圭子の夢は夜ひらく
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

圭子の夢は夜ひらく

2015-12-09 00:00
  • 6
(東京都HPより)

1970年(昭和45年)リリースの藤圭子さんが唄った「圭子の夢は夜ひらく」。

この曲は、昭和ロマンチカの最初の練習曲でした。当初、配信画面に歌舞伎町の写真を選んだ事が、選曲に影響していたと思います。
「老後は流しで生計立てたい」という、初老のおぼろげな“夢”が、深夜の弾き語りで「開らくとイイなぁ…。」とも考えておりました。

私が、この曲を聴くたびに思い出すのは、夜の新宿です。
区役所通り、風林会館から(当時の)コマ劇場に抜ける通りの、歓楽街の華やかさに少し影が入ったような、いかにも“ネオン街”な風景。
藤圭子さんのデビュー曲は、「新宿の女」でした。少なくとも私の中では、その後も一貫して藤圭子=新宿のイメージがあり、“新宿”という歌詞の出てこない「圭子の夢は夜ひらく」にも、同じ情景を重ね合わせたのかもしれません。

歌詞中。
「昨日マー坊 今日トミー 明日はジョージかケン坊か」
と、外国人を指すであろう名前が出てきます。
ひょっとして、曲の舞台としては、新宿というよりは、横田とか横須賀とか、米軍基地近くの盛り場のほうが正解なのか、とも思えたりします。
ただ、私が新宿に日参していた20代当時。週末ともなると、座間だか立川だかの米軍の人たちを沢山見ることが出来たバー(のような飲み屋)もあったように記憶します。
このお店は、のちに薬物事件で摘発されるのですが、まさに「赤く咲くのはケシの花」といったところですね。
そのような記憶を辿ると、昭和40年代、トミーやジョージが歌舞伎町をウロチョロしていても、不思議でない気がしてくるのですが、いかがでしょうか。

新宿に足が向かなくなり、随分な時間が経ちますが、遠くから見聞するにつけ、今は、かなり様変わりしているそうです。
見かけるのは、トミーやジョージでなく、王さん(仮名)や李さん(仮名)に代わったのではないかしら。

それはさておき。

コミュニティを立ち上げて間もない当時、3枠くらい演ってましたかね。
はじめは、レパートリーと呼べる曲などあろうはずもなく、「夢は夜ひらく」ばっかり繰り返し練習しておりました。3枠、ずーっと繰り返し。

今では常連リスナーとして応援してくださっている、みゆ。さんも、偶然、ごく初期の枠を覗いて頂いた事があるらしいです。
真夜中、R18カテゴリーで、延々繰り返される「夢は夜ひらく」の弾き語り。その余りの暗さとオドロオドロしさに、ついついブラウザバックされたとか。

そんな状況でしたが、間もなく、いちさん、どぶねこさん、さくちゃさんというリスナー諸氏が、入れ替わりながらも、連日切れ目無く覗いてくれるようになったのを覚えています。
初心者生主としての立ち上がり。時間も時間でしたので、ともすれば、0コメ枠の連続や、荒しチックなコメントで、心が折れ、放送を止めてしまったかもしれません。彼らのお陰で、毎回心強く枠を開けることが出来ていました。運が良かったかもしれません。感謝です。
今は、3氏ともお忙しいのか、なかなか顔を出していただけませんが、またいつかフラリと立ち寄って頂けるのを楽しみにしております。

最後に演奏について。

原曲キー Am
昭和ロマンチカでは、Bmで演ってます。

ギターとしてはAmのほうが断然、アレンジしやすいわけですが、残念ながら歌が低すぎました。
この4年の間に、私の声域はやや低い方にシフトしてるので、今なら、なんとかいけるようです(さっき確認しました)が、この時はまだ、オリジナルキーでは低過ぎ、かといって、あまりキーを上げると、今度はギターのほうで不都合が出てくる。というわけで、1音上げのBmに落ち着きました。
今だったら、もう少し違ったキーでギターアレンジしたかもしれません。

