ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

鬼女紅葉伝説の考察
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

鬼女紅葉伝説の考察

2018-07-17 00:17
    前回の「天福地福の考察」を読んで頂きありがとうございます!

    今回は長野の「鬼女紅葉伝説」を考察していきます。
    毎度ながらキーワードを読み解きながらの進行です。
    間違ってるかもしれないのでお手柔らかに読んで頂けると幸いです。

    まずは話の方を

    鬼女紅葉伝説
    戸隠に伝わる鬼女紅葉伝説。

    平安時代のお話です。


    奥州会津に笹丸と菊世という夫婦が住んでおりました。
    二人の間に子はなく、なんとか子どもを授かりたいと思っていましたが、あるとき「第六天の魔王におすがりしなさい」と教えられ、さっそく身を清めてお願いすると、それはそれは美しい玉のような女の子を授かりました。
    その子を呉葉と名づけ大事に育てましたが、呉葉の美しさといったら姿ばかりではなく、読み書き、和歌を作ったり、琴を弾くことにかけては天才的でした。

    やがて呉葉の評判は広まり、親子三人は村を出て京都に行くのでした。
    呉葉は名を紅葉と改め、お琴を教えるようになりました。
    ある暑い夏の夕方、今をときめく源経基公の奥方が四条河原に涼みに来ました。
    その帰り、ふと近くの家からとても美しい琴の音が聞こえてきたので、奥方は「ぜひもう一度聞かせてください」と頼みました。

    それが縁となり、紅葉は経基公の奥方の一番女中に出世しました。

    そして紅葉が琴の評判が経基公の耳にも入り、ある日、大勢の前で弾くことになりました。
    紅葉は、日ごろから信仰していた第六天の魔王に成功を祈り、大成功を収めました。
    ついには経基公に可愛がられるようになり、子供までできました。
    すると紅葉は奥方が邪魔になってきて、奥方が病気になって亡くなるよう、毎晩第六天の魔王に祈りました。
    しかし僧侶にその悪事が見つかり、紅葉たち親子三人は信州の戸隠に流され、荒倉山の岩屋に住むようになりました。
    ところが罪人として流された紅葉でしたが、その美しさと、妖術を使って病人を治したり、裁縫や琴を教えたりしたので、村の人たちは紅葉を尊敬するようになりました。

    暮らしが落ちつくと、紅葉の心にもう一度、京都へ帰って経基公に寵愛され、ぜいたくな生活がしたいと思うようになりました。
    すると、いつしか鬼の心が芽生え、一夜山の山賊たちを妖術で従え、悪事を働くようになりました。

    その噂はついに京都の天皇の耳にまで達し、「鬼女紅葉を退治せよ」という勅命が平維茂将軍に言い渡されました。

    維茂将軍は本陣を塩田(上田市)にかまえ、第一軍の総大将を河野三郎に命じ、鬼女退治に向かわせます。
    ところが裾花川のほとりに来ると、突然、空が真っ暗になり、火の雨、大洪水が押し寄せ、河野三郎の軍はひとたまりもなく押し返されてしまいました。
    敗戦の知らせをうけた維茂は、「紅葉ごとき女に何を恐れているのだ!」と怒り、第二軍を送りますが、成田左衛門が総大将の軍も火の雨と大洪水によってどうすることもできませんでした。

    維茂将軍は、「もうがまんならん!紅葉め、私が退治してやる!」と剣をとり、作戦を練ります。
    そして、別所の北向観音に17日間の断食の願をかけ、満願の朝に夢枕でもらった「降魔の利剣」を持って、鬼女の洞窟を襲いました。
    観音様のお力か、突然の攻撃に妖術を使おうとした紅葉の体は硬くなり、術が使えません。
    維茂は降魔の利剣で鬼女紅葉の首をはねました。
    鬼の首は七回宙を飛び、空のかなたに消えました。そして鬼女紅葉の体は地上に倒れ、死んでしまいました。

    「信濃なる北向き山の風さそい妖し紅葉は疾くと散りにけり」
    維茂将軍はそう歌を詠みました。
    -【GODforest】第45回放送「鬼女紅葉伝説」(2016.5.25)-より抜粋

    戸隠といえば九頭竜伝説の舞台になってたり、天岩戸伝説の可能性がある場所ですね。

    キーワード、まずは笹丸菊世です。
    笹丸の「笹」
    平安時代では
    笹には邪気を払う力があるとされていて、御守りや神事に良く使われていた点から
    宗教儀礼に使われており神職の方が使っていた名前であった。
    一般の方は使ってない名前だった。

    菊世の「菊」
    その時代では天皇家の為の物であって一般の人は存在すら知らない時代だった。
    そして菊には邪気を払い延寿の効果があると信じられています。
    笹との共通点が出てきましたね。

    果たして見たこともない花の名前、神職が付ける名前を一般の方がわざわざ付けるだろうか。

    次は「呉葉」です。
    呉の葉は、呉服が「中国から来た服」であるように「中国から来た葉」となる。
    笹や菊の邪気払いの力との関連性を持たせるのであれば
    邪気払いは「薬」を表してる可能性があり、中国からの薬の知識があったのかもしれない。

    紅葉の「紅」
    名を改めた後も注目して見ようと思います。
    この物語の中にも登場する「源平」の話。
    平家のシンボルは赤い旗だったのですが、平家 物語では壇ノ浦の合戦 で敗れた平家の赤い旗波間に漂う様子を「紅葉のようだ」と表現しています。

    個人的には紅葉が平家の人であればこの物語は合点がいく話になると思っています。
    それは
    1、当時は読み書き、和歌、琴、裁縫などの技術は余裕のある貴族の女性にしか体得できなかった点
    2、源経基公の奥方の女中になれた点(意図して入ったのでは?)
    3、「紅葉」という平家であると言ってるような名前で女中になり、悪事が何故すぐばれたのかという点(平家だと分かってて監視していた?)
    4、平維茂将軍に鬼女紅葉退治の命が下った点(平維茂将軍がうやむやにするつもりでは?)
    5、鬼女紅葉の首が空へ消えた点(平維茂将軍が紅葉を死んだ事にして逃がした?)

    以上の点です。

    怪しさ満点ですね。


    さてこのくらいのキーワードだけでも話の可能性が広がりますね。
    (私の想像なんで信憑性ないですが・・・)
    ここから各々で調べたり妄想したり楽しんでみてください。

    次回も下手な文章ですがお付き合いください!

    ↓参考ページ↓
    -【GODforest】第45回放送「鬼女紅葉伝説」(2016.5.25)-
    平家物語-巻第十一-



    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。