アイ無しジグヘッド実釣動画編
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

アイ無しジグヘッド実釣動画編

2016-04-27 16:52



    少し前の釣行にはなるのですが、夜釣りのタイムシフトを公開しておきます。
    この釣行のあと、直ぐ動画をあげようと思ってたんですが熊本地震が起こってちょっとそれどころじゃなかったので遅くなってしまいました。
    地震も落ち着き、家の損傷はあったものの家族親戚の無事が確認できたので一安心しています。

    この日はプラグの釣りから初め、あまり反応が良くなく2匹ほど釣ってカブラに変更。
    カブラへの反応も良くなかったので例のアイ無しジグヘッドでワームの釣りをして魚を追加という流れになっています。





    25:32 メバル



    2:55メバル



    17:06メバル
    28:56メバル




    0:01メバル
    6:41メバル
    13:25メバル
    19:29メバル


    動画を見ていただければわかると思いますが、けして活性が高い状態ではないですね。
    確か、この時は0.4gのアイ無しジグヘッド+1gのガン玉を60cmぐらい上に打ったスプリットショットリグだったと思いますが、あたって来さえすれば針先はギンギンですし、邪魔になるアイがないのでヒットに持ち込む確率はすごい高いです。
    触って指に刺して比べてみると分かるんですが、ジグヘッド用の針の針先よりも、餌針のメバル針の針先のほうが断然鋭いんです。
    これは憶測なんですが、ジグヘッドっていうのは基本的に何度も使い回すので、ある程度耐久性を持たせるために限界まで針先を細くはしないのでしょう(勿論中にはレンジクロスフックのようなギンギンに細いものもある)。
    逆に餌針は基本使い捨て前提なので、耐久性をそこまで重視せず刺さりを優先出来る。
    動画の中でも言ってますが、おそらくもう余程のことがない限り市販のジグヘッドを買うことはないでしょう。
    自作で釣れるの分かってますし、針の大安売りっていうイレギュラーが起こって実質1個3円ですからね。
    100個作っても300円ですw。
    まぁあくまで安いってのは副産物でしかなく、アイがないお陰でフッキングしやすいってのを狙って作ったものですが。

    あ、そうそう、ジグヘッドなんだから交換しやすい方法を考えろと宿題を受けてたんですが、
    ラインスルーの機能も残しつつになるとこういう方法をとるのが一番だと思います。




    まずチチワを作ります。







    ジグヘッドにダブルラインを通します。





    透明のビーズを用意します。





    ビーズを通します。






    通したあとのラインをビーズの上側まで持ってきて




    チチワ止めします。

    これで簡単に解けて交換出来るようになります。
    今回は透明ビーズを使っていますが、あえて色付きをつかってアピール力を増す方法や、グロービーズを使って視認性を上げる方法なども有ります。
    個人的には、結ぶのが面倒でなければ通常のカブラの止め方でしっかり結びコブを作って止めるのが一番だと思いますが(このやり方だとビーズに力を負担させてしまうので)、交換を頻繁に行う人はこういう方法があることを覚えておくと良いかもしれません。
    あえてラインスルーを残すことにも意味があって、ラインとジグヘッドを直接固定しないことで糸ヨレが発生しにくいようになってるんです。
    だから本当はダブルラインを通すより普通に一本通す方がいい。
    このジグヘッドのヒントになった土佐カブラは本当によく出来た漁具です。
    アイ無しジグヘッドもそうですが、是非土佐カブラもお試し下さい。



    タックル
    竿    テイルウォーク:ソルティシェイプティップランナー77ML
    リール  シマノ 10アルテグラアドンバンス2500S(改造品)
    ライン  YGKよつあみ:G-SOUL PE EGI&メタル0.4号
    リーダー クレハ:シーガー1.2号


    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。