MTG 戦乱のゼンディガーでのデッキを考える。「赤緑 上陸ビートダウン」
閉じる
閉じる

新しい記事を投稿しました。シェアして読者に伝えましょう

×

MTG 戦乱のゼンディガーでのデッキを考える。「赤緑 上陸ビートダウン」

2015-10-05 13:09
    はい。戦乱のゼンディガーが発売され1週間ほど経過しましたね。代真ちゃんでっす。

    今回はその新パック「戦乱のゼンディガー」のみのカードを使ったデッキを考えてみました。
    勿論前回(マジック・オリジンでのデッキを考える)と同じようにできる限りレアカードは使ってません。

    ※毎度の事ですがサイドカードは考えてません。

    デッキ名「赤緑 上陸ビートダウン」

    土地 23             呪文 20
    そびえる尖頂  4         カザンドゥへの撤退  3
    荒廃した森林  4         ヴァラクートへの撤退 3
    進化する未開地 4         確実な一撃      4
    森       7         ゴブリンの戦化粧   3
    山       4         とどろく雷鳴     3
                      大地の武装      4
    クリーチャー 17

    鎌豹         4
    噛み付きナーリッド  3
    マキンディの滑り駆け 3
    ヴァラクートの捕食者 3
    下生えの勇者     3
    林の喧騒者      3
    アクームの石覚まし  2


    テーマは「前作のゼンディガーの赤白上陸をできる範囲で再現する」です。
    と言っても今作では上陸の上昇値が下がっていて、当時ほど高火力を出すことができません。
    ではどうするのか?
    私が考えたのは「撤退サイクルで無理やり上乗せすればいいじゃん!」ということでした。
    複数枚張れば効果も倍。緑の方なら+1/+1カウンターか2点回復・赤の方なら+2/0修正かブロック不可が選べるので延命手段・とどめ用としても優秀です。
    土地については前作のような+2/0修正ではなく+1/+1修正+先制攻撃になって速度は減りましたが、それでも十分役立ってくれると信じてます。
    更に前作にはない、土地を2枚サーチできる土地として「荒廃した森林」があります。出して即起動で上陸3回分のパワーを発揮します。(マナはかかりますが・・・)
    使いやすい火力があまりなかったので、ダメージ割り振りができて、とどめとしても有用な「とどろく雷鳴」を採用。マナはあるけどクリーチャーがいない場合も考えて「大地の武装」も採用。
    相手クリーチャーを確実に倒しておきたい場合や打点を上げたい場合に「確実な一撃」。
    速攻付与でそのターンから攻撃に参加させたい用に「ゴブリンの戦化粧」。

    肝心のクリーチャー陣は「上陸」能力で固めました。
    1体ごとの平均ダメージは2~5ぐらいですが、撤退サイクルが場にあると+1~2されて前作の上陸デッキクラスの火力が出せると思います。


    それでは肝心のこのデッキのお値段いってみましょう!!
    と言っても、レア枠はたった1種3枚「下生えの勇者」のみ。
    ただし、この「勇者」相場が1枚約2100円(ヤフオク調べ)と非常にお高い。
    しかもパックから出そうにも「神話レア」なので出にくい。
    という事なので、もし手に入らない場合は代案として以下の3枚を押しておきます。

    ・「穴掘り土百足」上陸で相手に1点ダメージ。確実なダメージソースとして。
    ・「ムラーサのレインジャー」上陸時に追加でコストを払うと+1/+1カウンターを2個置ける。毎ターン大きくできるので、対エルドラージ用に育てると吉。
    ・「領地のベイロス」5マナと重いが初期値が4/4で上陸で+2/+2修正。バランスよく対処できそう。

    初めての人でもそろえやすくてそこそこ強いと思いますので是非。
    広告
    コメントを書く
    コメントをするには、
    ログインして下さい。