BB素材の作り方だぞ2【実写素材】
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

BB素材の作り方だぞ2【実写素材】

2013-05-22 19:36
  • 5

今日はパスを使った実写BB素材の作り方について解説します
使用するのは前回と同じくAviUtlとGIMPです
※前回の解説を前提にしているので不明な点があればそちらも参照してください



今回はくりぃむしちゅー池田 カウボーイ編から池田が胸をこするシーンをBB化します


1秒にも満たない短いシーンですがそれでも20フレームほどあります

こんなのいちいち抜いていられませんね、面倒ごとは嫌いです
ここは手を抜いて半分の10フレームだけを切り抜きましょう
少々カクつきますが1回炒飯ができるくらい時間を短縮できるので気にしません




まず[設定-フレームレート変更]からお好みのフレームレートを選択します
今回は半分の15fpsを選択、次に[ファイル-プラグイン出力-連番BMP出力]で適当な名前を付けてフォルダに保存すると15fpsで全フレームの静止画が出力されます
※保存したらフレームレートは元の30fpsに戻しておきます


出力された画像はすべてGIMPに取り込みましょう、このときアルファチャンネルを追加するついでに順番が正しいかチェックしておきましょう、上の画像は間違ってますねだらしねぇな






パスを当てる前に素材のどの部分が動くか確認しておきます
今回は池田全体がカメラのブレで微動するほか左ヒジと頭が大きく動きます


とりあえずパスを置いていきます、今回はなるべく点を少なく曲線を多用するように切り抜くラインを指定します


実写素材はアニメ素材と違って切り抜くラインが曖昧なところがあるので少々適当にやってもなんの問題ですか?



なお曲線は点と点の間の線をドラッグすると線の両端から出てくる四角いポインタを動かすことで調整できます


パスを配置できたら[選択-パスを選択範囲に]→[選択-選択範囲を反転]→[編集-消去]で1枚目を切り抜きます



次に同じパスを流用して2枚目、3枚目の画像を切り抜きます
もしパスが消えてしまった場合はパスウィンドウを開いて表示させます



3枚目の画像では池田の左ヒジや頭が移動しているので



先ほど当てたパスの点をドラッグして位置と曲線を調整して切り抜きます、パスに沿うように見える点線は前の画像を切り抜いたときの選択範囲です、どの部分がどれだけ動いたか知るためのガイドとしても使えますが邪魔なようなら[選択-選択を解除]で消すこともできます



4枚目以降も同じパスを流用していくことで短時間で作業を進めることが出来ます、今回の作業は10枚で15分ほどでしょうか
ただしこの方法は動きの激しい素材にはあまりうまく使えません、その辺りはまた別の機会に解説していこうと思います




最後にAviUtlで動画化します、30fpsのものを15fpsで出力したので画像1枚を2フレーム表示させるように並べて完成です↓

ホイホイホイホイホイホイホイホイアッーーーーーー!!アワワワワワアカン…


広告
×
はぇ^~すっごい助かる
そういえばBB愛好癖の会で生放送はできないんですかね?
89ヶ月前
×
歪みねぇな
83ヶ月前
×
参考にさせてもらいます
62ヶ月前
×
いいぞ。
45ヶ月前
×
とりあえずこの方法で作ってみよう
33ヶ月前
コメントを書く
コメントをするには、
ログインして下さい。