ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

かっての日本人は人種やら国籍に対する意識が薄めだったのかも
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

かっての日本人は人種やら国籍に対する意識が薄めだったのかも

2015-01-07 17:16
  • 3

あけましておめでとうございます。新年といえば明治だし大正といえば新年だ!!! というわけで、明治大正あたりの娯楽小説を読んでいると、かっての日本人は人種やら国籍に対する意識が曖昧だったように感じる。(今は知らないけど)

例えばイギリスでドリトル先生が黒人を馬鹿にしていた頃に、日本の小説の世界では武士道と騎士道を完全にマスターしたアフリカ出身の黒人が、ピンチに陥いった日本人を助けるため日本刀で悪人をぶった切っている。人種とか文化とか細かいことはどうでもいいから、黒人とか日本刀とか武士道とか騎士道とか、とにかく格好良いの集めりゃいいだろという雑すぎる思想を基盤として創作されている小説で、全ては万歳で済まされていく。



万歳に勢いがあるため理屈はともかくなるほどッ!!と納得してしまうんだけど、この小説が書かれたのは一九一〇年代のことだ。西洋でも人権意識が向上しつつある時代で、それが日本に輸入されて発生した小説だろうと言われてしまうと反論することができない。さらに日本では目にすることが少なかった黒人だから、フィクションの世界で活躍できたのだろうという指摘をされてしまうかもしれない。

ところがものすごい平等主義の人はいるもので、一八九八年に性格が雑で荒すぎるため国籍を持っていない長崎産まれの刺青をした江戸っ子の中国人が日本の軍人の部下になり、日清戦争に勝利するため大活躍するという小説が書かれていた。

まず主人公なのに性格が雑すぎて国籍がないというのが素晴しい上に、中国人なのに長崎産まれの江戸っ子かつ刺青をしていて、日清戦争に勝つために中国と戦うというのもすごい。それでこの人は下等です。



この小説で素晴しいのが、どんな下等人間だって、努力をすればなんとかなるという思考で、性格が雑で荒すぎるため国籍を持っていない長崎産まれの刺青をした江戸っ子の中国人は日本国の役に立つため、刺青をしたまま勉強をしまくる。



その結果、立派な人物になるんだけど、話の半ばで焼酎を一気飲みし、蟹を食いすぎて腹痛で死んでしまう。主人公が酒と蟹で死んでどうするんだよって感じだけど、主人公の跡を数学できなさすぎて死にそうになったおかしな日本人が継ぐ。

それじゃやっぱり中国人を軽く扱ってるんじゃないかと言われてしまうかもしれないが、数学嫌いで死にそうになった日本人は、死ぬ場面すら描かれないまま死ぬ。切腹して死ぬ奴も出てくるし、義侠骨の中国人の富豪も死ぬ。国籍関係なしに色々と死ぬ。なんでそんなポンポン死ぬのかというと死ぬと感動するからで、当時の娯楽小説なんてものはこんなもんです。それで最終的には、美少女が加藤清正に祈りを捧げ日本が勝利する。

美少女と加藤清正いたら、性格が雑で荒すぎるため国籍を持っていない長崎産まれの刺青をした江戸っ子の中国人いらねぇじゃんって感じもするけど、とにかく美少女と加藤清正以外の主要登場人物はほぼ全員死ぬわけで、人種やら国籍やらどうでもいい感じに仕上がっている。

この様に粋でイナセで強くて渋くて感動できりゃ、国籍や人種は関係ないっていう思想が日本にはあった。私が知る限りだと、日本と中国、朝鮮の正義の少年たちが中国の海賊船に爆弾仕掛けて爆発させて海賊を皆殺しにしたり、大和魂を持ったイギリスの軍人が操縦する日本の美少女が発明した飛行艇に乗った日本軍人がピンチに陥ったダライラマを助けに行く小説などが明治には存在している。

こういった伝統を色濃く受け継いているのが男塾で、男らしさを追求するあまり、最早国籍や人種どころか気候に即した服装やら銃刀法などといった細かな事情が色々曖昧になっている。


魁!!男塾 第28巻 宮下あきら 集英社 1991/1/15

なんで『お前』が『おまえ』で『ら』が『等』なんだよとか、見れば見るほど細やかな雑さと荒らさが発生してくるものの、とにかく男らしければなんでも良いという気持が伝わってくる。

この様に人種やら国籍に対する認識が曖昧であれば曖昧であるほど、良い作品が発生する。日本の他国のコンテンツに比べて強いのも、人種やら国籍に対する認識が曖昧であるからと断言しても過言でもないかもしれないが、細かいことは分からないし自分でもおかしな事書いてる気するけど、だいたいそういう感じだろうと思う。間違ってるかもしれないけど、新年早々縁起が良いと思うし概ね万歳だと思う。



広告
×
日本の神様(=自然災害)の前では、人種・国籍なんて些細なもの
まず生き残らないと話にならない
79ヶ月前
×
そら上手く男らしさを描ければなんだって面白いだろ。当時大人気だったソロモン王の洞窟なんて1885年の作品だが
黒人ウンボパなんかカッコいいぞ。ハックベリーの冒険なんかは黒人目線に近いしな。
作品の出来は国籍がどーとか以前に魅力的な登場人物が居るかどーかじゃねーの
79ヶ月前
×
 じゃあお返しに作者万歳!
79ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。