ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

大正時代のヤバいは危険いで明治のヤバいはヤホイの仲間だった
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大正時代のヤバいは危険いで明治のヤバいはヤホイの仲間だった

2014-11-17 12:06
  • 84

火車軍次 : 韋駄天 第二編 旭堂南陵 口演[他] 島之内同盟館 大正一(一九一二)年 1912

大正時代は危険いと書いて、ヤバいと読んでいたらしい。それじゃ明治はどうなんだって調べたところ『日本隠語集』 (稲山小長男 明治二五(一八九二)年)に、『ヤホイ又はクライ又はヤバイ』とある。

ヤバイ、クライはなんとなく理解できるが、ヤホイの意味が分からない

ちなみに、夜に匍匐(ほふく)する様からヤバいとなったという俗説があり、『隠語辞典』 (栗田書店出版部昭和八(一九三三)年)でもそう解説されている。


不都合を意味する『やば』から来てるって説もあって、こちらは江戸時代からある。

「おどれら、やばなこと働きくさるな」
東海道中膝栗毛

だからなんだって言われると、なんでもないですって感じなんだけど、私はヤホイが気に入りました。



広告
他74件のコメントを表示
×
ヤホイわろたww
それはそうと褒め言葉として「ヤバイ」を使う層は嫌いだ
81ヶ月前
×
危険ぇよ・・・危険ぇよ・・・
81ヶ月前
×
これ江戸時代ぐらいからあったんだけど
81ヶ月前
×
>>58
むしろヤホイを即「やおい」と何も考えずに読んで後からコメ欄見て「やほい」と気付いた俺って・・・
81ヶ月前
×
「ヤクザの売人」説とどっちが良いだろう?どっちでもいいな。
81ヶ月前
×
昔からあったのは分かったが、それでも江戸時代に「ヤバい!」とか言ってたのを想像すると笑えてしまうのが面白いな
81ヶ月前
×
「ヤバイ」!古い!間違いない!
81ヶ月前
×
>>83
あれ、仲間がいた・・・よかった一人じゃなかった
81ヶ月前
×
wwww
81ヶ月前
×
この記事危険い、面白すぎるw
81ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。