ひと昔まえに流行った「FREE」って何だったのか
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

ひと昔まえに流行った「FREE」って何だったのか

2020-09-22 11:18
    ふと思い出したので。

    10年ほど前に「FREE」って本がベストセラーになっていた。

    その中で紹介されていたモデルとして
    古くて面白いと思わされたのが髭剃りのジレット

    あの会社は、髭剃り本体ではなく
    替え刃で儲けるモデルを最初に確立した商品とされている。

    確かに、いまだに
    ウォーターサーバーや、髭剃りの洗浄液、電動歯ブラシの替え、などなど
    身の回りを見回してみても、このジレットモデルはたくさん溢れている。

    もう1つ、この本で紹介されていた
    堺屋太一の言葉が印象に残っている。
    豊かなものをたくさん使うことは格好良く、不足しているものを大切にすることは美しいと感じる倫理観が普遍的に存在する。モノが溢れていた時代はモノを大量消費することが格好良かった。今は情報を大量消費することが格好良いという価値観にシフトした。
    ・豊かなものを大量に使う
    ・不足しているものを大切にする

    ことを美しいと感じる倫理観は普遍的、だと。
    今は、モノより情報。

    NetflixやApple Musicなんかが流行っているのもこの流れなのだろう。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。