ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

チェストの普及について
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

チェストの普及について

2014-09-01 17:56
  • 3

チェストについて

日本にはチェストという気合が存在します。

集英社(コミック版)キン肉マン8 ゆでたまご

ジェロは全ての設定が曖昧ですからどうでもいいとして、チェストが積極的に使われる物語として有名なのは、イナズマンや空手バカ一代、最近の漫画だと日露戦争物語などでしょう。

このチェスト、一般的には鹿児島の示現流の掛け声だとされています。(諸説あり、陰之流のチェーが起原とも) 鹿児島では今でもスポーツ観戦の際に、『チェスト行けー』といった掛け声が用いられるそうです。

それではチェストが全国的に普及したのは、どの辺りの時代なのかというのが本日のお話です。

大正時代の事例

チェスト、明治大正の物語で何度か見た気がするのですが、探してみるとなかなか出てこない。

私が確認できた範囲で最も古いチェストが登場する作品は『旅順攻囲決死隊 凝香園 (大正二年)』です。



この作品の主人公茨城憲一郎は石川県玉津村の出身、空気銃の達人で柔道をよく使いますが、特に剣道を習っているといった描写はありません。チェスト自体も掛け声というよりは、自らに気合を入れるための絶叫として使用されています。絶叫ではないそうです。コメント欄を参照のこと。

同じく凝香園による『後の血染の聯隊旗 (大正4年)』にもチェストは出てきます。



こちらの主人公熊谷新太郎は埼玉県出身、やはり剣術は習っていませんし、自分に気合を入れるためにチェストが使われています。

つまりすでに大正時代には、チェストは剣道の掛け声から離れ、(文脈上、熊谷新太郎の事例では)気合を入れるための絶叫としても使用されていたということになります。

チェストの謎は残る

先に紹介した二冊は、今でいうと小学生中学年から中学生くらいまでの子供向けの作品です。ですから大正時代には、子供も知っている掛け声になっていたのでしょう。

実は大正時代の子供が楽しんでいたコンテンツの一部は、明治時代の大人向けの作品の焼き直しであることが多いです。凝香園の小説も、そういった作品の一つなのですが、明治時代の日清日露戦記物にはチェストは出てきません。

日本エンタメ文学の先駆けの講談速記本にも、示現流の剣士というのはあまり出てこない。タイ捨流の丸目蔵人はヒーローとして有名なものの、チェストとは絶叫しません。ヤッです。


可能性として高いのは、学生が流行させたという線です。こちらも可能性が高そうな早慶戦関連の書籍を探してみるも、手がかりはなし。早慶戦つながりで押川春浪の著作を何冊か読んでみるも、やはりチェストは出てこない。第七高等学校関連の書籍も読めるものは読んでみたが、チェストという掛け声を見付けることは出来ませんでした。

そんなわけで残念ながら、どういった経路でチェストが普及したのかは未だ謎です。これに関しては、今後も調査は続けるつもりです。


広告
×
そりゃ、空手が本土で武道として公認されたのは大正時代だから。
81ヶ月前
×
入れ物のチェストじゃないんだ・・・
81ヶ月前
×
「チェストー」が空手や剣道の気合、掛け声として使われるという間違った認識で広まったのは、空手バカ一代などの影響かと思われますが、示現流の掛け声も薬丸自顕流の掛け声も「キエエエエーーーーーー!」であって、「チェスト」が掛け声、気合として発声されることはありません。全く事実と異なる俗説です。これはYouTubeで上記剣術の動画などをご覧いただければ分かります。

チェストの用法はまさに上記『旅順攻囲決死隊 凝香園 (大正二年)』で引用されている
「………チェストッ」のようなものですが、これについて山下さんは
「つまりすでに大正時代には、チェストは剣道の掛け声から離れ、気合を入れるための絶叫としても使用されていたということになります。」と解釈していますが、この「絶叫」というのもまさに空手バカ一代やジェロニモの「絶叫」による先入観です。

素直に読んでみてください。
「チェスト」は、元々は薩摩人が感情が強く動く状況で、会話の最後で吐き捨てるようにつぶやく言葉だったそうです。
81ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。