ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

コーヒードリッパーと急須を廃止した
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

コーヒードリッパーと急須を廃止した

2013-07-19 10:03

    俺はコーヒーや茶が好きで、コーヒードリッパーやら急須を使っていただけど、現在購入してるコーヒー豆やお茶っ葉はあまり良いものではない。実に普通、本当に普通の製品である。
    まあ頑張って入れたら普通よりちょっと良い味がするけど、特筆すべき点などはない。何度も書くが普通の味だ。
    だから俺は普通に飲んでたんだけど、こんな普通のものに手間やらスペースを取り続けているという事実にイライラとしてきて、我慢ならなくなってしまったのでコーヒードリッパーと急須を廃止した。

    Untitled

    写真は捨てられた急須とドリッパーの姿、コーヒードリッパーと急須がないから、どうやってるかというと茶パックを使っています。

    Untitled

    これにコーヒー豆やらお茶っ葉を入れて、湯を注ぐと完成です。

    急須とドリッパーに比べて圧倒的によい点は、後片付けが楽という点です。味は急須やドリッパーで入れるのと比べると落ちるものの、コーヒー豆やお茶っ葉が良いものでなければ、気にならないレベル。少しだけましに入れるコツとしては、急須やドリッパーで入れる方法と同じで、湯の温度を工夫したり、蒸らしたりです。コーヒーであれば、下の写真のように、はじめちょっと湯を入れて、蓋をして蒸らす。UntitledUntitled

    こうすると多少は味がマシになります。下の写真は完成したコーヒーの姿です。

    Untitled

    これは不味くすることによって、楽にするという手法なんだけど、やっぱり譲れないラインとはあって、俺はコーヒー豆もお茶っ葉も冷凍で保存をしているし、コーヒー豆は挽きたてのものを飲む。
    こういったレベルを下げることが出来れば、さらに生活が軽量化できるものの、あまりやりすぎると、ずっと水飲んでりゃいいとかになりそうだし、この辺りの兼ね合いはなかなか難しい。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。