ユーザーブロマガは2021年10月7日(予定)をもちましてサービスを終了します

  • 桜散るなかれ

    2017-04-24 20:31

    みなさん、おばんどす(〃'▽'〃)
    ちょっと前に『桜散るなかれ』という曲を投稿しました。
    僕の住んでる街では桜は当に散ってしまいましたが・・・

    この曲は「四季×色」の春の曲です
    残すはあと秋のみとなりました( ´◡`)
    がんばろういろいろと。

    「桜散るなかれ」
    君と初めて会ったのは
    桜並木の道でした
    桜色に染まった頬
    恥ずかしくて顔見れずに
    目線逸らす

    溢れそうなほど
    君への想いがいっぱいだよ
    こんなにも苦しくて
    切なくて胸痛いの

    桜散るなかれ
    桜散るなかれ「お願い。」
    勇気出せず
    言葉が出ず
    このままだと君とは
    友達の流れ→
    それだけは嫌だね
    叶うことなら
    散らないで
    好きと想い咲き誇れ

    「夜桜でも見に行こうよ」
    なんて誘いはできなくて
    故に独り
    桜色に染まりかけた
    道の上で泣いたのは
    君のせいだ

    溢れ出したんだ
    君への想い抑えきれず
    こんなにも苦しくて
    切なくて会いたいの

    桜散るなかれ
    桜散るなかれ「お願い。」
    勇気出して
    踏み出さなきゃ
    このままだと君とは
    友達の流れ→
    それだけは嫌だね
    伝うのならば!
    散らないで
    好きと想い咲き誇れ

    春咲く花に
    おまじないを
    何度も重ねて
    君だけを愛していくのです

    春風に乗せて
    恋詩よ届け「お願い。」
    勇気出して
    言葉にした
    このままではダメだと
    桜散るなかれ
    桜散るなかれ
    叶うことなら
    散らないで
    永久に想い咲き誇れ
  • 広告
  • 銀世界

    2017-02-13 21:48

    どうも、おばんどす(´●◡● `)
    皆様、寒い中いかがお過ごしでしょうか。
    僕はエアコンをつけて、こたつに入り、睡魔と常に闘いながら過ごす平和な日常を送っています。
    さて、去る2月10日に新曲『銀世界』を投稿いたしました。
    まだ聴いていないという方はあと1000回くらい聴いてください。お願いします笑
    今回は、昔僕が『化学反応』という曲を作って合う絵を探していたときに
    たまたま巡りあって使わせていただいて、それ以来こっそりとファンを続けて、
    次に『あなたがいない世界をどうして生きられようか』で、また絵を使わせてもらい
    いつか、いつか書き下ろしていただけたらと願っていた夢が叶いまして
    野々川さん(冷え切った部屋
    君がいないだけで
    これほどにも違うのか
    溜め息一つ
    嗚呼、空しい声上げた
    閉じこもったまま
    誰にも会いたくない
    慰めなど聞きたくない
    このまま消えて
    君の記憶からも消して

    なのにどうして
    目を瞑るたび
    君の笑顔が、君の涙が
    思い浮かんで
    会えないのにね
    会えないからか
    君のことばかり

    考えて眠れぬ夜過ごして
    届かない言葉が宙に舞って
    祈るように瞼を閉じて
    思い描いたんだ
    銀世界に君といる未来

    叶わないこと
    誰より知っている
    痛いほどに知っている
    夢物語だってことはわかっている

    だけどこうして
    目を瞑るたび
    君の声とか、君の仕草が
    思い浮かんで
    さよならの後
    後悔からか
    君のことばかり

    考えて眠れぬ夜過ごして
    伝わない言葉が宙に舞って
    祈るように瞼を開けて
    辺り見渡しても
    現実には僕が1人

    手放して気づいた温もりは
    もう戻らない
    冷え切ってしまったまま
    白い息が切なさを増す

    思い起こすたび
    眠れぬ夜過ごして
    届かない言葉が宙に舞って
    祈るように瞼を閉じて
    思い描いたんだ
    銀世界に君といる未来
    叶わない願い
    銀世界に僕は1人

    一応、下に野々川さんの絵を使わせてもらった動画もつけときます。



  • 雨に孤悲のうた

    2017-01-02 20:10

    どうもおばんどす。おひさしぶりどす(´●◡● `)
    そしてみなさま新年あけましておめでとうございます。
    さて、このたび元旦に『雨に孤悲のうた』という曲を投稿させていただきました。
    この曲はタイトルとかみてピンとくるかたもいらっしゃるかもしれませんが
    新海誠監督の『言の葉の庭』が好きすぎてイメージして作りました。
    いや全然イメージと違うしと思われるかたもいらっしゃると思います。
    むしろそのほうがいいです。あなたの想いを聞かせてください。

    そんなこんなですが、どうぞ本年もよろしくお願いいたします。

    『雨に孤悲のうた』
    雨音だけ聞こえる夜は
    切ない気持ちが
    胸を満たしていたんだ
    それがあなたと
    出逢ったことで
    一転雨音するたび
    胸が弾むんだ

    あなたのこと考えれば
    明日もまた歩けるんだ
    雨よどうか止まないで
    雨が降れば
    あなたとまた会える

    恋をした日は
    いつも雨でした
    雨宿り二人の時間が
    「永久に続けばいいのに」
    と願った私のこの想いと
    あなたの想いが
    同じならいいのに

    味気ない日が
    いつの間にか
    君色に染まっていたの
    胸を焦がすほど

    「鳴る神の少し響みて」 
    「差し曇り雨も降らぬか…」 
    雨よどうか降りだして
    雨が降れば
    あなたとまた会える

    恋をした日は
    いつも雨でした
    雨宿り二人の時間が
    「永久に続けばいいのに」
    と詠った私のこの想いと
    あなたの想いが
    同じならいいのに

    孤悲しいときは
    言の葉に乗せ
    あなたへと
    届くように詠うの
    切ないときも
    言の葉にして
    「会いたいと」
    呟くの

    恋をした日は
    いつも雨でした
    雨宿り二人の時間が
    「永久に続けばいいのに」
    と願った私のこの想いと
    あなたの想いが
    同じならいいのに