もち粉式モデルへの握り拡散ボーン導入方法
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

もち粉式モデルへの握り拡散ボーン導入方法

2016-03-18 00:54
    握り拡散ボーンが必須のモーションの場合、入っていないモデルにはボーン追加の作業をしなくてはなりません。
    一発でスムーズに入れば問題ないのですが、たまに付与関係が崩れたりする場合があります。
    特にウチのモデルですと高確率でなりますので、今回はその修正法を書きたいと思います。

    必要なもの
    ・PMXエディター とある工房様
    ・握り拡散ボーン追加プラグ paperguitar.com様
      *モーションによってはバージョンの指定があるので注意
      旧バージョン Grips
      新バージョン GripsX2

    エディタやプラグインの導入方法はここでは割愛します。
    動画を作るだけでも色々必要になるのでエディタは導入しておいた方がいいと思いますよ!

    モデルを読み込んでまずは別名で保存します。(重要!)
    プラグインを起動してぽちっと…
    さて、入りました!



    次に「PMXデータの状態確認」をすると…





    いやあああ!っていう感じでエラーが出てます。Bad!ですよ。!マークですよ。
    これはそのまま「付与系列」が間違ってますよ! …つまり付与の順番が違ってるぞコラ!というエラーですね
    多少なりとモデリングをしてる方にはなんてことないエラーですが着替えで四苦八苦しているレベルだとなんじゃこりゃなエラーです

    なんじゃこりゃになった方は以下、何も考えずに次の通りに修正してください

    このエラーが出た場合はズズッとスクロールすると一番下に紫のボーンがあります。
    コイツを正しい位置にまずは移動します



    まず左手から行きましょう
    左手分を選択して…ぽちぽちと↑で上に持って行きます。(もっとラクな方法があったらスミマセン)
    が、サンプルに使ったモデルだとマントのボーン数がスゴイので一旦「頂」を押して先頭に移動した後下に下げていきます(サンプルを誤った感でいっぱい)
    いいんです、要は正しい位置にいけばいいのです



    移動させた一番上、「左人指握」の親ボーンが左手首なので左手首の下に配置。
    これで左手は完了です
    右手も同じように右手首の下に配置します

    完了したら再び「PMXデータの状態確認」をしましょう



    どうやらOKのようです

    ためしに動かしてみると…





    *モーション スタイリッシュP様

    大丈夫なようです。やったね! 保存して終了です
    というようにそんなに大変な作業ではありませんので、モーションに必須であれば
    わからないで放置せずに入れてあげてくださいね

    尚、握り拡散ボーンが入ってるモデルに普通のモーション入れていいんだろうかと
    「?」となる方もいらっしゃると思いますが(ここを見てる=初心者の方と想定しております)問題ありません。
    握り拡散に限らず、準標準ボーンフル装備(ウチのモデルは大抵フル装備)でも
    普通のモーション流し込んで大丈夫です。
    ボーンが多い分には問題ありませんので無理に削除とかしないでくださいね。



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。