『大丈夫だよ。』とそれに付随する制作話
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

『大丈夫だよ。』とそれに付随する制作話

2020-07-08 09:41
  • 2

(ちなみに、霊感0の記事を公開した直後から、
 「大丈夫だよ。はどうなってんだよ一位は大丈夫だよ。だろふざけんなよ」
 くらいの勢いで大丈夫だよ。に票が入り、現在一位に浮上してます)

---------------------------------------

【巡音ルカ】大丈夫だよ。【やみくろ】
https://www.nicovideo.jp/watch/sm14262261

この曲は、高校1-2年生くらいの時にアコギで作った曲を
ピアノでアレンジしなおして投稿した曲です。

そもそも、やみくろになる以前に作ってた曲を
やみくろで投稿する事ってかなり少ないんです。
お、これは別記事に出来そうなのでこれはまた別の機会に詳しく書こうかな。
かなりやみくろの芯に近くて恥ずかしいから有料記事にしてしまいたいぜ。悩む。
「俺も恥ずかしいから金払ってでも知りたいやつだけ見てくれよな、ただでは脱がないぜ」的な。笑
それはともかく本題に入ります。
長いので太字だけ見ればいいかも。



▼どういう気持ちでこれ作ったの?
高校1-2年生だったのであまり覚えてないのですが、
特定の人の事を考えながら作った曲です。懐かしい。


▼何故これをアレンジして投稿しようと思ったのか。

①やみくろ開始時、全くピアノ弾けなかったのですが、

 カノンをなんとか弾けるか弾けないか(経験者が鼻で笑うレベル)くらいになったので、
 カノン進行の曲を作りたかった。
 多分、これ以前のピアノメインの曲と比べてピアノらしさ出てると思います。
 (音源のチープさとかはさておき)
 大丈夫だよ。はキーDですが、進行のお話。
 ピアノ始めたての3歳の方が上手に弾けるという切なさに耐えながら頑張って弾きました。

僕が3-4歳のころ「水泳かピアノ、習うならどっちがいい?」と聞かれて、
水泳と答えた自分に未だに後悔してるし、両方行かせておいてくれよお袋さんよとも思ってます。
いや、子供の意見を尊重してくれたなんて素晴らしい出来事だったのですが…
そんなん「アトピーに効く水泳かお友達のいるピアノ」って言われたら
そらアトピー治したいと思いますやん。かゆいねんから。幼くても痒かった事は覚えてるんや。今は体調悪い時に腕や横腹にかさついて痒くなるくらいです。ありがとう水泳。


③やみくろは「不特定多数の君・あなた」の曲が非常に少ないので、
 そういう曲がたまにはあっていいと思った。
└やみくろは応援歌は作らないし、「僕」ばかりだし、
 君やあなたを使う時も、特定のストーリーで使ってるわけで
 「曲を聴いてくれる人のための君・あなた=不特定多数の君・あなた」って
 あまり好まないんですね。
 あくまで僕の中での話ですが『お前の歌う"君・あなた"に俺は含まれない・軽い事言いやがって』みたいな感情が芽生えやすいからです。ひねくれてますね。
この感覚を説明するのは難しいのですが、
なんと!この感覚を歌で教えてくれる心の響く名曲があったので、
それを聴いていただければ少し伝わるかと思います。

その名曲はこちら↓
応援歌は人を殺した。【巡音ルカ/やみくろ】https://www.nicovideo.jp/watch/sm23807088

この曲はあくまで作品というか濃縮還元というか感情の一部を切り取ってぎゅっとしてるので
ハーフフィクションというか極端ですが、この感覚がやみくろにはありますっていう参考程度に。

 でも、大丈夫だよ。は
 "やみくろの中では確実に特定のストーリーがあって作った曲、かつ、不特定多数の君に思える間口が広く見える"歌詞だったので、自分の中で腑に落ちていたというか、そんなふわっとした感覚です。 

歌詞の
「頑張れ」って声は聞こえている。
『あぁ…頑張らなくちゃ』わかってるよ…!
でもね、
何を頑張ればいいのかもわからなくなる夜が
何度も襲ってくるんだよ…。
の部分が気に入ってますし、ひねくれた感覚が入り込んでる部分だと思います。



③優しい歌が作りたかった
そもそも②の感覚があるがゆえに、優しい歌が作りたかったのです。
優しい歌がずっと作れなくて、感情の墓場みたいな曲が多いので。
で、じゃあ何故新しく作るのではなく、過去曲をリアレンジしたのか。
それは『やっぱり新しくは作れなかったから』です。
そこでやみくろはひらめきました。
「大丈夫だよ。」は優しくて、キラキラしてたやみくろが作った曲だと。
よし、これをリアレンジしようと。
ただ、これは諦めではなく「大丈夫だよ。」を作る事で優しい曲を作れる自分を取り戻す為の
んーーー、今後の為の一歩でした。
これは本当に自分でも良い選択だったと思ってて、
この選択と感情の動きが無ければ
3rdアルバム『添う、愛を。』であったり『キミがうまれた三月のこと』という曲は作れなかったと思います。

