ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.3(実践編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.3(実践編)

2016-05-14 21:53
    ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.1(ツール準備編)
    http://ch.nicovideo.jp/yaneuralife/blomaga/ar1021245

    ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.2(素材準備編)
    http://ch.nicovideo.jp/yaneuralife/blomaga/ar1028067


    の続き。

    これを作っていきます。


    コンセプト:
      1.無料配布されているソフト・音楽(合法)のみを使用
      2.モデルの改造を必要としない
      3.モーションの改変(修正)しない
      4.難しい設定(エフェクト等)を使用しない
    ★材料を揃えて、データを流し込むだけ…に近いです。
     理論とかは、敢てなにも書きません(否、書けません/汗)



    +記事内でお借りしているもの+

    音源:からくりピエロ(ヴォーカル入り)
     40メートルP様
       PIAPRO:http://piapro.jp/t/nmoi

    MMDモデル:九十九式空閑遊真 ver.1.00
     九十九様  
       http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4789016
       
    モーション:【APヘタリアMMD】からくりピエロ【モーショントレース】
      ちゃっくん様
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm18722559
         
    カメラ:からくりピエロ_天堂式カメラ(九十九式遊真用)
      天堂まや
       http://www.nicovideo.jp/watch/sm28840936
      
    ステージ:トリオンステージ
      Coda様
       http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im4035856






    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
    <注意>
     このブロマガでは「MMD初心者のための説明」をしていきますが、PC操作関連の用語については(特殊なもの以外は)説明を行いません。
     Wクリック・D&D・コピペetc、一般的的なPC操作用語でわからないものは各自、ググるなりして調べてくださいませ。

    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*



    MikuMikuDanceを起動します(Wクリック)。
     ※画面は、Windows10 64bitの場合。
      バージョン、OSによって多少フォルダ名等が異なります。




    <MikuMikuDanceの初期画面>
    当然ながら、真っ白ですね。




    =転ばぬ先の杖=
     新規ファイルに「名前を付けて保存」しておきましょう。
     うっかり間違えたときに、直前のデータが残っていれば救われることが多いです。
     (MikuMikuDanceの意図しないフリーズ対策にもなります)
     
     基本的に、MikuMikuDanceには「元に戻す」「やり直し」機能はありません。
     (ボーン操作にのみ「元に戻す」「やり直し」機能がついていますが、今回はボーン操作しないので、必然的に「元に戻す」「やり直し」も使用しません。)

     保存場所は、事前に作成しておいた「作成動画>WT>からくりピエロ」内にしてください。
     ファイル名自体は、自分がわかればOK。





     「自分は絶対に間違えないわ!」って自信がある人は別ですが、最初のうちは、1工程(作業)毎にファイルを作成しておくのが無難です。
     
     今回だと、
     「C級遊真 モデル読込済」
     「C級遊真 モデル+モーション」
     「C級遊真 モデル+モーション+カメラ」 
      ………
     みたいな感じですね。

     ちなみに、天堂もファイル分けはよくやります。
     モデルとステージの組み合わせで悩んだときとか、作業途中とか。
     ファイル名に内容を書いておくと、後々が楽ですよ。





    <各ファイルの読込>
     実はD&Dでも可能ですが、最初なのでパネルから操作していきます。
     冒頭でも書きましたが、1工程(作業)毎にファイルを作成&保存しておくのが無難だと思います。

    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    =「Model」(モデル)読込=

     1.[モデル操作]パネルが【カメラ・照明・アクセサリ】になっていることを確認。
     2.「読込」をクリック。
     3.ファイル選択画面になるので、フォルダを展開していき、対象のファイルを探して
       ファイル名をクリックして選択→「開く」をクリック。


    :Modelのフォルダ展開(参考):


     ↓(展開)



     ↓(展開)





     モデルによっては、モデルの情報(モデルの名前やver、製作者等)が出ることがあるので、確認して問題なければ「OK」をクリック。








      無事に「99式空閑遊真」を読込完了。
      (製作者様によっては、ファイル名とモデル名が異なっていることがあります)

      読込んだデータが「なにか」は、[モデル操作]パネルで確認できます。



      わけのわからない青や橙の線がモデルの上にたくさん重なってますが、このままの状態で先に進みます。
      ※次の操作に必要なので、消す(選択解除する)ことのないように注意してください。
      (間違えて、なにか他のボタンや画面をクリックしてしまって青色等の線が消えたら、
       [ボーン操作]パネルの【全て選択】をクリックしてください。
       元の状態に戻ります。)


