ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.2-2(素材準備 追記編)
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.2-2(素材準備 追記編)

2016-05-15 21:42

    ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.1(ツール準備編)
    http://ch.nicovideo.jp/yaneuralife/blomaga/ar1021245

    ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.2(素材準備編)
    http://ch.nicovideo.jp/yaneuralife/blomaga/ar1028067

    ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.3(実践編) http://ch.nicovideo.jp/yaneuralife/blomaga/ar1028444

    これを↓作っていきます。



    [「Model」(モデル)]保存についての追記

    ワールドトリガーのMMDを作ってみよう!(超初心者向け)VOL.2(素材準備編)
    http://ch.nicovideo.jp/yaneuralife/blomaga/ar1028067
    で、「Model」(モデル)保存の説明をしていますが、先にやっておいた方がいいことがでてきたので(追記編)をupします。
    「Model」(モデル)保存の作業前に読んでいただけると助かります。

    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-


     ロロ様のモデルが規約およびデータ更新(2016/05/14)されました。
     http://ch.nicovideo.jp/roro_mmd/blomaga/ar1027663


     2016/05/14時点で新規約が適用されるロロ様モデル
      ・風間蒼也
      ・出水公平
      ・米屋陽介
      ・太刀川慶
      ・荒船哲次
      ・村上鋼
      http://ch.nicovideo.jp/roro_mmd/blomaga/ar826770
    ※ロロ様モデルの配布先も掲載されているので、一読をおススメします。
        また、アクセサリ類も増えました。


    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

     これを受けて、<モデルデータのフォルダ分け>について、天堂なりに修正しました。
     必ずこの通りにする必要はありませんが、参考になれば幸いです。



     最初はもち粉さまの「もち粉式ちびてつじver1.0」みたいに、「WT」フォルダに直接保管してました。
     これ自体に問題はありません。
     ただ、モデルが更新された時の管理がややこしくなるな…というのが、今回の一斉更新で感じたことです。

    -*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*--*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

     単純に同じ階層にしてもいいんですが、名前の書式を揃えておかないと大量のファイルの中で埋もれる危険性があります。

    <例>名前の書式を揃える。






     ちなみに、天度はWTだけでこれだけの人物モデルをお借りしてます。
     (お着替えなども一部入っています)



     ”名前の書式を揃えておかないと大量のファイルの中で埋もれる危険性”がおわかりいただけるでしょうか(笑)。

     あと、モデラー(モデルを作成して配布される方)さんによっては、新verへの更新をした場合、旧verの使用を禁止される方もいらっしゃいます。
     最新のモデルに更新することを心掛けるとともに、わかりやすいフォルダ分けをしていった方が自分自身も楽だと思います。

      
    【フォルダ分けの例】
     一層目を「作者+キャラ名」


     二層目を「作者+キャラ名+ver」





    一番重要なのが「MikuMikuDanceで制作したファイルは、使用したデータ(モデル・ステージetc)の保存場所が変わるとエラーになる」ことです。
     ※MikuMikuDanceは「この場所に置いてある、この名前のファイル」で、データを関連付けています。


    <例>以前作成したpmmデータ(MikuMikuDanceの保存形式)を開きます。


      ↓ エラー表示のポップアップが出ます。



     エラーと言っても「データを参照する場所がわからないよ!」との内容なので、今回みたいに原因がはっきりしている(モデルデータの場所の変更)場合は、一番上のボタンをクリックしてモデルを指定し直してあげてください。
     (ver変更後のモデルでも可。)

    なお、上記で例に使ったのは↓です。  




    以上のことから、導入時のフォルダ分けは重要ですよーというお話でした。
    (モデル以外のデータも、すべて同様です)


    次回はVOL.4(応用編)に行きたいです…。
     


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。