ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

大正二年のジャイアンっぽい台詞
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

大正二年のジャイアンっぽい台詞

2015-03-17 14:33
  • 41


稲妻お玉 木村重友 (三芳屋書店 1913)

浪曲の速記本から。当時はギャグ(笑い所)として使われていた。


広告
他31件のコメントを表示
×
>>30
だーれが、豆粒ドチビだあーーーーーーーーーーーーー!
wwwwwwwwwwww
74ヶ月前
×
完全に一致www
74ヶ月前
×
>>22
のし上がられたら、いっぺんに盗っ人としてひっくり返されるけどね。
74ヶ月前
×
正論だね(混乱)
74ヶ月前
×
「アレハ主人の金ぢや」
「他人の物は自分の有(もの)、自分の有(もの)は自分の有(もの)じやァ御座ひませんか」
稲妻お玉 木村重友 (三芳屋書店 1913)
74ヶ月前
×
くっそワロwwwwww
74ヶ月前
×
シェイクスピアからあるんだっけ。
http://dic.nicovideo.jp/id/1980364
74ヶ月前
×
藤子F先生は落語マニアだったので、大衆演芸ではお馴染みの台詞を漫画に取り入れたのだとしても不思議はないですね
74ヶ月前
×
最初に考えたのが誰か特定は無理でも
一番有名なのがジャイアンてことだね
しかし「当時はギャグとして使われていた」って…今だってギャグとしてしか使い道ないセリフですが
74ヶ月前
×
文明開化の時にこの考えもヨーロッパから伝わったみたいだな・・・(;^_^)
74ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。