      ★必要に応じて、ファイルを作成&保存(推奨)。

    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


    =「Motion」(ダンス用モーション)読込=

    黄色枠内が
     99式空閑遊真
     青色線表示あり
     フレーム操作「0」
    であることを確認したら、MikuMikuDance上部の「ファイル」→「モーションデータ読込」へ進みます。


    ファイル選択画面になるので、フォルダを展開していき、対象のファイルを探してファイル名をクリックして選択→「開く」をクリック。



    Motionフォルダ展開(ダンス用):

    ↓(展開)








    ポップアップが出ますが、今回は問題ないので「OK」をクリック。







      無事に「モーションデータ」を読込完了。
      赤枠内が、読込前と変わっていることがわかっていただけますか?

      ★必要に応じて、ファイルを作成&保存(推奨)。


    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    =「Motion」(カメラ用モーション)読込=

      カメラは、ダンス用モーションとは別の読込み方をします。
      画面中央くらいにある【カメラ編】ボタンをクリックします。
      そうすると、下記のように画面が変わります(黄色枠内)。





    ここからは、ダンス用モーションと同じく、MikuMikuDance上部の「ファイル」→「モーションデータ読込」へ進みます。

    ファイル選択画面になるので、フォルダを展開していき、対象のファイルを探してファイル名をクリックして選択→「開く」をクリック。

    Motionフォルダ展開(カメラ用):
    ↓(展開)





    ほとんど変化が無いように見えますが、赤枠内に多少の変化が出ているので、カメラデータの読込が完了したことがわかります。




      ★必要に応じて、ファイルを作成&保存(推奨)。

    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    =「BackGround」(ステージ)読込=

     1.[モデル操作]パネルが【カメラ・照明・アクセサリ】になっていることを確認。
       (この時のモードは「モデル編」「カメラ編」どちらでもOK)
     2.「読込」をクリック。
     3.ファイル選択画面になるので、フォルダを展開していき、対象のファイルを探して
       ファイル名をクリックして選択→「開く」をクリック。






    :「BackGround」のフォルダ展開
    ↓(展開)




      無事に「トリオンステージ」を読込完了。
      黄枠内が、読込前と変わっています。


      ★必要に応じて、ファイルを作成&保存(推奨)。


    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


    =ステージの設定=


     画面に「座標軸(黄色で囲った部分)」があると、動画が完成した時に残ってしまいます。
     今回は使わない機能なので、表示を消してしまいましょう。

     逆に、白い背景に遊真とトリオンステージだけだと、かなり「白っぽい」印象です。
     遊真が目立ちません…。
     背景を黒に変更してみましょう。

    :「座標軸」を【非表示】に変更:

    MikuMikuDance上部の「表示」→「座標軸表示」のチェックを外す。


    :「背景」を【黒】に変更:

    MikuMikuDance上部の「背景」→「背景黒化」にチェックをつける。


    :「座標軸」非表示+「背景黒化」を適用結果:




      ★必要に応じて、ファイルを作成&保存(推奨)。

    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


    =「Wave」(音楽)読込=


    MikuMikuDance上部の「ファイル」→「WAVファイル読込」へ進みます。

    ファイル選択画面になるので、フォルダを展開していき、対象のファイルを探してファイル名をクリックして選択→「開く」をクリック。



    :「Wave」のフォルダ展開:

    :「WAVファイル」読込結果:


     わかりやすいように、少しフレーム(時間軸)を進めてあります。
     赤枠内の青色線が音楽波形です。
     今回は特に意識する必要はありません。
     (とりあえず、入力が完了しているかの確認のために画面を出しました)



      ★必要に応じて、ファイルを作成&保存(推奨)。



    以上で、設定は全て完了です。
    MikuMikuDanceのファイルを保存してください。
    (保存ファイルが1つしかない場合は、保険としてもうひとつバックアップファイルを作成しておくことをおススメします。)


    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

    早速再生してみましょう!
    …と言いたいところですが、フレームが途中まで進んでしまっているので、
    最初(0フレーム)まで戻します。



    「フレーム操作」
      「|<」選択した行の、一番先頭の◆マークに飛びます。
      「>|」選択した行の、一番最後の◆マークに飛びます。
      「.<」選択した行の、直近(前方)の◆マークに飛びます。
      「>.」選択した行の、直近(後方)の◆マークに飛びます。
      「<」選択した行の、前方1フレームに移動(長押し可能)。
      「>」選択した行の、後方1フレームに移動(長押し可能)。


