• 結局何日経ったのか

    2020-02-09 15:32
    最近毎日のように配信をしているせいかブロマガに書くことがない。
    書くより話す方が圧倒的に楽。その分文字には残らないけれども。
    自分の配信を見直すことはしないから以前話したネタも話すことがある。話してる裏では「前も話したなこれ」とか思っている。

    基本的には話すときには頭に浮かんだことをポンポン口にすることが多い。もちろん言葉は選ぶけど。
    書くときは頭に浮かんだことをちょっと弄ったり表現とか言い回しが合ってるか確かめたりすることが多い。だから余計に時間がかかる。
    だから楽な配信メインになる。人間、楽な方に流されるを体現している。

    ここまでの文章を書いて結構日が経ったので書きたかったこと忘れた。うーんそれなりに書きたいことあった気がするのに、残念。
    こうなってはいけない、やるべきことはその日のうちに。
    忘れないようにこの記事を残しておこう。
  • 広告
  • 気が付けば冬

    2020-01-19 11:45
    順番前後しましたが、はてブロから2019年12月12日の記事です。


    さて12月。今年は今のところ雪が降る程度で積もるまでいかない。でも荒ぶる日本海の風は冷たいからさっさと春になって欲しい。

    大学時代に太平洋側のに住んでいた友人がいたが雪が降り、積もったら喜んでいた。自分が雪で喜べたのは小学生までだ。中学生からの冬はこたつでゲーム。今もそうだったかな。去年のことも覚えていないとなると老後が今から心配である。

    去年はいつこたつを出したかとか、去年はいつ雪降ったかとか思い出せないのが毎年の恒例行事になりつつある。日記でもつければいいのかな。記録に残すことの大切さを考える。


    「書くことで人は確かになる」誰が言ったか覚えていないのでGoogle先生に聞いてみる。フランシス・ベーコンだそうだ。今は調べれば誰かが記録に残してくれたことが簡単にわかる。流石に個人のこたつを出した時期は無理か。でも毎年こたつを出した日の気温とか天気とか記録しておけば誰かの参考にはなるかもしれない。いや知らんけど。

    ただ何かに残しておくとなんとなくその日のことを思い出せるはず。日記でも写真でも物をとっておくとかでもいいと思う。頭の奥底には膨大な思い出が眠っていても引金がないとなかなか思い出せない。だからこの先雪が降る度にもう関わることがないと思われる太平洋側に住んでいた友人だった人を思い出すのだろう。


  • 気付けば明けてた

    2020-01-19 11:43
    はてブロから2020年1月9日の記事です。


    令和2年始まってた。年越しはアパート。Youtubeで空耳アワー見てたら越してた。実家には31日の午前中だけ顔出してカニをもらってササッと退散。実家で年越しもありだけど弟がやかましいので一人静かに年越しを決意。やっぱり一人暮らしっていいわ。

    今年の目標は「変革」。なんか山羊座は大きな変化があるらしい、そんな私はもうすぐ誕生日。それは置いといて、30歳が見えてきて大学出てからパッとしない人生だったように思えるのでここらで一念発起、生活習慣から何からガラッといい方向に変えていこうという思いで目標立ててみた。

    目標は立てたけど例年に比べて年末年始感が薄い。31日もやることないから23時には寝ようとしてたくらいだ。まぁ長い人生1回や2回くらい年末年始を普通の日みたいに過ごしてもいいでしょ。