そういう場合、弾き語りには、便利な「カポタスト」という安価な道具があるのですが、極貧で、購入出来なかったのはホントです。
その時のギターは、エクスプローラー(メタルとかが使うヤツ)だった事も、今思い出しました。これも、お金が無くて、手持ちの楽器がこれしかなかったのです。
今思えば、「エクスプローラーにカポってのも恥ずかしいなぁ。」というのが、カポ購入に至らなかった一番の理由だったかも。

つくづくカオスな弾き語り放送でありました。




広告
×
読み耽りました
お店の前のエクスプローラーが何故だか寂し気に見えます
48ヶ月前
×
ほんまに暗い暗い弾き語り放送で...
やみさんも、とても対応が暗くて...

今でも覚えてますw
もうこーへんと決めた瞬間でしたねw

でも、今は絶対見逃したくない放送になってしまいました♪

寝てしまうんですけどね^^;
48ヶ月前
×
>>1
わぁ~おぅ!オデワンさん。
お待ちしておりましたよ(`・_・´)b
読み耽っていただきありがとうございます。

エクスプローラーでの弾き語りは、結局1年半くらい演ったんですかね。
もともと古い楽器でしたが、その間のフレットの磨耗が半端無かったです。
メンテナンスは、結構なお金がかかっちゃいそうで、現在はケースから出してやる事もなくなっちゃいました。

いつか、ちゃんとお金かけて復活させてあげたいです。
48ヶ月前
×
>>2
わぁ~おぅ!みゆ。さん。
お待ちしておりましたよ(`・_・´)b
コメントありがとうございます。

リスナーとしても、放送主としても、ほとんど他様と繋がり無く放送始めたものですから、当初なかなか、人が来ていただけなくてですねW 枠開けるたびに、気持ちがどんどん暗くなってましたかね。
対応に失礼があったかと思います。お詫びいたします。

今は、当時よりも、さらに人が来にくい時間の枠だけれど、みゆ。さんはじめ皆さんに毎回沢山のコメントを頂き、寂しい思いをせずに演れていますよ。
感謝申し上げます。
48ヶ月前
×
エクスプローラー初めて拝見致しました。ミニサイズで可愛いですね。
野坂昭如と重ね合わせて記事を追いました。
今のゴールデン街はどうなってるんでしょうね。
新宿は新都庁が出来てすっかりモダンに整備されたんでしょうね。
いつも藤圭子が多い理由が、やっと理解出来ました。
エクスプローラーで流しの夢、叶えて下さい。
48ヶ月前
×
>>5
わぁ~おぅ!yuさん。
お待ちしておりましたよ(`・_・´)b
コメントありがとうございます。

野坂さん、亡くなったんですね。その日「黒の舟唄」のリクエストが入ったんですが、それまで亡くなった事を知らなかったです。な~んで今夜は「野坂、野坂」ってみんな言ってるのかな?と思ってたくらいです。
だから、いつもなら亡くなった方ゆかりの曲を、準備していたりするんですが、リクにお応えすることは出来なかったです。かわりに「バージンブルース」を演らせていただきました。

ゴールデン街、いまはどーなってるんでしょうね?再開発の話が、持ち上がっては消え持ち上がっては消えしてますよねw 権利関係が、おっそろしく複雑怪奇に絡み合っているんだろうなぁ…と想像したり。

花園神社の裏側、ちょうどゴールデン街の入り口にあった小洒落た飲み屋に、よく通いました。そこの「ほうれん草サラダ」が美味しくてですね。
生のほうれん草に、炒めたベーコンを乗せただけの料理でした。ソースに秘密があったんですかね?ウチでも作ってみたんですが、再現することは出来ませんでしたw
あの、サザンの野沢さん似のマスター、もうお店にはいないらしいけど、今はどこで何してるんかなぁ。

応援ありがとうございます。
エクスプローラーは、メンテしてあげて、やっぱバンドでしょw 今は、いろんな事情でサイレントに持ち替えてますが、いつか生音なせるようになりたいです。
48ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。