あえて「今」私がオススメする本。第1回
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

あえて「今」私がオススメする本。第1回

2015-05-25 22:33
    今日は調子がいいので続けて新企画を立ち上げていきたいと思います。その名も

    あえて「今」私がオススメする本

    この企画は、インターネット上で話題になったり私が読んで「これは素晴らしいものだ!!」と感じた本を直ぐに紹介せずワザと温めて
    「何で今これを?他にオススメする本あるだろぉぉぉ!!」
                          という意見を無視して、紹介する企画です。

    記念すべき第1回はネット上で数々の議論まで起こしたこの作品・・・









    「まおゆう魔王勇者」
                                       です。
    アニメ化までされ数々の話題になったこの作品ですが、私があえて「今」オススメするのはコチラ
     
    エンターブレインが発行したいわゆる「書籍版」とされる物を今回オススメします。

    全5巻 1冊1200円+税というお世辞にも安いとは言えないこの本ですが、私としては「全巻買って読め」などと言いません!
    「よくそれでオススメするなんて言えるな」とお思いでしょうが、私はこの本を「小説」としてはオススメしません。

    「物事の関心を高める一冊」としてオススメします。

    この作品には私たちの歴史の流れでできた様々な言葉が出てきます。(三圃式農業・農奴・修道院など)ぱっと言われても大まかなイメージぐらいまでで「説明して?」と言われても難しいと思います。
    たとえば「修道院ってなに?」と聞かれた場合、大体の人は「協会みたいなもの」程度のイメージだと思います。(実際自分がそうでしたし)
    でも実際は「宗教の教えを守り、働きながら共同で生活を送る場所(諸説あり)」というのが正しいそうです。

    この様な「言葉の解説」があちこちに散りばめられているのがこの本の大きな特徴です。

    また、この作品は元々インターネット上の掲示板で掲載された物で、ツイッターなどで賛否両論され今でも調べると「まおゆうのココが良い・悪い」といった記事があちこちで見られます。
    落ち着いた今だからこそこれらの記事を探したりして様々な意見を見るのもまた面白いです。

    この様に「調べる」事、これが今の情報があふれる社会に一番必要な力だと思います。
    見たり聞いただけの事をそのまま信じるのではなく、そこから「関心(興味)」を持ち「調べる」。そして様々な情報から真実を「発見する」。

    ですが人間そこまで「物事に関心を持つ」事は少ないと思います。
    この本が「様々な物事に関心を持つきっかけ」になればよいと思いオススメしました。

    なお、アニメ本編のすべてが丁度この小説の1巻分に該当するので
    「アニメを聞きながら小説を読む」なんて楽しみ方も面白いかもしれません。

    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。