OBS StudioでHTML5コメントジェネレーターを表示させるまでの手順
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

OBS StudioでHTML5コメントジェネレーターを表示させるまでの手順

2019-07-30 22:13
    下記URLからコメントジェネレーターの圧縮ファイルをダウンロードして、解凍する。

    http://lib.kilinbox.net/comegene/index.cgi




    解凍すると「CommentGenerator0.0.8a」という名前のフォルダが作られるので、それを「C:」の中にコピーする。

    「CommentGenerator0.0.8a」の中身は下記の通り。



    次にあんこちゃんのプラグインファイル「hcg_Anko.dll」をあんこちゃんのプラグインフォルダへコピーする。



    コピー先は



    アンコちゃんのフォルダの中にある「plugins」の中に「hcg_Anko.dll」を張り付ける。
    アンコちゃんを起動して、メニューの「プラグイン」をクリックして「HTML5コメジェネ for やります!アンコちゃん」と表示されていればプラグインのインストール成功。



    次に先ほど設置した「CommentGenerator0.0.8a」の中にある「hcg_setting.exe」をダブるクリックする。



    「HTML5コメジェネ設定ツール」が起動し下記画面が表示されるので



    「コメジェネの場所」の右の「参照」ボタンをクリック



    「フォルダーの参照」というウインドウが表示されるので、最初に設置した「C:」の中の「CommentGenerator0.0.8a」のフォルダを指定して「OK」をクリック。

    次に、OBSを起動して



    「ソース」の左下「+(追加)」をクリック。



    表示される項目の中から「ブラウザ」をクリック



    「ローカルファイル」にチェックを入れるとその下に「参照」ボタンが表示されるので、「参照」ボタンをクリックして



    最初に設置した「C:」の中の「CommentGenerator0.0.8a」の中の「CommentGenerator.html」を選択して「開く」ボタンをクリック。



    「Local file」の欄に「C:/CommentGenerator0.0.8a/CommentGenerator.html」と表示される。幅と高さは任意の設定で、画像では幅を520、高さを180に設定してあります。設定が完了したら「OK」をクリック。

    以上の設定が完了して、アンコちゃん、OBSを起動して、アンコちゃんに適当な放送のコメントを読み込ませるとOBSのプレビュー画面にコメントがスライドするように表示されるはず。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。