのですが、永久に止まらなくなってしまうので、ここで一工夫します。



    オブザーバーの後ろに粘着ピストンを設置。



    粘着ピストンの前にオブザーバーを設置します。



    オブザーバーの斜め横にブロックを設置します。
    オブザーバーの横(粘着ピストンとは反対側)は必ず何も無い状態にしてください。

    ○ホッパー付きトロッコ発射装置制作○



    粘着ピストンの下に、下向きの粘着ピストンを設置します。



    下向きの粘着ピストンの2マス下にレッドストーンブロックを設置します。さらに、図のようにブロックを設置します。



    レッドストーンとリピーターを図のように設置。リピーターを2回右クリックして遅延させます。リピーターの先にブロックをひとつ設置します。



    レールを図のように伸ばし、つなげます。



    パワードレールの上にホッパー付きトロッコを設置します。

    オブザーバーとパワードレールを直接レッドストーン回路で繋いでも信号は届くのですが、一瞬過ぎるせいなのかトロッコはピクッと動くだけでうまく発射できず。色々な記事を参考にし、リピーターの遅延を使う方法に辿り着きました。

    ○畑周りの整備○



    土の周囲をガラスで囲みます。(アイテムの飛び出し防止のためなので他のブロックでもOKです。)



    レール上の土を耕して種を植えればできあがりです!!!オブザーバーの前にカボチャやスイカが実ると装置が作動します。動作テストとして、オブザーバーの前に直接カボチャを設置しても作動します。

    ○あとがき○

    なかなかシンプルかつコンパクトに作れたかなと、かなり満足しています。しかし、一から全部自分で考えたのではなく、たくさんの記事や動画を参考にさせていただきました。少しでも制作のヒントになればと思い今回記事にしたのですが、ガチ勢ではないので質問が来たとしてもお答えできない可能性がありますのでご了承ください。

    間違い等ございましたらご報告お願いします。



    追記



    粘着ピストンとオブザーバーをひとつずつ減らした上の図でも作動します。アイテム回収方法や地形等に合わせて組み合わせてみて下さい。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。