    今回は先頭に戻りたいので、「|<」を一回クリック。
    バビュン!と一発で、先頭に戻りました。

                             ↑
                           再生は、ここの
                          「再生」ボタンをクリック。

     ただ、再生の前にやっておいた方が良いことがひとつ。
     「再生」ボタンの下にある【フレ・スタート】【フレ・ストップ】にチェックを入れておいてください。
     ここにチェックが入っていると、再生ボタンを押した位置で動画が停止し、もう一度再生ボタンを押すと、停めた位置から再開します。
     チェックが入っていないと、毎回、0フレームに戻ります。


     では、用意が整ったところで「再生」をクリック!




      あれ?
      おかしいですね。
      音楽が鳴って、遊真が踊ってます。
      でも画面がずっと固定されたままです。
      さらに、時々、遊真がフェードアウトしたりもします。

      画面を確認しましょう。

    黄色枠のところに、注目。


    ちょっと見え難かったので、該当箇所を拡大。

     「カメラ編」がグレー
     「モデル操作」が【99式空閑遊真】

     この状態は、実は『モデル編』の画面なんです。


     最も紛らわしいのが、「カメラ編」の文字。
     これは、『モデル編』『カメラ編』を切り替えるよ!っていう意味になっていまして。
     グレーになっている状態は、[選択した状態]ではなく、[選択していない状態]を表しています。


     試しに
    『カメラ編』のボタンをクリック。


    ↓ ↓ ↓

    『カメラ編』に切り替えた状態。

    黄色枠内が主な変更点。
    (なお、赤色枠内の「赤い丸印」は、MikuMikuDance内のカメラの焦点を表しています。)


     
    では、気を取り直して、Let's try!



     どうでしょう?
     初っ端から、画面がぐるぐる回ったりしましたよね?
     あれは、カメラの効果(?)です。
     天堂はカメラワーク得意ではないんですが、講座用になんとか作ってみました。
     MikuMikuDanceを触ることに慣れて、カメラワークについての知識も得たら、ガンガン改変してやってください。




    あとは、最後の豆知識です。
    「再生ボタン」の下の空白にフレーム番号を入れておくと、その間だけの再生をすることも可能です。

    今回、全編流す場合は空白でもいいし
    「0」~「8546」と入力するのも有り。

    ※MikuMikuDanceから出力(avi、静止画)をする場合、ここに入力したフレーム数が反映されます。
    (静止画は画像は一枚だけど、AviUtlに渡すと「2000フレーム」とかの長さになっててビックリすることがあります/笑)



    念のためにMikuMikuDanceのファイルを保存して、MMD作成講座は終了です。

    ここまでのお付き合いありがとうございました。





     ……とは言いましても。
     これだけだと、自分のPCで楽しむことしか出来ません。

     やっぱり、作った作品は誰かに観てもらいたいものです。

     ただ、天堂も詳しくはないので、ほかの方が作成された解説・講座・動画の紹介に留まります。

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

    <MikuMikuDanceからデータを出力→ニコ動投稿までの過程>

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


    動画を作ってみよう!・7
    ~avi出力からエンコード - はじめてのMikuMikuDance!
    (工藤P様)
    http://mikumikud.hatenablog.com/entry/2012/02/15/184047

     詳しくて丁寧な解説がされています。
     AviUtlについての具体的な扱いはありませんが、紹介リンクがありますので参考になります。
     工藤Pのブログは、MMD始めた頃から散々お世話になってます。
     時間があれば、冒頭から読んでみてください。
     (情報が少し古いので、そこだけ注意)


    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-


    MMD~AviUtl~つんでれんこでの出力【備忘録的な】
    ゆきち/目隠しP様
    http://ch.nicovideo.jp/hirahira/blomaga/ar678647

     ご自身が投稿する時の備忘録とのことですが、とてもわかりやすいです。
     実はここのブロマガを拝見して以降、自分の動画の画質を引き上げました(笑)。
     
     

    +-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
     
    エンコードについてのアドバイス
    あいあいさー様
    http://ch.nicovideo.jp/pepepei/blomaga/ar571510

     AviUtlの拡張x264出力(GUI)Ex+ニコニコ動画投稿用エンコードツールの夏蓮根を併用。
     ソフト開発者さまから、併用についてのデメリットを教えていただいたそうです。




    VOL.4は「応用編」を取り上げる予定です。
    (「データを出力→ニコ動投稿」関係も、新しい情報があれば紹介していきます


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。