『キミがうまれた三月のこと』は、
それにプラスして”カウンター”のつもりで作りましたが、それはまた別の機会に。

有難い事にこの曲以外にも曲が優しいと言ってもらえる事が多いのですが、
優しさとかそういう類のものを意識して作る事って本当に少ないってかほぼ無いので、
最近は『それはつまり、そういうつもりは無くても、知らないうちにやみくろの優しさと慈愛に満ちた素晴らしい人間性が曲に滲み出てるんだろうなぁ、やみくろさんって良い人だわ好き生きていていいんだ』って結論に落ち着いてます。


④俺様の名曲が誰にも知られず死んでくのはもったいないと思っていた
やみくろ以前のやみくろはバンドでロック・一人でJポップや歌謡曲を謳ってたのですが、
大丈夫だよ。は一人で歌ってた曲です。ライブハウスやストリートライブで。
ネットで音楽を発表する以前は、知られるというのはとてもハードルが高くて
この曲はとても自信がある曲ではあったのですが、ほとんど知られてなかったんです。
ライブで歌ったのの最大人数でも120名、
この曲を把握している人間でいうと多分5人程度。という状況でした。
勝手に路上で歌ってるだけの奴の曲を5人が知ってくれてるだけでも幸運だしありがたいのですが、
せっかくニコニコでもっと曲を知ってもらえるチャンスがある状況にかわったんだから
やみくろ以前の曲も聴いてもらいたいなぁって気持ちがずっとあって、
この気持ちと、①から③までの気持ちが合致したって感じです。


制作に関する話は以上です!
お読みいただきありがとうございます。
「聞きたいのはそういう事じゃないんだよ」ってのがあれば教えて下さい!
書きたい事を書きたい気持ちが溢れて、他者目線が欠如してしまってる気はしてるので…

---------------------------------------
余談ですが、再生数と売れ行きって必ずしも比例してなくて、
流石に一曲だけ伸びてる完全性コンプレックスには敵わないのですが、
配信開始後から今まで、この曲がずっと2位の売れ行きです。
ネット売れ行きには二種類あって、
販売数(itunesstoreとか着うたの買い切り)と配信数(Linemusicやspotifyの視聴)です。
販売が未だにあるのもありがたいんですが、特に配信数が安定して多いです。
これ常に新しい人が入ってきてくださってるのもあると思うんですが、
それよりもサブスクで聴き続けてる人が多くいるって事なのかなって思います。

ずっと聴いてくれてる人、
長く愛してくれてありがとう。
そして今出逢ってくれた人、ありがとう。
出逢いに遅いなんて無いんだよサンキュー。

---------------------------------------

なんかもっと役に立つ話したほうがよい?
「応援になる応援、応援にならない応援」とか
「応援とは、お金と気持ち。お金だけの話じゃない」とか書こうかな?
散々書かれまくってる記事になると思うけど。

もしくは、作詞講座とか要る?作詞なんか自由やろと思うけど、
とはいえ理論っぽい作り方はあるので。あくまでやみくろ式やが。
これは流石に有料記事にするかほしいものリスト貼り付けちゃうけど。
あーー、でもアンケート答えてくれた人向けの記事とかにしたら
お金よりはハードル低くていいかも。
お金欲しいってよりは、全体に全部あけっぴろげにしたくなくて、
やみくろガチ勢力だけに届けばいいってやつやからそうしたいって感覚かな、これは。
お金は常にほしい。おいしいものはいつでも食べたい。けれどそれより愛されたい。

などなど、ブログで何書こうかなって考えてるので、
コメント下さい!

この記事へのコメントだ、リプじゃない、DMじゃない、ここだ。
よろしくお願いします!

広告
×
ピアノを使った優しいBGMと、恋愛ネタを意識しないで済む分かりやすい歌詞のおかげで色々な人が喰いつけるというのもありますねぇ。
もしこれが激しい調子のメタルっぽくなっていたり、否応にも見せつけられるコテコテの恋愛ネタが混ざってると人を選ぶ曲になってくると思いますし。
…いやいや、その辺は現在の流行とか、ボカロPのこだわりとかもあるから僕の言っている事が正しいなんて思わなくていいですよ!
また続きを楽しみにしています。
1ヶ月前
×
@Din_PPP
ありがとうございます。
確かに、極端な音楽は長く聴かれるのは大ファン以外からは難しいかもなって感じる面はあります。
そういうものこそがブームを巻き起こしたりするイメージもありますが。

音楽的には、メタルは確かに…wって気持ちと、ちょっと違う話ですが、ボカロの素晴らしい所はここにもあって、一般的にはそういう風に間口の狭い音楽でもヒットをぶち当てて一般的に聴かれてる人が存在するって事ですね。
そして、大丈夫だよ。は間口が広いと思いますが、やみくろは基本間口狭い曲ばかりかなとも思います。笑

Jpopにおいて、普通で間口が広く共感しやすいものニアリーイコール普遍的なものを目指すのは一つの価値かと思ってるのですが、それに近い楽曲だったかもしれません。まぁ、言い換えるとベタだからこそ長年聴ける的な価値を見ていただけたのかもしれないなと、コメントみて思いました!笑

これだけではうまく説明できないし誤解を招きそうなのですが、
これは良いブログの題材になりそうです。笑

またぜひぜひ読んでやってください!
1ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。