近藤さんは語りたい ~主観100%、100%むしっぽいむしポケモンの名前~
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

近藤さんは語りたい ~主観100%、100%むしっぽいむしポケモンの名前~

2020-07-04 22:26

    みなさんお久しぶりです。近藤勇です。


    さて、前回はあくタイプをテーマに一筆書かせていただいたのですが、今回思い浮かんだテーマはもうタイトル通りむしタイプ。ポケモンのむしタイプは特にデザイン面で高評価を受けることが多く、現実の虫がダメな人(おおむね女性が多いように感じられますが、生理的な嫌悪感となると性別差はそこまで無いかと思います。現実の虫に魅入られる人も大勢いらっしゃいますし。)でも虫ポケモンはかわいい、好きだという意見を散見します。私も成人してからはあまり直で触りたくはないものですが(皮膚毒などの危険もありますし)、現実の虫と複合タイプなどの要素を上手く組み入れたデザインには舌を巻くものがあります。
    ですが、デザイン面に匹敵するほどに大きな、虫ポケモンならではの要素。それは


    名前


    だと思っています。


    何を言ってるんだ、という声もあるでしょうが、実際のところ「ゴキブリ」を口に出すのも憚られる方々が「G」と称するのも事実ですし無関係ではないでしょう。少なくとも語感が気持ち悪い生き物に好意的な印象は抱きにくいのではないでしょうか。個人的には虫の中だと「ブユ」とか最悪ですね。誰がつけたんだそんな呼びづらい名前。発音が汚い。

    閑話休題。


    では今回はデザインには一切触れず、名前のみに観点を絞って超個人的な感性から「名前が虫っぽくない虫ポケモン」というデータを作りたいと思います。参考とする図鑑は8世代までの最終進化虫ポケモンに限ります。



    虫っぽさ100%
    ・バタフリー
    ・アゲハント
    ・ミノマダム
    ・ビークイン
    ・メガヤンマ
    ・デンチュラ
    ・アイアント
    ・クワガノン
    ・アブリボン
    ・オニシズクモ
    ・グソクムシャ
    ・マッシブーン
    ・マルヤクデ




    この辺りはまんま元の生き物の語感を残している系だと思います(メガヤンマ、デンチュラ辺りが顕著)。強いて言えばマルヤクデだけはちょっと遠い気もしなくはないけど。マッシブーンは何の虫かまでは名前だけでは怪しいですが、まあ羽虫の類いだと想像はつくはず。というかアローラ率高くない?

    虫っぽさ75%
    ・パラセクト
    ・モルフォン
    ・ヘラクロス
    ・アメモース
    ・ガーメイル
    ・ウルガモス
    ・ゲノセクト
    ・モスノウ




    蛾率。

    ガーメイルはそのままの「ガ」1音から離れすぎてると思う。気づけば気づくかな。

    他の「モス」系はモスラが有名ではあるんですが、逆にそのせいで怪獣としての連想がつくかと思い一段落としました。モルフォン、ヘラクロスはメジャーな分類のさらに細分化された中の種から名前が来ているので、そのままのアイアントやグソクムシャよりは少しひねる必要があるかなと。あとはそのまま「インセクト」をもじった2匹も気づけば・・・。

    虫っぽさ50%
    ・レディアン
    。アリアドス
    ・バルビート
    ・コロトック



    この辺りからあんまり聞かない英語訳を使ってきますよね。バルビートは「ビートル」を変に区切ったせいで虫感が弱いと思います。テントウムシとかそこそこ興味あって調べた人じゃないとなかなか・・・。アリアドスは「クモ→糸→アリアドネ」なんですけど、元の神話的にクモってアラクネなのでややこしい。コロトックは主観でコオロギ感を見いだせていないのでここ(たぶんモチーフ自体はバイオリンムシだし)。


    虫っぽさ25%
    ・ハッサム
    ・ドクケイル
    ・ヌケニン
    ・ハハコモリ
    ・フェローチェ




    この辺の名前から虫以外の要素を強く出してくるので注意。ハッサム、ヌケニン、ハハコモリは正直どうとでも解釈できる。ハハコモリって名前だけだとガルーラみたいな奴と思ってもおかしくない。フェローチェは0%でもいいと思ってたんだけど、「コックローチ」の語感を残していたのでここに。ドクケイルは「まあ毒ある生き物って虫か・・・?」って連想できないこともない気はしたので一段上でもいいかも。

    虫っぽさ0%
    ・スピアー
    ・カイロス
    ・フォレトス
    ・ツボツボ
    ・テッカニン
    ・イルミーゼ
    ・アーマルド
    ・ペンドラー
    ・イワパレス
    ・シュバルゴ
    ・アギルダー
    ・ビビヨン
    ・イオルブ




    無理でしょ。

    個人的に三大「これ虫の名前か・・・?」枠は

    カイロス
    ペンドラー
    イオルブ

    カイロスは一応ギリシャ語でそのまま「虫」を意味するそうです。
    いや知らんて。
    スピアー(槍)、フォレトス(要塞)、テッカニン(忍者)、イルミーゼ(電飾)、アーマルド(鎧)、イワパレス(宮殿)、アギルダー(俊敏)、ビビヨン(色彩)と多種多様。ビビヨンだけは「パピヨン」から来てるのかな?(チョウをパピヨンとよんだことがない、私の中だと犬)
    ヌケニンはまだ抜け殻から引っ掛かりを見つけられそうだけど、テッカニンは私は気づかなかったですね。
    ツボツボ、シュバルゴは少し事情が変わって、恐らくそれぞれ「フジツボ」「エスカルゴ」が由来と思われるこの二匹は由来が虫じゃないと思われても仕方ないので。


    と、まあ私の中のイメージだとこんな感じ。
    なんとなくですが、名前に虫感の強い奴の方がキャラクターデザインに複眼を使っている率が高い感じがする(0%のスピアーも複眼なのであくまで主観です)。
    これをリスト化したからといって何がどうだと言う訳ではないのですが、なんとなくでも共感していただけたら嬉しいです。
    ただ進化前を含めてしまうと、ここ3作の序盤虫がいずれも

    コフキムシ アゴジムシ サッチムシ

    なのでどうあがいても虫なのですが。



    ストライク・・・?
    コンパン・・・?


    ここまで読んでいただきありがとうございました。


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。